引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

引越しの準備リスト
  • 多くの引越し業者では単身者向けの引越しサービスを設けている。
  • 事前不用品の処分や新居で使用する家電・家具の購入が必要。
  • 引越し後は、住民票や免許証の住所変更の手続きが必要。

人生の転機として、進学や就職が挙げられます。また、このタイミングで「引越し」をし、新たな地で一人暮らしを始める方も多いでしょう。一人暮らしの引越しは、一般的な家族世帯での引越しと異なる点がいくつかあります。一人暮らし独特の手順や注意事項などを理解しておくと、スムーズに引越しができて新生活への適応もしやすくなるでしょう。この記事では、一人暮らしの引越し手順や注意すべきこと、必要な道具、有用な引越しプランを紹介します。

一人暮らしの引越し手順

新生活のイメージ

引越しは必要な手順が多数あり、一人暮らしの場合はより一層の入念な情報収集と計画が求められます。すべて自分で動く必要がある単身の引越しでは、引越しの手順をおさらいするだけでなく、「引越し業者の予約完了までどの程度かかるか」、「ライフラインの開始日を引越し日と合わせられるか」などさまざまな疑問点・重要事項を自分なりにまとめておかなければなりません。以下では一人暮らしの引越し手順を解説します。

一人暮らしの引越し前の準備・手続き

一人暮らしする新居を探す

引越しの物件探しでは間取り・家賃・利便性などさまざまなポイントについて考えますが、一人暮らしの場合は建物の種類についても要検討事項です。

一人暮らしの物件はマンションとアパートが主な選択肢でしょう。鉄筋コンクリート製の頑丈な建物はマンションに、木造や軽量鉄骨製の場合はアパートに分類されます。マンションは騒音トラブルが起こりづらい点、アパートはマンションに比べリーズナブルに住める点などが長所です。近年ではアパートにもオートロックの扉やモニター付きのインターホンなどが使用されているため、防犯面での差はあまりありません。

賃貸契約では連帯保証人の記載した入居申込書が必要

新居が見つかったら、不動産会社で入居のための申込手続きを行います。入居申込書を提出し、その後大家さんにて入居申込に同意がされた場合に賃貸契約が成立します。入居申込書には、多くの場合、連帯保証人の記載が必要になるため親族などに頼んでおくと良いでしょう。

引越しの日程を考慮し入居日を決める

新居の入居可能日は、物件によって異なります。入居日が決まらないと、現在住んでいる物件の退去日を決めることができません。そのため、まずは新居への入居日を確定させてから、現在の物件を解約しましょう。

なお、入居日が早すぎると新居と現在住んでいる物件とで二重に家賃を支払うことになるため、引越しにかかる日数を確認したうえで、不動産会社と入居日の調整をするようにしましょう。

賃貸物件の初期費用を安くするポイント

賃貸物件に引越しをする際に必要な初期費用。だいたい家賃の5倍が相場と言われていますが、新居で家電や家具の購入が必要になるので初期費用は抑えたいところ。初期費用を安くするポイントをいくつかご紹介しますので、新居を選ぶ際には参考にしてください。

  • 新居の敷金と礼金なしの物件を選ぶ
  • 不動産会社で火災保険の指定がない場合には自分で安い契約にはいる
  • 閑散期となる6月~8月に入居すると初期費用が抑えられる場合がある

単身引越しの方法を決める

引越しを決意したら、これから行うべき手順などをすべて確認します。一人暮らしを始めるために引っ越す場合、家族世帯とは荷物の量や準備に動ける人数などで差があります。そのため、多くの引越し業者は、通常の引越しサービスとは異なる単身者向けのサービスを設けています。この章では単身者向けサービスの詳細や、そのほかに一人暮らしの引越しに役立ち得るサービスを紹介します。

単身引越しパックと一般的な引越サービスの違い

単身で引っ越す場合には、概して家族世帯の引越しよりも荷物が少なくなります。そのため、引越し業者は輸送コストが少なくなる分単身者向けの料金を割安にしています。業者ごとにサービスの名称は異なりますが、大きめのかご付き台車に荷物を載せることで複数人の引越し客の荷物を同時に運べる仕組みを単身引越しパックといいます。単身引越しパックは、トラックを貸し切りにして荷物を運ぶ一般的な引越しサービスに比べて費用が安くなる場合がありますので、自分の希望に沿うプランがあるかどうか、事前に確認しておきましょう。

なお、特に荷物が少ない場合は自分で直接運ぶ手段もありますが、プロである引越し業者にお願いする場合と比べて不便に感じる点も多いでしょう。

■各業者の単身引越しパック相場一覧

名称 費用相場    台車のサイズ
横幅×奥行×
高さ(cm)
容量
(㎥)
保険金額    そのほかの条件
A社  パッケージ1     要問合せ 105×75×144 1.134 - 関東から関西、関西から九州などの遠距離の引越しのみ対応
B社 パッケージ2 18,000円~ 108×74×155 1.23876 200万円 -
パッケージ3 20,000円~ 108×104×175 1.9656 200万円 -
パッケージ4 17,000円~ 100×100×150 1.5 200万円 幅・奥行・高さが100×100×150(cm)に収まるように事前に荷物を積み上げて準備しておく
C社 パッケージ5 要問合せ 100×75×145 1.0875 - -
D社 パッケージ6 要問合せ 110×80×170 1.496 - 遠距離輸送(片道200km以上)限定
パッケージ7 要問合せ 105×105×180 1.9845 - 遠距離パックの専用BOX1つに入らない荷物の遠距離輸送(片道200km以上)限定

梱包・荷ほどきサービス

引越し業者によっては、荷物の運搬だけでなく梱包や荷解きも代行するサービスがあります。引越しを考えているものの仕事や育児で時間がとれない人や、一人暮らしを始めるにあたり引越しの人手もノウハウもない人などに適しています。料金は通常より高くなる点や貴重品や危険物などが対象外になる点などは注意が必要ですが、上手く使うことで引越しの大きな助けになるサービスです。

女性用サービス

プライバシーの観点などから、女性の引越しスタッフに作業を頼めるサービスを利用する人もいます。とはいえ、引越し業者は男性が多いため、いつでも女性スタッフのみで訪問できるとは限りません。女性スタッフを手配するために予約可能な日時に制限がかかる場合もあり、料金も割高となっています。こういったデメリットがあるとしても、「引越しとはいえ男性に家に入られたくない」、「男性に運んでほしくない荷物がある」といった場合には、女性スタッフがいることによる大きな安心感を得られるサービスです。

レンタカーで引っ越す

手間や時間がかかるものの荷物が少ない方や近距離での引越しの場合には、引越し業者に依頼せず自力で引っ越すこともできます。ただし、自力で運搬などをしている際に部屋を傷つけてしまったとしても、引越し業者のような補償はなく自己負担になりますのでご注意ください。なお、一般的なレンタカーのレンタル費用の相場は下記のとおりです。

車種 レンタカー代
ワンボックスバン 13,300円

※利用時間12時間の場合で算出

宅配便で荷物を運ぶ

ダンボールや梱包資材を自分で用意し、宅配便を利用するのも引越しを安くするテクニックの一つです。荷物の量や引越し業者の運送料と比較して自分で荷物を配送した方が安ければ、宅配業者を利用しましょう。また、不要な荷物を処分して減らしておくと運送料を抑えられます。必要な荷物をよりお得な料金で配送しましょう。

■宅配便を利用する場合の料金の一例

サイズ 荷物の大きさ 重さ 基本料金の相場
(関東→関東、税込)
60サイズ
60cm以内 2kgまで ~900円
80サイズ
80cm以内 5kgまで ~1,200円
100サイズ
100cm以内 10kgまで ~1,400円
140サイズ
140cm以内 20kgまで ~1,900円
160サイズ
160cm以内 25~30kgまで ~2,100円

不用品の処分する

特に大型の家具や家電など、すぐに処分が難しいものは早めに処分する方法を決めておきましょう。見積りの段階では不用品として処分する予定だったのに、いざ引越し当日になって処分が間に合わなかったので新居に持っていくとなると引越し業者も困ってしまいます。不用品処分をオプションサービスとして行っている引越し業者もありますが、もしなかった場合は引越し当日までに処分する方法を決めておきましょう。

以下は不用品の処分方法の一例です。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 自治体の粗大ごみ回収に依頼する
  • リサイクルショップ・買い取り専門店で売る
  • ネットオークション・フリマアプリを利用する
  • 知人に譲る
  • 寄付する

どの方法を選んでも共通しているのは、処分にあたっては余裕をもって行動するべきという点です。より効率的な処分方法は何なのか早めに検討しておきましょう。

一人暮らしの新生活ですぐに必要なものを準備する

家具が置かれているリビングの風景

一人暮らしでは多くのものが欲しくなります。しかし、早くからあれこれと揃えすぎた挙句使わなくなり邪魔になってしまう、という事態は防ぐべきです。初めは家具・食器・掃除用具など、新生活においてすぐ必要になるものから揃えましょう。以下では一人暮らしを始めてすぐ必要になる可能性が高い道具を紹介します。

家具・家電

家具や家電は生活の利便性を大きく上げてくれますが、大きく設置しづらいものもあります。最初は日常生活に欠かせないものやあまり大きくないものに留めましょう。

・寝具

快適な睡眠環境は仕事や学業にも大きな影響を及ぼします。ただ、特にベッドは非常に大きいため部屋のスペースと相談して大きさを決める必要があります。

・冷蔵庫

さまざまな大きさのモデルがあり、入れる量によって適した大きさが変わります。積極的に自炊することを考えている場合は容量150L前後のモデルを選びましょう。

・電子レンジ、オーブンレンジ

冷凍食品や残り物などを温める程度であれば安価な単機能電子レンジで十分です。一方、本格的に自炊をしたりお菓子づくりをしたりする場合はオーブンレンジが必要になります。

・洗濯機

一人暮らしの場合は容量5〜6kg程度が適しています。防犯のため、あるいは寒冷地のためなどの理由で洗濯物を外干ししない場合には、乾燥機付きのモデルを選ぶと便利です。

・炊飯器

多くの場合、一人暮らしでは米を一度にあまり多くは炊かないでしょう。そのため炊飯器は3合炊きモデルが適しています。炊飯器を使わずに土鍋や圧力鍋で炊くことも可能です。

・冷暖房設備

エアコンや扇風機、ホットカーペットなど、時期によりさまざまなものを使用します。部屋の広さや周辺の環境によって適したものが変わります。

・机

いすと合わせて使用するタイプちゃぶ台のように床に直接座るタイプがあります。後者の場合は脚をたためるモデルにすると、収納しやすくなり空間を広く使えます。

・アイロン

日常的にスーツやワイシャツを着る場合には欠かせません。同時にアイロン台の用意も必要です。

調理器具・食器

一人暮らしをきっかけに料理を始めようと考える人は少なくありません。調理器具や食器も多すぎるとかさばるため、どうしても必要なものを必要な量を買い足していきましょう。

・鍋

片手鍋と両手鍋を揃えておくといろいろな用途で使えます。パスタ類を茹でられる深鍋もあると自炊がしやすいでしょう。

・フライパン

直径24cm程度でフッ素樹脂加工されているものがおすすめです。一緒に蓋も揃えておけば蒸し料理に使用することもできます。

・まな板

直径24cm程度でフッ素樹脂加工されているものがおすすめです。一緒に蓋も揃えておけば蒸し料理に使用することもできます。

・包丁

使いやすいものはファインセラミック製の三徳包丁です。簡易的なものでも研ぎ器があると長持ちします。

・ボウル、ざる

自炊する場合は大中小の三種類を揃えておくと便利です。それぞれ同じ大きさのざるも用意しましょう。

・おたま、フライ返し

鍋やフライパンと合わせて頻繁に使用します。フッ素樹脂加工をはがさないようにシリコン製のモデルを使用しましょう。

・計量カップ、計量スプーン

材料や調味料などの分量を量るうえで必ず使います。料理本やレシピサイトを見ながら料理を勉強する場合には欠かせません。

・ヤカン

自炊をしない場合にもお湯を沸かすために役立ちます。一人暮らしでは容量1L程度のものが便利に使えます。

・茶碗

ご飯や汁物を食べるために欠かせません。多人数の来客が見込まれる場合はある程度の数を用意しておきましょう。

・皿、丼、コップなど

大皿、平皿、小皿、丼など、料理の内容や人数によってはまとまった数を使用します。コップは耐熱のマグカップが最低一つあると便利です。

・その他

しゃもじ、菜箸、スプーンなど、普段食べるものや用途に応じて順次揃えましょう。

掃除・洗濯用具

掃除や洗濯のような衛生管理は大切です。特に一人暮らしでは体調の変化に気づきづらいため、普段から身の回りを清潔に維持するよう心がけると良いでしょう。

・洗剤

掃除用はトイレ用や台所用など多くの種類があります。洗濯用も柔軟剤や漂白剤を併用するため、種類が増えやすい点に気をつけましょう。

・雑巾、スポンジなど

掃除効率と衛生管理を考えて、用途と場所に応じて複数種類用意しておきます。雑巾は古いタオルでも構いません。

・ゴミ袋

自治体によっては指定のゴミ袋を使用する必要があります。意外に大きな出費になることもあるため、むやみに使い過ぎず節約に努めましょう。

・物干し竿

洗濯ものを乾燥機にかけてもしっかり乾かないことは少なくなく、完全に乾かすためには直接干す必要があります。部屋干しする場合は物干しスタンドの用意も必須です。ある程度の数の洗濯ばさみも調達しましょう。

・洗濯ネット

一部の衣類はそのまま洗濯すると型崩れしてしまうため、衣類を守るために欠かせません。ほかの衣類と絡まるのを防ぐこともできます。

その他

引越したばかりの家でもすぐに欲しい道具はほかにもあります。個々人の生活環境や方針によっても変わるため、自分の生活をイメージして何が必要か考えてみてください。

・カーテン

保温と防犯の両面で有用です。人にもよりますが、部屋が暗ければ睡眠の質も良くなるので、灯りを通さない遮光カーテンがおすすめです。

・ゴミ箱

ゴミ袋を直置きしていると、ゴミがこぼれたり臭いが周辺についたりする可能性があります。特に生ゴミ用のゴミ箱は蓋つきのものを選びましょう。

・その他

トイレットペーパー・シャンプー・歯ブラシなど、多くの日用品がすぐ必要になります。

手続きする

物件が決まり次第、各種手続きを行います。引越し業者やプランの選定、役所での諸手続き、ライフラインや各種契約の住所変更など、引越しの際には非常に多くの手続きが求められ、ものによってかかる時間はまちまちです。例えばガスの手続きは最短でも3日間かかり開栓も住人立会いのもとで行われるので、引越しの運搬業務とタイミングを調整する必要があります。いずれの手続きも忘れると困ってしまうものばかりのため、事前にリストを作っておくなど対策を講じましょう。

インターネットの引越し手続き

現在利用しているインターネットを転居先でも利用する場合、回線業者やプロバイダへの手続きが必要です。まずは回線業者に転居先の住所を伝え、転居元の最終利用日と転居先の開通工事日を取り決め、プロバイダにも連絡しましょう。インターネットの転居手続きは場合によっては開通工事に時間がかかるため、転居の1ヶ月前には手続きを済ませておきましょう

市区役所で転出届の提出

転出届は現在住んでいる市区町村から別の市区町村に転居する場合に提出します。転出届を提出して「転出証明書」を受け取ります。手続きには、本人確認書類や印鑑、国民健康保険被保険者証(加入者のみ)などが必要となります。なお、同じ市区町村内で転居する場合は、転居後に「転居届」を提出します。

国民健康保険の資格喪失手続き

国民健康保険に加入している方は、資格喪失手続きと保険証の返却が必要です。期限は転居から14日以内ですが、返却する保険証と印鑑が必要になるため、転出届と同日に手続きすると良いでしょう。手続きの際は保険証や印鑑、本人確認書類を持参しましょう。一方、同一市区町村内の引越しの場合は、住所変更の手続きを行います。こちらの手続きも引越しから14日以内にする必要があるため、引越しが完了次第、できるだけ早く着手しましょう。

引越し当日にやること

新居の鍵を受け取る

入居日以降は、不動産会社へ連絡をすれば、前日までに鍵を受け取れる場合もあるため、相談しておきましょう。

電気・水道の使用開始

新居に着いたら、電気はブレーカーを上げ、水道は蛇口をひねって水が出るかを確認します。水が出ない場合は元栓が開いているか確認し、どうしても水が出ない場合は水道局に問い合わせましょう。なお、ガスの使用についてはガス会社の立ち合いが必要になるので管轄するガス会社に連絡しておきましょう。

引越し作業を行う

手続きと並行して荷物の梱包や部屋の掃除などを行い、引越し当日に荷物運搬などの作業を行います。引越し業者のトラックに荷物を積み込み次第、自分自身も新居まで速やかに移動しなければなりません。トラックが到着する少し前には新居で受け入れ態勢を整えておきましょう。事前に新居でのレイアウトを考えておくと荷物搬入時に便利です。

搬入が終わったらライフラインの確認をします。ガスは住人立会いのもとでガス会社の担当者が開栓します。荷解きはよく使うものから順次取り組みましょう。

一人暮らしの引越し後にやること・手続き

荷解き・ダンボールの片付け

荷物の搬入ができたら、まず始めに荷解きをしましょう。毎日使用するものから順に荷解きをすることがおすすめです。荷解き後は部屋が汚れるため、お部屋の掃除も必要です。

携帯電話やクレジットカードなどの住所変更手続き

携帯電話やインターネット、銀行口座、クレジットカードなどさまざまな手続きが発生します。最近ではインターネットで住所変更ができる場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

市区役所での転居届・転入届の手続き

旧住所の役所で転出届を提出し受け取った「転出証明書」を、新住所の役所へ提出し住所変更をしましょう。同じ市区町村内での転居の場合は「転居届」を提出しましょう。手続き期限は転居した日から14日以内なので早めに手続きをしましょう。

警察署・陸運局などで行う手続き

運転免許証の住所変更は新住所を管轄する警察署か運転免許センターで行います。また、車検証の住所変更の手続きの際に車庫証明が必要となるため、車検証の前に手続きをしておきましょう。車庫証明は自動車の保管場所を変更してから15日以内に手続きしないと罰則があるため注意が必要です。

一人暮らしの引越し準備で注意すべきこと

この章では、一人暮らしの引越しで注意すべきことを準備段階中心に紹介します。新居決定前の内見段階から多くの注意事項があるため、必ず内見に行って物件の実際の様子を細かく確かめましょう。また、入居後も道具の揃えすぎや寸法違い、そして防犯に気をつけて生活を楽しみましょう。

事前に内見しておく

物件を決定する前に必ず内見に行きましょう。地図や写真などだけでは見えてこない利点や問題点が浮かび上がってきます。

内見先の物件に向かう際は、不動産会社の担当者にお願いして最寄り駅からのルートなどを確認しておきましょう。スーパーや病院、学校といった周辺環境や地域の雰囲気を肌で感じながら引越した後の自分の生活をイメージすることが大切です。

家の中に入ったら、歩きやすさや扉・窓の建付、コンセントの位置などを確認しておきます。防音性を確認する場合は壁を軽く叩き、重く低い音が鳴れば壁の厚みがあるため防音性が期待できます。携帯電話の電波状態も確認しましょう。特定の部屋や場所で通信状態が悪化するケースも珍しくありません。

可能であれば同じ物件を昼夜で2回内見するのがおすすめです。昼夜での治安や騒音の変化が把握できます。

初めから物を揃えすぎない

特に初めての一人暮らしでは、さまざまな物に興味が湧いたり、ないと不便ではないかと感じたりして、最初から大量に物を揃えてしまうことが少なくありません。しかし、最初はあまり物を増やさないのがおすすめです。一人暮らしの勝手がよくわからない状態で物を買っても、結果的にほぼ使わず邪魔になってしまうケースが多くあります。最初は物が足りずにやや不便と感じる程度に留めておいて、一人暮らしに慣れてから必要だと感じるタイミングで買っていくと無駄になりません。

寸法を確認する

タンスやテレビなど、ある程度大型の家具・家電を購入する際には、必ず設置場所や扉、廊下の寸法を測っておきましょう。目測ではほぼ確実にずれが生じて、隙間が空いたり入りきらなかったりと上手く収まりません。内見や荷物搬入前の時点で部屋全体の幅や高さを測っておけば、その後もデータとして利用できます。また、特に大きなものを買う場合には、できればエレベーターや階段の寸法まで測っておくと店や運送業者とスムーズに相談できます。

防犯に気をつける

家を留守にすることが多い一人暮らしでは、特に防犯面に気を配る必要があります。内見の段階で扉のオートロックや各所の監視カメラ、ベランダや廊下からの侵入可能性などを考えて、入居後も洗濯物を部屋干しにしたり帰宅ルートを複数用意したりと多方面から防犯に気を遣いましょう

扉の鍵を変えることも効果的です。一つの扉に複数種類の鍵をつければ犯罪の抑止力が高まります。また、鍵の種類も昔ながらのギザギザしたタイプではなく、鍵の各面にいくつも小さなくぼみがついたディンプルキーを選ぶとピッキングに対する防御力が大きく上がります。

まとめ

一人暮らしの引越しで考えるべき手順や注意事項、また、早くから必要になる道具や一人暮らしの引越しに役立つサービスを紹介しました。特に初めての一人暮らしは強く思い出に残るものです。一人暮らしの始まりである引越しで失敗して悪い思い出にならないように、万全の準備をして納得できる引越しをしましょう。