引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

ブレーカー

引越しではさまざまな手続きが必要になりますが、生活のライフラインである電気の手続きは特に忘れてはいけないものの一つです。この記事では電気を利用停止・開始するために必要な手順を詳しく解説します。注意すべきポイントや電力自由化のメリットについてもお伝えするので、引越しを機に電気の利用環境を見直す際の参考にもしてみてください。

電気の停止手続き

停止手続きの窓口

電気の停止手続きをする際は、契約している電気事業者に直接問い合わせる必要があります。手続きは余裕を持って引越しの1~2週間前に行うのが一般的です。多くの場合、電話またはインターネットで手軽に停止手続きを済ませられます。

なお、引越しまでの電気料金は、前回の検針日から引越し日までの使用量をもとに日割り計算したものを請求されることが一般的です。電気料金の計算方法や請求方法が気になる方は、公式サイトや契約書にて確認しておきましょう。

必要な情報

電気の停止手続きに伴い、多くの場合、以下の情報が必要です。手続きをする際は情報をまとめたメモや必要書類を手元に用意しておくと良いでしょう。なお、電力事業者によって必要書類が異なる場合もあるため、契約している電気事業者の公式サイトにてご確認ください。

  • お客さま番号(検針票や電気料金の領収書にて確認できます)
  • 現在の住所
  • 契約者の名前
  • 電話番号
  • 引越し予定日時
  • 引越し先の住所
  • 電気料金の支払い方法(口座振替やクレジット払い、支払い用紙など)

停止手続きの手順

一般的に、電気の場合は契約している電力事業者に電話やインターネットで必要情報を伝えたるだけで停止手続きが完了します。立ち会ってほしい事情がある場合は電力事業者にその旨を伝えておきましょう。

引越し当日は万が一の事故を防ぐためにも、自分でブレーカーを落としてから退去します。ただし、電力を停止すると配管工が凍結する可能性がある寒冷地では、ブレーカーを落とすと配管工の破裂の危険性があるため、事前の確認が必要です。

電気の使用開始手続き

使用開始手続きの窓口

電気の使用開始手続きは、同じ電気事業者と契約を続ける場合はその事業者、新しい電気事業者と契約し直す場合は新しい電気事業者との間で手続きをします。なお、後ほど詳しくご説明しますが、現在は電力自由化によって自分で契約する電気事業者を選べます。新しく契約するのであれば、普段の電気の使い方に合ったお得なプランが用意されている電気事業者を選ぶと良いでしょう。

契約する電気事業者が決まったら、その事業者に指定された方法で手続きをします。一般的には電話やインターネット、申込書の郵送やFAXによる手続きが可能です。ただし、以下の場合はインターネットによる申し込みができないため注意しましょう。

  • 電気給湯器を持っている
  • 電気がつかない
  • 工場や商店など家庭用以外の電気を契約する

必要な情報

新しい電気事業者と契約する際は、以下の情報と書類が必要です。

  • 現在の電気事業者名
  • 現在の電気事業者のお客さま番号
  • 供給地点特定番号(1月の検針日以降に配付される検針票等にて確認できます)
  • 引越し先の住所
  • 契約者の名前
  • 電話番号
  • 引越し予定日時
  • 電気使用開始日
  • 電気料金の支払い方法(口座振替やクレジット払い、支払い用紙など)
  • 現在の契約内容がわかるもの(検針票など)
  • 本人確認書類

使用開始手続きの手順

新しい電気事業者と契約する場合は、新しい電気事業者が現在契約中の事業者へ解約手続きを行ってくれることが大半です。現在契約中の電気事業者と契約を続けるのであれば、引越しに伴う解約手続きと引越し先での新規利用手続きが必要です。

入居後に初めて電気を使う際は、以下の順番で機器のスイッチをONにします。

  • アンペアブレーカー
  • 漏電遮断器
  • 配線用遮断器

ただし、新しい電気メーターであるスマートメーターが未設置の場合、電気事業者による交換作業(15~30分程度)が必要です。原則として立ち会いは不要ですが、引越し後すぐに電気を使い始められるように使用開始手続きは余裕を持って行い、電気メーターの有無の確認を済ませておきましょう。電気メーターがあれば上記の機器のスイッチを入れるだけで引越し先でもすぐに電気を使い始められますが、万が一使えない場合は速やかに電気事業者に問い合わせる必要があります。

引越しの際に電気に関して気にすべきポイント

同じ電気製品が使えるか確認する

関東と関西では周波数が異なるため、電気製品によっては引越し先で使用できない可能性もあります。「50/60Hz」の表示があるものは全国で使用できますが、製品または取扱説明書に「50Hz専用」や「60Hz専用」などと記載されたものは使用地域が限られているため注意が必要です。

周波数の異なる電気製品をそのまま使用すると正常に動かなかったり、故障したりする可能性があるため、ヘルツ(Hz)交換が必要であれば販売店やメーカーに相談しましょう。特にエアコンや扇風機、冷蔵庫、換気扇などモーターを利用している電気製品は周波数の影響を受けやすい傾向があるため確認が必要です。

立ち会いの有無を確かめる

電気の停止・開始のいずれの際も原則として立ち会いは不要です。ただし、オートロックがある物件や設備状況、契約プランなどによっては立ち会いが必要になる場合もあります。問題なく対応できるように、電気の停止・開始は余裕をもって手続きをして立ち会いの有無を確かめておくことをおすすめします。また、引越し日当日に現金で電気料金の精算を希望する場合は、電力事業者の係員の訪問があることも念頭に置いておきましょう。

契約アンペアを見直す

アンペア(A)とは電気の流れる量(大きさ)を表す単位です。契約するアンペア(契約アンペア)の大きさによって同時に使用できる電気量が決まります。アンペアが大きいほど基本料金が高くなるものの、同時に使用できる電気製品が多く、ブレーカーが落ちる心配を軽減できるでしょう。

一人暮らし向けの物件の多くは「20A」または「30A」契約ですが、エアコンを使用する夏や冬のことを考えると、「30A」の方がより安心です。ライフスタイルに合わないアンペア数を選ぶと、基本料金が割高になる、ブレーカーが頻繁に落ちるなどのデメリットが発生する可能性があるため、引越しを機に一度契約アンペアを見直すことをおすすめします。

電力会社を比較検討しよう

電力自由化とは

電気事業者を自由に選べる制度のことです。従来は家庭や商店向けの電気は各地域の電気事業者だけが販売しており、電気事業者の選択はできませんでした。

電力自由化自体は2000年3月に始まったものの、その対象は「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスのみに限られていたのが実状です。しかし、2004年4月・2005年5月には「高圧区分」の中小規模ビルへと自由化が拡大し、2016年4月1日以降は「低圧」区分の家庭や商店を含むすべての消費者が電力会社やプランを自由に選択できるようになりました。電気の小売業参入が全面自由化されたことによって、区分を問わずすべての消費者がライフスタイルに合わせてよりお得に電気を利用できるようになったのです。

電力自由化のメリット

  • 電気料金がお得になる
    電力自由化によって電気事業者間でサービスや価格の競争が生まれ、新たなサービスやお得なプランが数多く展開されています。その結果、消費者はライフスタイルに合った電気事業者やプランを選択してお得な料金で電気を利用できるようになりました。なかには、インターネット・スマートフォンやガスと電気をセットで利用することによって割引が適用される事業者も存在します。ほかにも、「毎月の電気料金に応じてポイントが付与される」、「基本料金が0円で使用した分の電気料金しか発生しない」など特徴的なサービスを提供する事業者も登場しています。まずはインターネットで無料のシミュレーションを行い、自分の電気の使い方を把握したうえでどの電気事業者にするかじっくりと比較検討してみましょう。
  • 貢献活動に寄与できる
    環境保護や地域活性化など、自分が貢献したい活動を経営理念として掲げている電気事業者を選ぶことによって、貢献活動に寄与できます。例としては、「得た利益の一部を地域に還元する」、「地元でつくった電気を消費して地域経済を潤す」、「環境に優しいエネルギー源によって発電した電気を提供している」、などがあります。手軽に貢献活動ができるため、電気事業者を選ぶ際は料金だけでなく発電方法や経営理念なども確認するのがおすすめです。また、電気事業者は居住しているエリア以外で発電された電気の購入も可能なので、エリアを問わず選択できる点も嬉しいポイントでしょう。

電力自由化のデメリット

電力自由化のデメリットとして、契約期間の縛りや解約手数料が発生する場合がある点が挙げられます。従来は各地域の電気事業者に契約が限られていたため契約期間はありませんでしたが、電力自由化に伴い、契約期間や解約手数料などの規定を設ける電気事業者も出てきました。そのため、電気事業者を選ぶ際は、契約期間や解約手数料など契約内容を確認しておく必要があります。万が一、契約内容と異なる規定を提示されるなどのトラブルが発生した場合は、電力・ガス取引監視等委員会の相談窓口や消費者ホットラインに相談しましょう。

まとめ

ここまで、引越し前後の電気の手続きや電力自由化をご紹介しました。「引越し後に旧居の電気代を請求し続けられる」、「新居ですぐに電気を使えない」といったトラブルを避けるためにも、電気の停止・開始手続きは余裕を持って済ませておくことが重要です。引越しを機に今一度電気料金を見直し、よりお得に電気を使えるようであれば、ライフスタイルに合う電気事業者を比較検討してみましょう。