引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

ダンボールに荷物を梱包する女性
  • コンテナボックスに積みきれる量であれば、追加料金やプラン変更の必要もなく安い値段で引っ越せる
  • 単身パックは基本的に大きな家具や家電製品は運べないので注意が必要。
  • 引越し会社によってコンテナボックスの大きさは異なるので、事前に確認必要

一人暮らしをしている方の中で、新天地への引越しを検討している方は少なくないでしょう。どうしても人手が足りなくなりがちな単身での引越しは、物件探しだけでなく引越し方法も悩ましいポイントです。しかし現在は、各社から多くの引越しサービスが登場しており、単身者用のプランも人気を集めています。そこでこの記事では、単身パックを利用した引越しについて詳しく解説します。一般的な引越しプランとの違いやメリット・デメリットなど知って得するポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

単身パックとは

荷台で荷物を運ぶ引越しスタッフ

単身パックは、決まったサイズのコンテナボックスに荷物を積んで運ぶ、単身者向けのサービスです。業者によってサービスを提供している場合とない場合があるので、利用を検討する際は必ず事前に業者に問い合わせましょう。

単身パックの料金相場と注意点

単身パックの料金はコンテナのサイズと引越し先までの距離によって変わります。

引越し先までの距離
ボックスサイズ
サイズS
サイズL
近距離約12,000円約15,000円
遠距離約16,000円約18,000円

※夜間や日曜日・祝日に割増料金が発生する場合もあります。

コンテナの大きさは引越し会社によって異なりますが、高さ130~180㎝・横幅104~108㎝・奥行74~105㎝の大きさが一般的です。コンテナボックスに積みきれる量であれば、追加料金やプラン変更の必要もなく安い値段で引っ越せます。

なお、単身パックを利用する際は荷物のサイズに注意が必要です。まず、タンスやベッドなどの大きな家具は運ぶことができません。また、冷蔵庫や洗濯機、TVなどの家電製品も、大きさによっては積みきれない場合があります。

単身パックと普通の引越しの違い

普通の引越しでは事前の見積もりを経て、荷物量に合う大きさの車両をチャーターする形になります。単身パックより高額になりますが、荷物のサイズに制限がないため、ベッドやマットレスなど大きなものがある場合や荷物が多い場合に最適です。単身パックなどを使わず普通に引っ越す場合、料金の相場は繁忙期で約30,000円以上になります。ただし、引越し会社によってかなりの開きがあるため、あくまでも目安として考えるようにしましょう。

費用面に関してさらに掘り下げて比べると、単身パックでは荷詰めにかかる準備のコストがかかりがちです。単身パックではダンボール・ガムテ―プなどの梱包材が有料なことが多く、自分で準備しなければなりません。これに対して普通の引越しは、プランの範囲内でダンボール・ガムテープが支給されることが多いため、自力で用意する手間が省けます。

単身パックが合う方

単身パックを利用する場合には安さだけで選ぶのではなく、自身の荷物がコンテナボックスに積める量かどうかをしっかりと把握することが大切です。コンテナボックスに積み切れる荷物量はかなり限定されます。この観点から考えると、単身パックが合うのは以下のような条件に該当する方でしょう。

単身パックが合う条件
単身赴任で荷物が極端に少ない
家具付き住居への引越しで家具や家電製品を運搬する必要がない
シェアハウスへの引越しで家具や家電製品を運搬する必要がない
家具や家電を引越し先で買いそろえる方

このように、単身パックを利用するには家具・家電の大きさや荷物の量が鍵となります。

単身パックのメリット

安い料金で利用できる

多くの引越し会社では単身パックの料金を格安に設定しています。訪問見積もりや梱包材の提供にかかる費用をカットでき、車両を貸し切りにする必要もありません。また、引越しの荷物が少ないため、作業員の人件費も少なくて済みます。こうした理由から格安の料金設定が実現できるのです。利用者側が荷物量をしっかり把握できていてコンテナボックスに積み切ることさえできれば、想定外の料金が発生する心配もありません。

訪問見積もりが不要でお手軽

先ほどご紹介したように、単身パックはコンテナボックス単位で料金が設定されているので、訪問見積もりは不要です。そのため、見積もりの日程を調整したり相見積もりをとって検討したりするわずらわしさがなく、手軽に引越しを行えます。

荷物の破損のリスクが少ない

サービスを提供する会社にもよりますが、単身パックのコンテナボックスには滑車がついていることもあり、運びやすく鉄製でしっかりしているため破損のリスクが少なく安心です。また、出発から到着までの間、荷物はコンテナボックスに入っているので、紛失の可能性もほとんどありません。

単身パックのデメリット

追加料金が発生する可能性がある

荷物量が少ない場合には安全・安価な単身パックの利用がおすすめですが、想定よりも荷物が多くなる場合にはもう一つコンテナボックスを追加しなければなりません。その場合には追加料金が発生します。また、当日になって積みきれないことが判明したりコンテナボックスを追加できなかったりした際にも、自力や宅配便、別プランへの申し込みなど新たな配送手段を考える必要があります。この場合、自分で運ぶためのレンタカー料金・ガソリン代・宅配便の配送料・追加したプラン料金などが発生し、場合によっては普通に引越しをするよりも高くつく可能性もあるので注意しましょう。

荷物のサイズに制限がある

単身パックはコンテナボックスのサイズに収まることが条件です。そのため、基本的に大きな家具や家電製品は運べません。例えば、背の高いタンスやベッドなどはコンテナボックスには収まらないので、別送などの手配をする必要があります。この場合、別送の料金がかかるほか、希望どおりのスケジュールで配送されない可能性もあります。

また、単身パックでは他にも運べないものがあるため、規則を入念に確認しておくことが大切です。例えば、エンジンがついた乗り物や花火などの危険物、高価な美術品・有価証券といった貴重品、ペットをはじめとした生き物が該当します。

ダンボールの無料提供などがない

単身パックのデメリットのもう一つは、ダンボールやガムテープ、食器用の包装用紙などの梱包資材が有料であることです。引越し会社によっては自分で用意しなければならない場合もあります。また、開梱した後の包装資材の回収も有料であることが多いので、料金をかけたくなければ自分で処分しなければなりません。

単身パックでの大型荷物の運送につい

計算をする作業員

単身パックではコンテナボックスに入りきらない荷物は運ぶことはできません。大型家具や家電製品の多くがこれに当てはまってしまうものの、一般的な単身パックで運搬可能なものも存在します。ここでは、その目安をご紹介します。

なお、引越し会社によってコンテナボックスの大きさは異なるので、一緒に運ぶ荷物の量や組み合わせについては考慮しておきましょう。実際に申し込む際には、利用する引越し会社にコンテナボックスのサイズを確認したうえで申し込むようにしてください。

ベッド

シングルサイズのベッドで、折り畳み式・組み立て式のベッドは運搬できる場合があります。また、マットレスも、折り畳めるものや分割できるものは運搬できるでしょう。

それ以外のベッドは、基本的にコンテナボックスに収まる大きさではありません。別送すると高くついてしまう場合もあるので、引越し先で新調することを考えてみても良いかもしれません。

テレビ

一人暮らしの部屋に向いているテレビの大きさは、部屋の間取りやレイアウトによって異なります。しかし、単身者は1R・1Kに住むことが多いため、だいたい40インチくらいまでのテレビを持っている方が多いようです。引越し会社によって多少の違いはありますが、単身パックで運搬する際も薄型テレビであれば無理なく積めるでしょう。

冷蔵庫

家電のなかでも大きい部類に入る冷蔵庫ですが、選ぶサイズは自炊が基本なのか外食が多いのかなどの食生活スタイルによって変わります。一人暮らしの場合は過半数の人が自炊をしているといわれており、中食派であれば150リットル前後の冷蔵庫がちょうど良いでしょう。ほとんど自炊をしない場合は100リットル程度、自炊メインの方であれば200リットル程度が目安です。

外食が主な人100リットル程度
中食が主な人150リットル程度
自炊が主な人200リットル程度

単身パックのコンテナボックスに積める大きさには限りがあるため注意が必要ですが、150リットルまでの大きさの冷蔵庫であれば多くの業者のコンテナボックスに積めるでしょう。ただし引越し会社によって積載可能なサイズは異なるので、事前の情報収集は欠かさず行ってください。

洗濯機

一人暮らしの方が使用している洗濯機は、容量が4~6㎏のものが一般的です。引越し会社の単身パックで大きなサイズ設定のコンテナボックスならば、一人暮らし用の洗濯機を運べることが多いです。こちらも引越し会社によって違いがあるので、よく確認しましょう。

なお、洗濯機の運搬でもう一つ注意しておきたいポイントとして、水抜き作業の有無があります。引越し前に洗濯機内にたまった水を抜いておかないと、運ぶ時に重くなってしまったり、水がこぼれて他の荷物を濡らしたりする可能性があります。引越し会社のなかには家具や家電の梱包を代行している会社もあるため、洗濯機の撤去や据え付け作業をしてくれるかどうかも事前に確認しておくとスムーズです。

まとめ

今回は引越しサービスの「単身パック」についてご紹介しました。現在一人暮らしの方は、単身パックでの手軽な引越しに魅力を感じるのではないでしょうか。コンテナボックスの大きさに制限はありますが、その分新居に本当に必要なものかを考えて要らない物を売却・処分できるため、上手く使えばとても便利なサービスです。利用する場合は、業者によってコンテナボックスのサイズなどに違いがあり、またそもそも単身パックのサービスを提供していない業者も存在するので、まずはWebサイトを確認したり業者に問い合わせたりしてみてください。