引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

マイナンバーカード

国民の個人情報を管理しているマイナンバー制度。マイナンバーカードには住所も登録されているので、引越しの際は手続きが必要です。気になる手続きの方法ですが、「マイナンバーカード」を持っているかどうかで内容が異なります。この記事ではマイナンバーカードの基礎知識から住所変更の方法、引越しに伴うマイナンバーについての疑問まで詳しく解説します。

そもそもマイナンバー(個人番号)とは?

マイナンバー制度は行政の効率化や国民の利便性向上を目指し、平成27年10月に導入された制度です。この制度のおかげで、社会保証・税・災害対策といった情報を効率的に管理できるようになり、複数機関での円滑な情報共有が実現しました。例えば、これまでは役場や税務署など複数の場所で書類を記入する必要があった手続きも、マイナンバーカードを活用すれば簡略化できるようになりました。また、マイナンバーは住民票を持っている国民全員に割り当てられています。国民それぞれの所得や行政サービスの受給状態を把握することで、不正受給の防止や、よりきめ細やかな支援の実施に繋がっています。ちなみに、マイナンバーは12桁の数字から構成されていて、割り当てられた番号は基本的に変わることなく使い続けることになります。

マイナンバーカードとマイナンバー通知カードの違い

マイナンバーカードと混同しやすいものに、「マイナンバー通知カード」と呼ばれるものがあります。どちらもマイナンバーが記載されていますが、それぞれ異なるものです。そのため、引越しの際にもどちらを活用するかによって手続きの方法も変わります。引越しの際には、まず自分が所持しているものがどちらにあたるのか確認しておきましょう。

  • マイナンバーカード
    マイナンバーカードは、通知カードを受け取った本人の申請によって交付されるプラスチック製のカードです。カードの表には顔写真・氏名・住所・生年月日・性別が記載されているので、パスポートや運転免許証のような本人確認書類として効力があります。また、カードにはICチップも付いていて、電子証明書としての機能も搭載しています。
  • マイナンバー通知カード
    マイナンバー通知カードは、住民票を持っている国民1人につき1枚送付されるものです。紙でできた薄緑色のカードで、氏名・住所・個人番号などの個人情報が記載されています。通知カードはマイナンバーカードと違い、パスポートや運転免許証のような本人確認書類にはなりません。

マイナンバーカードの申請手続き

マイナンバーカードの申請手続きを行う際は、まず交付申請から始めます。交付申請書、または個人番号通知書を所持していない方は、お住まいの市区町村窓口で交付申請書を再発行しましょう。交付申請は以下の方法で行えます。

  • 郵送
  • パソコン
  • スマートフォン
  • 証明写真機

郵送の場合はマイナンバーカードの交付申請書に必要事項を記入し、顔写真を貼って送付用封筒を使い郵便ポストへ投函します。パソコン・スマートフォンから申請する場合は顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請します。また、申請書を持参して、証明写真機から直接申請も可能です。ただ、なかには非対応の証明写真機もあるので注意してください。その後、必要書類をそろえて交付窓口で本人確認・暗証番号設定を経てマイナンバーカードが交付されます。

マイナンバーカードの住所変更

引越しなどで住所が変わったとき、免許証などの各種証明書は登録住所の変更をしなければなりません。同様に、マイナンバーカードも住所変更が必要になります。マイナンバーカードは行政が国民の個人情報を管理するものなので、記載事項は常に最新の情報に更新されている必要があります。万が一、住所変更を怠った場合は科料が課せられるケースもあるので注意しましょう。

マイナンバーカードを持っている人の手続き

マイナンバーカードを持っている方が引越しなどで住所変更した場合は、各市区町村役所で手続きが必要になります。この手続きは、転入先の市区町村役所へ転入届を提出する際に一緒に済ませてしまうのが、二度手間にならずおすすめです。手続きの際にはマイナンバーカード交付時に設定した暗証番号が必要になりますので、忘れずに控えておきましょう。手続きに必要なものは以下のとおりです。

  • 本人が手続きする場合:マイナンバーカード
  • 同一世帯者が手続きする場合:同一世帯の方の本人確認書類(マイナンバーカード、パスポート、運転免許証等、官公署が発行した顔写真付きの証明書など)

なお、必要物は自治体によって異なる場合があります。詳しくは各自治体のWebサイトでご確認ください。

通知カードのみ持っている人の手続き

以前は通知カードにも住所変更手続きが必要でしたが、現在は改正により通知カード自体が廃止されたため、記載事項に変更があった場合も特に手続きは必要ありません。しかし、通知カードはマイナンバーカードの郵送申請などに必要となるので、すでに所持している方は廃棄せずに持参しましょう。

マイナンバーカード申請中の人の手続き

マイナンバーカードは申請から受取までにある程度時間がかかるため、マイナンバーカード申請中に引越しを行う場合は注意が必要です。特に、マイナンバーカードの交付申請中に違う市区町村へ引っ越した場合は、転入先で再度申請する必要があります。同じ市区町村内に引っ越した場合は、カードの追記領域に新住所を記載したうえで交付が可能です。

マイナンバーカードの住所変更に関するよくある質問

マイナンバー制度は近年始まったばかりということもあり、疑問点も多いのではないでしょうか。そこで、ここからはマイナンバーカードの住所変更に関するよくある質問にお答えします。

代理人による住所変更はできる?

マイナンバーカードの住所変更手続きは本人・家族以外の代理人が行うことも可能です。代理人を介した手続きは、本人の同行がある場合と、本人同行なしの代理人のみで行える場合があり、手続き方法がやや異なります。

  • 本人同行ありの場合に必要なもの
  1. 住所変更するマイナンバーカード
  2. カード交付時に設定した暗証番号
  3. 代理人の顔写真付き証明書(運転免許証、マイナンバーカード、住基カード等、官公庁が発行したもの)
  4. 代理権を証明する書類(戸籍全部事項証明書、成年後見登記事項証明書等)
  • 本人同行なしの場合に必要なもの
  1. 住所変更するマイナンバーカード
  2. 委任状
  3. 代理人の本人確認書類

なお、本人同行なしで代理人が手続きする場合、申請後に本人へ確認の文書を郵送します。申請当日には手続きが完了しませんので注意しましょう。こちらも自治体によって内容が異なる場合がありますので、各自治体のWebサイトを確認しておきましょう。

住所変更手続きには期限がある?

マイナンバーカードの住所変更は、転居した日から14日以内に行う必要があります。また、住所変更後90日以内に手続きが行われなかった場合、マイナンバーカードが失効され、再発行の手続きを行う必要があります。

マイナンバーカードや通知カードが届いていなかったら?

令和2年5月25日以降、通知カードの送付は廃止されました。その代わりに、個人番号通知書が住民票に登録されている住所に送付されます。既に住民票の登録が済んでいるものの未だ届いていないという方は、お住まいの市区町村役所へ相談しましょう。

マイナンバーカードや通知カードを紛失してしまったら?

引越し作業で慌ただしくしていると、誤って大事な物を紛失することも多いでしょう。万が一、マイナンバーカードを紛失してしまった場合はカードの機能を停止させ、再発行する必要があります。カードが他人の手に渡り、個人情報を悪用される可能性があるためです。マイナンバーを確認する場合は、マイナンバーカードの取得・マイナンバーが記載された住民票の写しの取得・住民票記載事項証明書の取得のいずれかが必要です。

マイナンバーに関するその他のよくある質問

引越し後にマイナンバーカードを申請するには?

引越しに伴い住所が変わると、旧住所宛に送付された「個人番号カード交付申請書」が使用できなくなります。「手書用の交付申請書」をマイナンバーカード総合サイトからダウンロードするか、新住所の市区町村窓口で渡される交付申請書を使用して申請手続をしてください。

マイナンバーカードがなくても転居手続きできる?

引越しに関わる手続きで役所に出向く際、万が一、マイナンバーカードを忘れてしまった場合でも、転入・転居・転出の手続きは可能です。しかし、マイナンバーカードの住所変更手続きはできません。引越しの手続きで役所へ足を運ぶ際は、二度手間にならないよう、マイナンバーカードも忘れず持っていきましょう。

住所変更でマイナンバーは変わるのか?

マイナンバーは原則として1人につき1つで、生涯同じ番号を使います。住所変更があってもマイナンバー自体が変わることはありません。ただ、マイナンバーの漏洩や不正利用の恐れが認められる場合に限っては、本人の申請あるいは市区町村長の職権により変更が可能です。

マイナンバーで引越しの手続きは変わるのか?

引越しをするとなると、役所に行って転出届を出したり、水道や電気などライフラインの申込みをしたり、免許証の住所変更をしたりとさまざまな手続きが発生します。必要な手続きは人によっても異なるため、自分に必要なものを把握しきれず、手続き漏れが生じることもあるでしょう。このような現状に対し、政府は「引越しワンストップサービス」というものを推進しています。このサービスはこれまで行政機関・民間事業者に対して個別に行っていた手続きを、マイナンバーを用いてオンライン上で一括して行える画期的なサービスです。現在は対象手続き・業種の拡大とサービス実施に向けた検証を行っています。

まとめ

今回は引越しとマイナンバー関連の手続きをテーマにご紹介しました。引越しというと、なにかとやることが多くて憂鬱になってしまうかもしれません。マイナンバーはまだ日が浅い制度なこともあり、引越しの際にどのように活用できるのか、まだ分かりかねる部分も多いでしょう。しかし、「引越しワンストップサービス」など便利なサービスの実現もすぐそこまで来ています。また、手続き自体はどれもシンプルですので、自分に必要なものを順番にピックアップしていけば、漏れなくスムーズに行えるでしょう。