引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

家と電卓

多くの人にとって引越しは人生の一大イベントであり、少なくない額のお金がかかります。新居の契約に伴う初期費用や引越し作業の費用など、必要な予算を引越し前に把握しておかなければなりません。この記事では、引越しに必要な予算と主な内容、そして少ない資金でも引っ越せる方法を紹介します。

引越し全体にかかる費用の内訳

引越しではさまざまな場面でお金が必要になります。引越し費用を大きく分けると「物件契約の初期費用」、「引越し費用」、「家財道具の購入費」の3種類があり、各費用がさらに細かい項目に分かれます。各項目とその相場を知っておけば、引越しに大体どれくらいの費用がかかるかわかりやすいでしょう。そこでこの章では、引越し全体での費用内訳を紹介します。

物件契約の初期費用

引越しでは新居に移り住むにあたり、物件の契約に伴う各種費用がかかります。特に最初は初期費用として賃料とは別の費用が必要です。合計して家賃のおよそ5~6ヶ月分になるため、具体的な内訳や相場などを理解して事前に準備しておきましょう。

物件契約の初期費用に含まれる主な項目は以下のとおりです。

  • 敷金・礼金
    どちらも貸主に対して支払うお金です。敷金は退去時の原状回復費用や家賃滞納時の埋め合わせなどのために貸主が預かるお金で、退去する際に必要分を除いた金額が借主に返金されます。一方、礼金は物件を貸してくれることへのお礼として支払うお金で、敷金と異なり返金はされません。敷金・礼金はどちらも家賃の1~2ヶ月分ほどが相場です。
  • 仲介手数料
    物件を紹介した不動産会社に対して契約成立時に支払うお金です。家賃の0.5~1ヶ月分を支払うことが多いようです。借主と貸主の双方に、合計して家賃1ヶ月分を請求できるため、半分ずつの場合や全額借主に請求される場合、あるいは貸主にすべて請求されて借主は支払わなくて良い場合などがあります。なお、支払う場合は消費税も請求される点に注意しましょう。
  • 火災保険料
    多くの賃貸物件で契約の条件として加入が求められます。保険料は物件の立地や構造などで異なりますが、1年で5,000~15,000円ほどが目安です。「火災保険」という名前ながら地震や水漏れなど火事以外の被害にも対応していることが多く、自分が被害を受けた場合以外に、被害を与えた側になったときのためにも保険に加入しておくと安心です。
  • 前家賃
    賃貸物件の家賃は多くの場合、前払い契約になっているため、契約と同時に翌月分の家賃を支払います。月の途中から入居する場合は、その月の残り日数分の家賃が追加されることが多いようです。契約によっては管理費や共益費などの物件メンテナンス費用が求められることもあり、必要な場合は前家賃とあわせて請求されます。
  • 鍵交換費用
    新居の鍵を最初に交換するための費用です。退去時に鍵は回収されますが、前の借主がひそかに合鍵を作って持っている場合もあるため、防犯上の観点から鍵交換をすることがおすすめです。なお、国土交通省は鍵交換の費用について、貸主が負担することが妥当であるとしていますが、実際には借主が負担する場合も多くあります。費用は鍵の種類で変わりますが、およそ1~3万円ほどです。

引越し費用

引越し業者を利用する際にかかる引越し費用は、引越し距離や時期、オプションサービスの数などで大きく変わります。具体的な内訳やそれぞれの費用などは見積もりの際に業者から説明を受けられるため必ず確認しておきましょう。以下では引越し費用を決定する主な要因と追加のオプションサービスについて解説します。

  • 引越し費用の決定要因
    引越し業者の利用料金は主に「基準運賃」と「実費」の2種類が占めます。基準運賃は国土交通省が定めた運賃の基準で、決定方法は時間制と距離制があります。引越し作業でかかる費用は多くが実費に含まれており、内訳は人件費やトラックの使用料、高速道路利用料金などです。引越し費用は同じ距離・荷物量でも引っ越す時期で大きく変わり、一般的に最も高くなる時期は3月中旬~4月上旬の繁忙期です。
  • オプションサービス
    引越し業者が各自で設けているオプションサービスを利用すると費用が追加されます。エアコンの移設工事や不用品の処分、荷物の梱包などさまざまなサービスがあり、便利な一方で出費が増えるため必要なものを的確に選択する必要があるでしょう。なお、オプション料金を無料で案内していても、実は基本料金に含まれているということがあるため注意が必要です。

家財道具の購入費

新居で使う家財道具の購入費用も必要です。まずは毎日必要になるものから購入すると良いでしょう。具体的には、寝具・冷蔵庫・洗濯機などに加えて照明器具やカーテンなども必要です。大まかな費用相場は以下のとおりです。

  • 寝具:1~3万円
  • 冷蔵庫:2~10万円程度
  • 洗濯機:2~4万円程度
  • 照明器具:1,000~2万円程度
  • カーテン:3,000~2万円程度

少ない引越し資金で引っ越す方法

引越しには多額のお金が必要ですが、引越し後の新生活を考えてなるべく節約したいと考える人も多いでしょう。引越し方法を工夫するとコストを抑えられて、当初の想定よりも少ない資金で引越しができるかもしれません。混雑して費用が上がるタイミングを避ける、荷物を減らすなどさまざまな工夫の仕方があります。ここでは具体的に引越しの費用を抑える方法を紹介します。

初期費用を減らす

物件契約時の初期費用を減らせば引越しの費用を抑えられます。敷金・礼金が安い、もしくは無料の物件や、多少駅から遠くても家賃が安い物件などを選ぶと費用の節約につながります。ただし、敷金が無料の物件を契約する場合は、退去時に原状回復の費用を支払う必要がある点に注意が必要です。不動産会社によっては仲介手数料が家賃0.5ヶ月分、あるいは無料の場合もあります。火災保険も補償内容を確認した上で費用がより安い保険に加入すると良いでしょう。

また、近年増加している「フリーレント物件」の活用も考えてみましょう。フリーレント物件は入居後一定期間分の家賃が無料になる物件で、しばらく住み続ければ費用を大きく節約できます。ただし、短期間で解約してしまうと違約金を請求されてむしろ割高になってしまう可能性がありますので、物件の立地や間取りなどをよく考えて選びましょう。

繁忙期を避ける

引越し需要が上がる繁忙期を避けるとコストを抑えられます。引越し業界は年度の境をまたぐ3月中旬~4月上旬に繁忙期を迎え、費用も非常に高くなります。引越し業者だけでなく、賃貸契約も年度末を控えた1~3月に契約数が増え初期費用が下がりづらくなるばかりか、さらに物件の競争率が上がります。

安く引っ越すには、可能な限り引越し業者と不動産会社の繁忙期を避けることが効果的です。特に11~1月にかけての年末は両業界ともに閑散期にあたり、安い費用での利用・契約が期待できます。また、閑散期は引越し業者や不動産会社も手が空いているため、より充実したサービスが受けられる可能性もあります。なるべくピーク避けて引っ越すことで満足度の高い引越しを実現できるかもしれません。

午前中以外に引っ越す

同じ日の引越しでも、時間帯を変えると費用に差が出てきます。

引越し作業には時間がかかるため、多くの人は朝からの引越しを希望します。しかし、引越し業者は一日に複数の引越しをこなすため、午前中の希望者ばかりになると効率良く移動できず午後に空き時間ができてしまいます。このような非効率な状況を緩和すべく、引越し業者は需要が高い午前中の費用を高くしてバランスをとっているのです。こういった事情から、利用者は午前中以外の引越し時間を選べば比較的安い費用で引越しできる可能性が高くなります。また、時間指定をしないフリー便であればさらに安く引っ越せますが、作業開始の時間帯が不安定になる点には注意しましょう。

引越し業者をよく選ぶ

依頼する引越し業者をよく吟味しましょう。多くの引越し業者が特徴の異なるお得なパック料金のプランを設定しているので、自分の引越しスタイルに合ったパックを利用すればより安く引っ越せるかもしれません。業者によっては時期ごとの費用の目安がわかる表を公開していることがあるため、インターネットなどで調べて参考にしましょう。

多くの場合、中小業者は管轄地域内の比較的近距離の引越しに特化しています。そのため、近距離の引越しであれば大手業者よりも安価に同等以上のサービスが期待できる可能性があります。一方、長距離の引越しでは全国規模で展開している大手業者が優位とされています。サービスや万一の補償が充実しており、さらに人員・設備が多く比較的予約をとりやすいためです。

荷物の量を減らす

荷物が少なければ少人数・小型トラックで引っ越せるため、引越しの際のコストが減り、費用の節約に繋がります。一方、荷物が増えると引越し業者が用意する人員の数やトラックの大きさが変わり、費用が上がります。

荷物量は業者に見積もりしてもらうことで確認できるので、見積もりを依頼する前に不用品の処分をしておくと良いでしょう。粗大ごみに出す、リサイクルショップに回収してもらうなど、不用品の処分にはさまざまな方法がありますが、オークションサイトで売却できればいくらかのお金が手に入り、差し引きでさらに引越しコストを下げられます。荷物を減らせば荷造りや引越し当日の運搬も楽になるため、引越しを良い機会と考えて家にあるものを整理しましょう。

まとめ

今回は、引越し費用の内訳や引越し費用を抑えるための方法について紹介しました。引越し費用にはどのような項目があり、どのような理由で費用がかかっているのか知ることで、自分に必要なサービスを取捨選択することができます。引越しが決まったら、ここで紹介した項目に注意して、費用の概算をとってみましょう。