引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

水が出ている水道

これから引越しを予定している方は、電気・水道・ガスといったライフラインの手続きを済ませていますか?引越しをする際は、物件探しや引越し業者の手配などに目が向き、ライフラインの解約や利用開始手続きを忘れがちです。しかし、万が一手続きせずに引越ししてしまうと、入居後に「電気がつかない」、「水が出ない」、「前の家の請求書が来た」といったトラブルが生じてしまいます。そこで今回はそのようなトラブルを避けるために、引越しの準備と同時進行で行うべきライフラインの手続き方法や、手続きにおける注意点などを詳しく解説します。

※地域ごとに手続き方法が異なる場合があるため、必要に応じて各地域の電力・ガス会社や水道局のホームページにて詳細をご確認ください。

引越し時のライフラインの手続き方法

電気・水道・ガスといったライフラインの解約・利用開始手続きを行う際は、引越しする直前まで使用でき、また引越し先への入居直後は新たに使用できるようにしなければなりません。そのためには、解約手続きと利用開始手続きを事前に済ませてスムーズに移行する必要があります。以下では具体的な手続きの方法を解説します。

電気

電気の場合は、解約や利用開始手続き、申込書の送付といった手続きがあります。解約などの手続きは電力会社に連絡しなければなりません。

退去時

電気を解約する際は、現在契約中の電力会社に連絡して利用停止の申込みをします。電話またはインターネットにて手続きできます。手続きの際は、電力会社から登録情報などを聞かれるため、スムーズに手続きを進められるように、事前に請求書(電気料金の明細書)など必要な情報が記載された書類を用意しましょう。
新居で利用開始するためにも事前に申し込みを済ませなければなりません。新居で新たに利用する電力会社に、電話またはインターネットで連絡して手続きします。
なお、引越し先が現在契約中の電力会社の管轄エリアであれば、使用開始手続きも利用停止手続きとあわせて行うことができます。また、退去時はブレーカーを落とし忘れないように注意しましょう。

入居時

引越しを済ませた後は、「電気使用申込書」の支払いに関する項目などを記入し、電力会社へ送付して手続きを完了させます。「電気使用申込書」は新居のポストやブレーカー付近などに置かれていることが多いですが、見当たらないときは電力会社に連絡しましょう。
なお、手続きに期限は設けられていませんが、あまりにも遅くなると電力会社とのトラブルに発展する可能性があるため、できるだけ早めに済ませるように心がけましょう。

水道

水道の場合は、利用停止や利用開始の手続きだけでなく、閉栓・開栓、申込書の送付といった手続きを行わなければなりません。

退去時

水道の利用停止や利用開始の手続きを行う際は、各地域の水道局に連絡してください。手続きは、電話の他にインターネットや地域の水道部窓口でも行なえます。
電話や窓口で手続きをする場合、受付可能な曜日や時間に注意する必要があります。インターネットの場合は基本的には24時間受付可能で、手続きには登録情報などが必要です。なお、同一市町村への引越しであれば、解約と利用開始の手続きを同時に行えます。
閉栓は基本的に立ち会いの必要はありませんが、オートロックマンションなどの場合は閉栓手続きの立ち会いが必要です。

入居時

引越しを済ませた後は、新居がある地域を管轄している水道局に連絡します。水道の場合は連絡をしなくても水が出る場合もあります。しかし、手続き前に水道を利用してしまうと料金などのトラブルが生じる可能性があるため、まずは利用手続きを優先してください。水道の開栓の手続きは、電話・インターネット・郵送で行えます。
電話の場合、口頭にて本人確認ができれば手続き完了です。インターネットの場合、ホームページの入力フォームに必要事項を入力して送信すれば手続きが完了します。郵送の場合、「水道開始申込書」に必要事項を入力して水道局に送付してください。水道開始申込書は、郵便受けや玄関などに置かれていますが、見当たらない場合は水道局に連絡しましょう。申込書の送付が遅れると利用開始日が不明確になりトラブルに発展しかねないため、早めに済ませる必要があります。
手続きを完了させたら、メーターボックスの中のバルブを回します。バルブをひねっても水が出ない場合は水道局に連絡しましょう。

ガス

ガスの手続きは、他のライフラインよりも特に計画性をもって進めることが重要です。なぜなら、ガスの利用開始時には開栓に立ち会う必要があるからです。入居の日程に合わせて立ち会いの日取りを決めるよう、優先的に申し込みを済ませましょう。

退去時

ガスを利用停止する際は、現在契約中のガス会社に連絡して申し込みます。手続きには登録情報が必要で、電話またはインターネットで行えます。
新居で使用開始するには、その地域を管轄しているガス会社に連絡しましょう。電話またはインターネットにて手続きができます。開栓するには住人の立ち会いが必要なので、点検員に訪問してもらう日を予約しましょう。
基本的に、閉栓時には立ち会う必要はありません。しかし、オートロックのマンションなどでは閉栓時の立ち会いを必要とする場合もあります。閉栓と支払いを終えれば解約が完了ですが、再度開栓することは困難なので、解約手続きで点検員を呼ぶ日は引越し前日または当日を指定しましょう。

入居時

引越しを済ませたら、予約日時に合わせて点検員が訪問します。ガスコンロなどのガス機器が備え付けでない住居の場合は、開栓手続きの立ち会いまでに準備しておきましょう。また、印鑑も用意してください。点検員は、警報装置の作動確認やガス漏れがないかなど、安全にガスを利用できるか確認します。点検で問題が見当たらなければ、その時点からガスの利用を開始できます。

ライフラインの手続きに必要な情報

各ライフラインの解約には登録情報などが必要だとお伝えしてきました。以下で具体的に必要となる情報を紹介します。

氏名・お客様番号

契約者の「氏名」と「お客様番号」が必要です。お客様番号は、「検針票」や「領収証」などに記載されています。既に廃棄してしまいお客様番号が分からない場合は、インターネットによる手続きはできません。その場合は、電話で各ライフライン会社に連絡して本人確認を行ないましょう。

前住所・新住所・退去日

「前住所」は必要な情報ですが、「新住所」「退去日」は任意の情報です。同一管轄内でこれまでと同じ会社を利用するのであれば、新たに使用を開始する住所を明らかにすることでスムーズに移行できます。なお、利用する会社を変えるとしても、支払いに関するトラブルが生じないように新住所や退去日は伝えておいた方が良いかもしれません。

支払方法

閉栓時に立ち会いを必要とする場合としない場合とで利用可能な支払い方法が異なる場合がありますが、基本的には以下のいずれかで支払います。

  • 請求書・振込用紙をもとに支払い
  • 口座振替
  • クレジットカード

立ち会いを必要とする場合は、担当者が使用量を測定しに訪問するときに現金で支払うことも可能です。口座振替やクレジットカードでの支払いは会社によって利用できない場合もあるため、事前にホームページなどで確認しましょう。

ライフラインの手続きにおける注意点

ライフラインの手続きにあたり注意しておきたいこととして、手続きをするタイミングや優先順位、ガスの種類とガス機器の関係などを解説します。

早めに連絡する

ライフラインの利用停止手続きや利用開始の連絡は、なんといっても早めに済ませることが重要です。引越し予定日寸前に行うと、閉栓の手続きが遅れてしまったり、インターネットでの手続きを受け付けてもらえなかったりなどのトラブルが起こりかねません。多くの業者は2週間前~1週間前の手続きを推奨しています。特に3~4月の繁忙期は申し込みが殺到する可能性もあるため、余裕をもった手続きがおすすめです。

優先順位は手続き方法にもよりますが、基本的にはガス→水道→電気の順に高いと考えれば良いでしょう。ガスは開栓に立ち会う日の予約をしなければならないため、希望日が埋まらないように早めの手続きが必要です。水道と電気の解約手続きをインターネットで行う場合はどちらを優先しても問題ありません。しかし、水道の手続きを電話や窓口で行う場合は受付可能な曜日や時間が決まっているため、水道の手続きを優先することをおすすめします。

ガスの種類変更に気を付ける

これまで使用していたガス機器を使う場合や新しくガス機器を購入する場合は、ガスの種類に注意が必要です。ガスにはプロパンガスや都市ガスなどの種類があり、種類によって使用できるガス機器が異なります。引越し前の家で使用していたガスと新居で使用するガスの種類が異なる場合は、もともと使用していたガス機器を再利用することができません。新居のガスの種類に適さないガス機器を所有している場合は、新しく購入する必要があります。

解約手続きを忘れない

最後に、基本的なポイントですが、解約手続きは忘れずに行なってください。新居でのライフラインの利用に気を取られ、解約手続きは忘れる人も多いものです。解約しなければ、たとえ引越し前の家で電気・水道・ガスを利用していなくても、基本料などが請求されます。手続きを怠った結果、請求が発生しても、こちらの過失なので支払わなければなりません。新居に移ってすぐに電気や水を使用できるように手続きすることは大切ですが、思わぬ請求が発生しないように解約手続きはしっかり済ませましょう。

まとめ

電気・ガス・水道といったライフラインは、引越しの日に合わせて解約と利用開始手続きを行わなければなりません。手続きでは登録情報を参照する必要があるので、手元に「領収証」などの書類を用意して手続きに入りましょう。事前の手続きをすれば終わりというわけではなく、入居後の手続きも必要です。トラブルが生じないように早めに済ませるようにしましょう。全て順調に完了させれば、新生活の始まりです!