引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

転居の手続きをする女性
  • 引越しの際に必要な手続きには役所で行うものが多数あり、手続きを忘れると生活に支障が出る恐れがあり注意が必要。
  • 引越し当日は旧居と新居のそれぞれで手続きの作業が必要で、効率良く動けるように当日の作業を事前に確認しておく。
  • 転入届は引越す場所によって手続きが変わるの注意が必要

生活が大きく変わる引越しは、準備に多くの時間を要します。家探しから各種手続き、荷造りに至るまで、無事に引越しを終えるまでにはやるべきことが山積みです。そこでこの記事では、引越しの際にやるべきことをリスト化して解説します。手間のかかる役所での手続きについても詳説しているので、引越しをする前にぜひ確認してみてください。

引越し決定後にやることリスト

メモ帳とボールペンと電卓

引越しが決まったら、まずは引越し業者への依頼と賃貸住宅の場合は解約の手続きを行います。どちらも余裕のある引越しをするために気を付けるべき工程です。

引越し業者に見積もりを依頼する

引越しにおいて最初にやることは引越し業者への見積もり依頼です。見積もり依頼は「特定の業者に直接頼む」、「インターネット上で複数の業者に一括で依頼できるサービスを利用する」という2つの手段があります。

賃貸住宅の場合は解約手続きをする

旧居が賃貸物件の場合は、引っ越す際に解約手続きを進めましょう。多くの物件では退去の1ヶ月前までに管理会社や家主などに連絡する必要があるため、賃貸借契約書を確認して余裕をもった日程で行動するのがおすすめです。解約手続きが遅れると以降の全工程が遅れてしまいます。

引越し2週間前までにやることリスト

引越し業者や管理会社などとの手続きが終わったら、荷造りの準備を始めます。まず新居での家具配置図を作成すると役立ちます。同時に梱包資材も用意しましょう。予想する量より少し多めに調達しておくと安心です。

新居に置く家具の配置図を作る

荷物の整理や梱包を始める前に、新居での家具配置を考えて図にしておくと後々便利です。どの家具をどこに置くか、必要なスペースを確保するにはどうすれば良いかなど、事前に決めておけば購入・処分する家具を決めやすくなります。荷物搬入も能率的に行えるでしょう。

ダンボールなどの梱包資材を手配する

荷造りに使う各種梱包資材を調達します。ダンボールやガムテープなどは大量に使用する可能性が高いため余裕をもって集めましょう。なお、ダンボールはある程度引越し業者から無料でもらえることもありますが、荷物の量によっては足りないことがあります。スーパーマーケットやホームセンターなど、他の調達先も用意しておくと安心です。

引越し1週間前までにやることリスト

引越しには多くの手続きが伴います。多くの手続きは役所か事業者の公式サイトで行えるため、必要な手続きと手順を事前に確認して効率良く済ませていきましょう。また、並行して荷造りを始めます。

役所で済ませる手続き

引越しの際に必要な手続きには役所で行うものが多数あります。転出届の提出や国民年金の住所変更など、福祉や行政サービスにかかわる内容が多いため、手続きを忘れると生活に支障が出る恐れがあり注意が必要です。

引越し前に役所で済ませる手続きは主に以下のものが挙げられます。

転出届の提出


現在とは別の市区町村に引っ越す場合、旧居側の役所で転出届を提出する必要があります。引越し後に新居側の役所で転入届を提出する際に、転出届と引き換えに受け取る転出証明書が求められます。転出証明書の受け取りを忘れると旧居側の役所まで戻らなくてはならないため、役所での手続きを済ませる際に必ず転出届も提出しましょう。

国民健康保険の資格喪失届


別の市区町村に引っ越す場合は、一度国民健康保険の資格喪失手続きを行い、同時に保険証も返還します。実際に資格を喪失する日は引越し当日に設定されるため、引越しまでの間に病院に行っても保険非適用にはなりません。
同じ市区町村内で引っ越す場合には、引越し後に住所変更手続きをするだけで済みます。

国民年金の住所変更


国民年金に加入している場合は住所変更が必要です。転出届や国民健康保険とは異なり、引越し先の市区町村が元と同じでも違っていてもやるべきことは変わりません。手続きでは基本的に国民年金手帳と印鑑を求められますが、自治体によっては他にも書類が必要になることもあるため事前に確認しましょう。

印鑑登録の廃止・抹消


現在住んでいる市区町村に印鑑を登録している場合は、廃止の手続きが必要です。自治体によっては転出届を提出すると同時に印鑑登録を抹消する場合もあります。この場合には印鑑登録証の返還だけで構いません。
同じ市区町村内での引越しでは転居届と同時に印鑑登録も変更されますが、政令指定都市では別途手続きが必要になることもあります。

ライフラインの使用停止・開始の手続き

電気・水道・ガスを新居に切り替えるには、まず現住所での利用を停止する必要があります。電気と水道はほぼ同じ手順で、電力会社や水道局に連絡して停止する日付を伝えれば手続き完了です。いずれも停止手続きを進める際に、新居側の電力会社や水道局などに利用開始の連絡をしておきましょう。

ガスの場合は電気・水道とはやや異なり、使用開始の際に開栓作業と安全点検をしなければならないため立ち会いが必要です。使用停止の際も、オートロック式の建物などでメーターの設置場所まで作業員が立ち入れない場合は立ち会います。

電話回線の手続き

固定電話の移設や携帯電話の住所変更を行います。固定電話はNTTに電話・Webサイト・支店などから連絡して移設を申し込みます。引越し需要が高まる時期の場合、早めに連絡しましょう。

携帯電話は各携帯電話会社の支店やWebサイトから住所変更を行います。Webサイトであれば時間帯を問わず手続き可能です。

インターネットプロバイダの手続き

インターネットのプロバイダに対して継続や変更の手続きをします。同じプロバイダを継続して利用する場合は、新居への移転をプロバイダ事業者に伝えます。一戸建ての物件に引っ越すときは工事が必要です。

プロバイダを変更する場合は、現在のプロバイダを解約してから新しいプロバイダと契約します。先に新居で新しいプロバイダを利用できるか確認しておきましょう。

NHKの住所変更

家にテレビがある場合はNHKの住所変更が必要です。NHKの公式サイトから手続き可能で、料金支払い方法の変更も同時に完了できます。

一人暮らしや結婚などで既存の世帯から独立する場合は、独立する世帯が新規契約する必要があります。条件を満たせば、契約完了後に家族割引を申し込むこともできます。

金融機関などへの住所変更・転居届の提出

郵便物や新しいクレジットカードなどを受け取るためには、銀行・ゆうちょ・保険会社などの金融機関に登録している住所の変更が必要です。手続きは窓口・電話・Webサイトなどで行えます。口座の支店はそのままでも問題ありません。

併せて郵便局に転居届を提出しておくことをおすすめします。手続きを踏むことで、引越しから1年間、旧居宛の郵便物を新居に無料で転送してもらうことができます。

不用品の処分・使用頻度の低い荷物の梱包

さまざまな手続きと並行して、荷物の処分や梱包を行っていきます。引越し前に不要なものを処分しておけば、引越し代金の節約や梱包・荷解きの手間削減など多くのメリットが得られるでしょう。なお、荷物の梱包は直近で使わないものから始めるのがおすすめです。日用品や引越しまでに使う可能性があるものは後回しにしましょう。

引越し前日までにやることリスト

男性二人がダンボールの前で会話している

引越し間近になったら荷物をすべて梱包します。引越し当日の朝を迎えた時点で、当日使う日用品以外の全荷物を梱包済みにして、冷蔵庫や洗濯機の水抜きが完了している状態が理想です。計画的に梱包や準備を進めましょう。

冷蔵庫や洗濯機の水抜きをする

冷蔵庫や洗濯機のような水を使う家電は、運搬前に水抜きを行います。電源を切っても中に水が残っている場合があり、運搬中にこぼれると荷物を濡らすことによる汚れや破損の危険性があるからです。冷蔵庫はプラグを抜いてから水受けに溜まる水を捨てて、洗濯機は給排水のホースを抜いておきましょう。

運搬する荷物をすべて梱包する

引越しの前日までに、最低限のもの以外はすべて梱包しておきます。引越し業者が到着しても荷造りが終わっていないと、梱包作業を手伝ってもらうことになり料金を追加で払う必要が出てきます。なお、引越し当日や翌日すぐに使うものは別途まとめて最後にトラックに載せると、引越し先ですぐに取り出すことができます。

引越し当日に旧居でやることリスト

引越し当日は旧居と新居のそれぞれで作業が必要です。旧居では荷物搬出後にガスや電気などを止めて、賃貸の場合は部屋の中を確認して管理会社や家主に明け渡します。やることが多く慌ただしくなる場合もあるため、効率良く動けるように当日の作業を確認しておきましょう。

ガス使用停止の立会い

荷物の搬出が終わってから、あるいは引越し業者が来る前に、物件によってはガスの停止に立ち会いが必要な場合もあります。その場合は、ガス会社の担当者が到着したら一緒にガスメーターの栓を閉じて確認しましょう。所要時間はおよそ10分で、その後ガス料金の精算を行います。最後に必要に応じてガス機器の取り外しやガス管の撤去などを行えばガスの停止作業は完了です。

ブレーカーを落とす

荷物搬出や掃除などの作業がすべて終わったら、家のブレーカーを落としましょう。ブレーカーが上がったまま次の入居者が電気を使おうとすると、急な通電により漏電して火事になる恐れがあります。停電時にブレーカーを落とすように、旧居から退去する際にも安全確保として必要な行動です。

部屋の明け渡し

賃貸物件の場合は、最後に家を管理会社や家主に明け渡す必要があります。壁や床などの傷や汚れがいつできたものかを確認してから鍵を返却します。

基本的には退去当日に借主自身が明け渡しを行いますが、どうしても行えない理由がある場合には日を改めたり代理人を立てたりできる場合もあります。管理会社や家主に相談しましょう。

引越し当日に新居でやることリスト

引越し当日は新居に移動してからもやるべきことがあります。荷物搬入前に室内の状態確認や掃除を行い、ガスの開栓作業に立ち会って各種ライフラインの使用申込書を記入・提出します。少なくとも掃除までは引越し業者が来る前に終わらせましょう。

室内のチェックと簡単な掃除

新居に到着したら、荷物を搬入する前に室内のチェックと掃除を行います。床や壁の傷や備え付け設備の不具合、嫌な臭いなどがないか事前に確認しておきましょう。掃除は最後のチェック以降に積もったホコリの除去や、後から見づらい場所のチェックが主な目的です。荷物搬入後はやりづらくなるため、壁・床・水回りなどを早めに掃除します。

ライフラインの使用開始手続き

新居で電気・水道・ガスを使用できるように手続きします。電気と水道は、事前に申し込んでいれば引越し当日から使用自体は可能です。玄関や郵便受けなどに使用申込書があるため、必要事項を記入して郵送すれば手続きが完了します。事業者によってはインターネット上で手続きできることもあります。

ガスは開栓にガス会社の担当者による立ち会いの必要があります。開栓と同時に支払いの手続きも済ませましょう。

引越し後にやることリスト

引越しが完了して新居で荷解きが終わってからも、やるべきことは多く残っています。転入届の提出や国民健康保険の加入手続きなど役所で行うことが多いため、引越し後はなるべく早く役所や他の必要な施設に行って手続きを済ませましょう。

転入届・転居届の提出

新居側の役所に転入届や転居届を提出します。

旧居と同じ市区町村に転居する場合    役所で転居届を提出するのみ          
旧居と異なる場所に
転居する場合
旧居側の役所で受け取った転出証明書が必須で、手続きの期限は引越しから14日以内

国民健康保険加入の手続き

旧居と異なる市区町村に引っ越した場合は、国民健康保険に改めて加入します。転入届の提出と同様に転出証明書が必要で、手続きの期限も転入届と同じ14日以内です。役所で同時に終わらせると効率的でしょう。
引越し先が旧居と同じ市区町村の場合は、転居届と同時に国民健康保険の住所変更手続きを行います。

国民年金・印鑑登録の住所変更

新居側の役所では国民年金や印鑑登録の変更手続きも行います。それぞれ国民年金手帳や登録したい印鑑を持参する必要があります。印鑑登録は同じ市区町村内での引越しであれば不要ですが、国民年金は必ず住所変更の手続きを行います。

運転免許証の住所変更

引越しの際には運転免許証の住所も変更するように法律で決められています。役所ではなく新居側の警察署や運転免許試験場で手続きします。手続きの際には免許証に加えて新住所を確認できる書類が必要になるため、新住所が記載された住民票や公共料金の領収証などを持参しましょう。

資格・会員登録の変更手続き

社会福祉士や宅地建物取引士など、資格によっては引越しの際に住所登録を変更しなくてはならない場合もあります。何らかの資格を所有している場合は、住所登録変更の必要があるか調べて、変更すべきであれば速やかに手続きを行いましょう。オンラインショップやレンタル店などに登録している住所の変更も必要です。

まとめ

引越し決定時から新居に引っ越した後まで、各段階でやるべきことを紹介しました。引越しでやることは主に手続きと荷造りです。手続きは役所に行くだけでなく電話・Webサイトから可能なものが多くあります。余裕をもって荷造りに取り組めるように、まとめて手際よく手続きしていきましょう。