引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

引越し料金・費用相場特集

引越し料金・費用相場特集

引越し費用・料金相場

引越しにかかる費用はさまざまな条件に応じて大きく変わります。引越し時期によって繁忙期になれば引越し費用は大きく上がり、また同じ時期でも曜日や時間帯による影響もあります。引越し業者の人数や移動距離、家の間取りなども関わってくるため、引越し費用の目安を知りたければ、自分がどのような条件での引越しを希望するかよく検討して調べておく必要があるでしょう。また、なるべく安く引っ越したいなら、引越し費用を決める要素や費用を抑えるためのコツなども理解しておくことをおすすめします。

この記事では、引越し業者の費用をはじめとする各種引越し費用の相場を紹介したうえで、安く引っ越すコツについても解説します。

時期別の引越し費用相場

引越しの需要は1年を通して安定して発生するのではなく、卒業・入学・就職などが集中する年度境の3~4月に特に大きく増加します。他の各種サービスと同じように需要が多くなればなるほど費用は高くなる傾向にあるため、引越し需要が増える繁忙期とそれ以外にあたる通常期、なかでも需要の少ない閑散期とでは引越しにかかるコストが大きく変わってきます。引越しすることが決まったら、引越しに必要な予算をより正確に把握し余裕を持って準備できるように、現在自分が引越しを予定している時期ではどれくらいの引越し費用が相場なのか把握しておきましょう。以下では繁忙期と通常期にわけて、それぞれにおける引越し費用の相場と傾向を解説します。

繁忙期の引越し費用相場

繁忙期相場

繁忙期の引越しは、需要の増加に伴い引越し費用が大きく上がる傾向にあります。引越し業者によって費用の設定は異なりますが、通常期に行う同距離・同人数の引越しと比べると、多くの業者で繁忙期にはおよそ1.5~2倍の費用を支払う必要があるようです。また傾向として、引越し世帯人数が増えるほど引越し距離に応じた費用の増え方が大きくなります。

ただし、業者間やプラン間における差分が通常期より大きくなるのも特徴で、繁忙期では2倍以上の差がつくことも珍しくありません。そのため、概して割高となる繁忙期の引越しであっても、業者やプランを上手く選べばある程度コストの増え幅を抑えることが可能です。ただし通常期と比べると費用が割高であることには変わりないため、大前提として繁忙期に引っ越す場合はある程度お金に余裕を持つ必要があると理解しておきましょう。

通常期の引越し費用相場

通常期相場

上述した繁忙期を除く通常期は多くの業者で引越し費用が安く設定されています。近距離かつ単身者の引越しであれば、業者やプランによっては3万円を下回る費用が設定されていることもあるようです。4~5人家族が遠距離に引っ越す場合でも、業者やプランを選べば10万円以下で引っ越すことも可能です。
なお、通常期の引越し費用は繁忙期に比べると業者・プランによる違いがあまり大きくありません。安いものと高いものとを比べると差分は1.5倍程度にとどまるうえに、通常期の最高値でも繁忙期の費用と比べれば安価となっています。そのため、コストの差よりもサービスの質や担当者との相性、オプションの充実度など他の要素を重視して選択すると良いでしょう。ただし、あまりにもコストを軽視し過ぎたり費用の安さからオプションを追加しすぎたりすると、結果的に引越し費用が繁忙期並みの費用に膨れ上がってしまうこともあります。引越しはそもそもお金のかかるイベントであるため、通常期であってもコストパフォーマンスを意識して選択することが重要であると念頭に置いておきましょう。

単身(一人暮らし)・家族の引越しの総額費用相場

引越しにかかる総額費用(単身・家族別)

※通常期(5~2月)に東京都内で単身者は家賃7万円、家族世帯は家賃10万円の住居に引っ越すと仮定しています
※相場はさまざまな要因で大きく変動いたします。あくまで目安として御覧ください。

引越しにかかる費用の総額は、前述したような引越し費用や新居の家賃などで決まります。通常期に都内で引っ越す場合は、おおむね単身者で40万円前後、4人家族で60万円前後です。

引越し費用の内訳としては、大きく「新居の契約費用」、「引越し業者への支払い費用」、「家財の購入費用」の3種類にわかれており、大体家賃の6ヶ月分が目安です。このうち引越し業者への支払い費用は引越し人数だけでなく距離によっても変動し、長距離の引越しでは引越し費用が大きく上昇する傾向にあります。
引越し費用内訳のうち、新居の契約費用についてもう少し細かく見ていきましょう。主な費用は以下のとおりです。

項目 単身 家族
敷金・礼金 140,000円 200,000円
仲介手数料 35,000円 50,000円
前家賃 70,000円 100,000円
火災保険料 10,000円 10,000円
鍵交換費用 15,000円 15,000円
保証会社利用料 35,000円 50,000円

※通常期(5~2月)に東京都内で単身者は家賃7万円、家族世帯は家賃10万円の住居に引っ越すと仮定しています。
※相場はさまざまな要因で大きく変動いたします。あくまで目安として御覧ください。

  • 敷金・礼金
    敷金・礼金は、どちらも賃貸物件契約時に貸主に対して支払うお金です。敷金は退去時の原状回復費用として、礼金は当該物件に住まわせてもらうことへのお礼という意味合いで支払います。相場はいずれも家賃1~2ヶ月分ほどです。なお、敷金は退去時に支払うお金をあらかじめ払っているという扱いであるため、退去時に実際にかかった原状回復費用より敷金として払った額の方が多ければ差額分が貸主から返金されます。また、西日本では敷金の代わりに「保証金」を払う場合もあります。意味合いは敷金とほぼ同じですが、保証金の場合は原状回復後に残額があっても返金されないことがあるようです。
  • 仲介手数料
    仲介手数料は、賃貸物件の契約時に不動産会社に対して支払うお金です。不動産会社は物件の情報を提供して顧客が物件を契約できるようにサポートしてくれるため、入居の契約が成立したあかつきには仲介手数料を支払います。なお、契約が成立した時点で支払を行うため、不動産会社に相談をしたり実際に物件を見に行ったりしたとしても、最終的に契約が成立しなかった場合には手数料を支払う必要はありません。
    仲介手数料は不動産会社によって異なりますが、法律上の上限としては家賃の1ヶ月分と消費税の合計額です。原則的には1ヶ月分でなく借主と貸主がそれぞれ半月分を支払いますが、現実には1ヶ月分すべてを借主に請求する例も少なくありません。
  • 前家賃
    前家賃は、賃貸物件を契約した月と翌月の家賃を合わせた賃貸契約の初期費用です。家賃は先払い方式であることが多いため、物件を契約したら先んじて翌月の家賃を支払う必要があります。月の途中から入居する場合は家賃を日割りで支払うことになりますが、物件や不動産会社によっては翌々月分の家賃まで初期費用として支払う必要があるため、実際に契約する前に契約物件のルールを確認しておきましょう。なお、前家賃を払っている場合は退去した月の末に家賃を払う必要はありません。余剰分の家賃が返金されるかは物件により異なります。
  • 火災保険料
    火災保険への加入は任意ですが、現状多くの賃貸物件では契約の条件として火災保険への加入が求められます。賃貸物件の借主が加入する保険は、「家財保険」、「借家人賠償責任保険」、「個人賠償責任保険」という3種類を補償するものが中心です。保険に加入しないと、万が一火事を起こした場合に物件の原状復帰ができずに損害賠償の責任を負うことになる場合があります。また、賃貸物件の保険は近隣で起きた火事によって自分の家財道具が損害を負ったときの備えとしても有効です。なお、「火災」保険という名前ですが、プランによって災害や水漏れなど火事以外でも補償を受けられることもあります。
  • 鍵交換費用
    鍵交換費用は、入居と同時に鍵を交換するための費用です。新築の賃貸物件でない限り、多くの場合自分が契約する前は別の人が住んでいたことになります。そのため、前の住人が退去後も自由に出入りできるようにと事前に合鍵を作っていた可能性も捨てきれません。こういった事情から、万が一の場合の防犯対策として多くの不動産会社が鍵の交換を推奨しています。特に古いタイプの鍵はピッキングもされやすいため鍵交換を行った方が無難でしょう。なお、鍵交換は大家さんや不動産会社に許可を得て自分で行うことも可能です。
  • 保証会社利用料
    場合によっては、家賃の支払いを保証してくれる会社の利用料金も発生します。基本的に、賃貸物件の契約者が家賃を支払えない場合は連帯保証人が代理として家賃を払います。連帯保証人を引き受けてくれる人物がいない場合に、親族などの代わりに保証人を頼めるのが家賃保証会社です。契約者が何らかの理由で家賃を滞納したときには、保証会社が家賃を立て替えてあとから契約者に請求することになります。保証会社を利用するためには利用料金として保証料が必要です。保証料の金額は物件の家賃によって異なりますが、家賃の30%程度のものもあれば100%求められる場合もあります。

曜日・時間帯別の引越し費用相場

引越しの費用はいつ引っ越すかにより大きく異なります。時期だけでなく曜日や時間帯によっても差があり、同じ時期であっても日時を調整すれば出費を抑えられることもあります。具体的には平日の午後ならば高い確率で安く引っ越せますが、予定が不確実になる点やその他の予定に影響が出る可能性がある点などに注意が必要です。コストやリスクを総合的に考慮して、自分にとって最適なタイミングを選びましょう。以下では曜日・時間帯別に引越し費用の相場について詳しく解説します。

平日・土日・祝日の引越し費用相場

通常期の平日・土日・祝日別の引越し費用相場の表

繁忙期の平日・土日・祝日別の引越し費用相場の表

引越し費用の相場は平日と土日・祝日とで違いがあります。引っ越す人数・距離・時期を問わず平日の方が安い傾向にあり、土日と祝日の間にはほぼ差がありません。引越し作業は手間・労力・時間のかかる一大イベントのため、1日の大半を引越し作業のために使える休日に引越し需要が高まります。多くの人にとって平日は仕事や学業などの用事があり、引越し作業に割く時間を十分に確保できないのです。

ただし、平日と土日・祝日の費用差はおよそ1.1倍と時期に比べると大きな違いではありません。他の予定を調整してでも安さを追求して平日に引っ越すか、あるいは少々費用を割り増しして休日に落ち着いて引っ越すか、自分の希望する引越しのスタイルをイメージして適したタイミングを選びましょう。

時間帯別の引越し費用相場

■通常期(5~2月)

単身 家族(4人家族)
午前
(8時~11時)
39,572円 93,002円
午後・夜
(12時~20時)
29,572円 68,002円

■繁忙期(3~4月)

単身 家族(4人家族)
午前
(8時~11時)
47,686円 147,404円
午後・夜
(12時~20時)
37,686円 122,404円

※同一市内での引越し(~15km)と仮定した場合の費用を算出しています。

引越し費用は引っ越す時間帯によっても異なります。基本的に午前中は費用が高くなり、逆に午後や夜には安くなります。差額は通常期・繁忙期を問わず、単身者では1万円、家族では2~3万円ほどです。

午前中の費用が高い傾向にある理由の一つは、多くの人が引越し作業を早く終わらせたいと考えるためです。引越し作業は時間がかかるため、特段の事情がなければ多くの人ができるだけ早くから作業を始めて引越し作業完了後も余裕を持ちたいと思うでしょう。午前中からとりかかって早めに作業を終えられれば、午後に買い出しをする余裕も生まれます。

もう一つの理由として、午後は作業開始の時間が読めないことがある、という点が挙げられます。引越し当日にやるべき多くの工程をテンポ良くこなすためには、引越し作業の開始時間帯が定まっていた方が好都合でしょう。しかし、多くの引越し業者では午前中から始まる1件目の引越し案件が終わってから同じスタッフが午後の依頼を進めに向かいます。そのため、午前の依頼に時間がかかるとその分午後の依頼の開始が後ろ倒しになる場合があります。

移動距離ごとの引越し費用相場

引越しには隣近所から遠くの地方までさまざまな距離の移動をするパターンがあります。一般的に、遠くに引っ越す場合は引越しの費用も高くなるので、遠方への引越しでは資金を多めに用意しておきましょう。また、引越し費用を決める要素は移動距離だけではありません。例えば、引っ越す人数や家の間取りによっても費用は変動します。人数が多い、あるいは部屋数が多いとその分荷物が増えやすく、多くの作業員が必要になり費用増加に繋がるのです。そのため、家族の人数が多かったり家が広かったりする場合は、遠方への引越しと同じように余裕を持った資金準備が必要です。以下では移動距離や人数、間取りに応じた引越し費用の相場を紹介します。

移動距離×人数

■通常期(5~2月)

人数通常期

■繁忙期(3~4月)

人数繁忙期

引越し費用は移動する距離と引っ越す人数に応じて変動する傾向にあります。移動距離が長くなると、高速代や燃料費がかかるほか、運転の交代要員で人件費が増えることもあります。また、引っ越す人数が増えればそれに応じて荷物も増えるため、業者側も作業員を増やしたりトラックのサイズを大きくしたりして対応する必要があるのです。傾向として、費用の増加幅は同じ距離の場合だと単身者と2人、および3人と4人の間で大きくなっています。これは作業員の人数が2人から3人、および4人から5人に増加して対応することが多いタイミングで、トラックも大きなものが必要になり大きくコストが上昇するといった事情です。

もう一つの費用変動理由として、引越し距離によって運賃の決定方法が変わる点も挙げられます。移動距離が100kmを超えると決定方法が時間制から距離制に切り替わり、以降は引越し距離が伸びるほど費用も上昇します。

なお、繁忙期は通常期の2倍前後の費用がかかります。例えば繁忙期に5人で500km以上の距離を引っ越すと、引越し費用だけでも場合によっては30万円近くかかることもあるため注意しましょう。

移動距離×間取り

■通常期(5~2月)

間取り通常期

■繁忙期(3~4月)

間取り通常期

引越し費用には引っ越す距離だけでなく家の間取りも関係します。部屋数の多い家は基本的に家自体が広いため、その分荷物の総量が多い傾向にあります。荷物が多いと引越し業者の作業員も多く必要になったり、より大きいトラックを使用する必要があったりするため、その分費用が高くなるのです。

具体的には、単身者向けのワンルーム・1K・1DKと二人暮らしに適した1LDK・2K・2DKの間である程度の費用差が見られます。単身者の引越しは基本的に荷物が少なく、また単身者向けの格安プランを展開している引越し業者も少なくないため、費用が上がりづらい傾向にあるのです。一方、二人暮らしの荷物量は基本的に単身者より増えるため、多くの荷物を運ぶために業者側はより大きなトラックや追加の作業員を手配する必要があり、それに応じて費用が上がります。

引越し費用が決まる仕組み

引越し費用が決まる仕組み

引越し費用は様々な要素によって決まります。引越し業者の利用料金は基準運賃や実費などの要素にわかれており、荷物を運んだ距離や時間、必要になったさまざまな経費などで決定されます。また、引越し需要が増える時期には必要な費用が増えるため、自分の引越し内容や時期などを考えて、特に費用が高くなると予想される場合は後悔のないようによく検討しておきましょう。ここでは引越し費用を決定する仕組みについて詳しく解説します。

引越し費用の構成要素

引越し業者の利用料金はさまざまな要素で構成されます。主な要素は以下の3種類のいずれかに分類されており、基本的には3種類の合計金額が引越し費用です。引越し費用は見積もり時に引越し業者の営業担当者と交渉して決めることが多いため、引越し費用を構成する要素を知っておくと交渉で費用を安くできる可能性が高まるでしょう。

  • 基準運賃
    基準運賃は、時間制と距離制の2種類に分かれており、それぞれ荷物を運んだ時間と距離に応じて運賃が定められます。時間制は100km以内の運搬で適用され、さらに4時間制と8時間制、およびそれを超える場合には1時間ごとに超過費用が加算されます。運搬時間が4時間を超えたら8時間制、8時間を越えたら8時間以上というように、規定時間を超過するごとに次の段階に進み、都度費用が増える仕組みです。一方、距離制は100kmを超える場合に適用され、運搬距離が伸びるほど費用も増えていきます。基準運賃は国土交通省により基準が定められているため、どの引越し業者でもあまり大きな差は生まれません。
  • 実費
    引越し作業にかかる費用の多くが実費にあたります。引越し作業員の人件費や運搬に用いるトラック代、梱包資材費用などその種類は多岐に渡り、高速道路の利用料も該当します。人件費やトラック代は荷物の量に応じて設定されるため、大荷物の場合は大人数で大型のトラックに載せる必要があり人件費とトラック代が増えます。
    実費は基準運賃と異なり法的な規制がありません。そのため、実費の金額は引越し業者や見積もり結果などで大きく変動します。業者の選択や荷物量の削減などを念入りに行えば、この実費を減らして引越し費用の節約に繋げることも可能です。
  • 付帯サービス料
    その他、引越し費用には引越し業者が設定している各種サービスの利用料金が含まれます。繁忙期や土日などの割増料金やエアコンの取り付け、荷造り、消毒など、業者ごとにさまざまなサービスが用意されています。例えば大きなベッドなどをベランダから搬出入した場合の追加料金も付帯サービス料の一部です。引越しのコストを下げたい場合は、利用するオプションをできるだけ減らすことでこの付帯サービス料を減らせます。なお、急な時間変更の希望や、高層階に住んでいる場合は物件のエレベーターの有無によってもサービス料が変わるため注意が必要です。

繁忙期はなぜ・どれほど高くなる?

前述のとおり、例年3~4月にかけて引越し業界は繁忙期を迎えます。繁忙期の引越し費用は通常期と比べて1.5~2倍ほど高くなり、同時に引越し業者の利用者が増えるため希望日に依頼がしづらくなります。

引越し業界が3~4月に繁忙期を迎える理由は、年度の境目にあたり多くの人が引っ越すためです。引越し需要が大きく増えるため、業者は費用を高く設定しても多数の依頼を見込めるのです。また、費用の増額は業者の人件費が増えるためという事情もあります。多数の引越し依頼が殺到する繁忙期では、多くの業者が元々の作業員に加えてアルバイトを雇います。そのため繁忙期にはアルバイト分の人件費が増えて、費用の増加に繋がるといった仕組みです。

引越し費用を安く抑えるためには?

引越しには相応の額のお金がかかります。新居で環境が変わるとさらに出費がかさみやすいため、引越し後の新生活に備えて少しでも安く引っ越したいと多くの人が考えるでしょう。引越し費用を抑えるためにはさまざまな手段が考えられますが、特に以下のような工夫が有効でしょう。一つに限らず可能な限り組み合わせて実践すれば、コストパフォーマンスに優れた引越しを実現できるかもしれません。

  • 繁忙期を避ける
    安く引っ越す基本的かつ効果の大きい方法として、費用が高くなる繁忙期を避けることが挙げられます。繁忙期は費用が高いだけでなく業者への依頼が殺到して申し込みづらくなるデメリットもあるため、可能な限り繁忙期以外の時期に引っ越すと安くてスムーズな引越しが実現可能です。なかでも11~1月は閑散期にあたり、その他の通常期以上に予約が取りやすくなります。また、依頼者が少ない時期は業者からのより丁寧なサービスを期待しやすいという点もメリットでしょう。ただし、閑散期の引越しを考える場合、引越し業者によってはサービスの提供を一時的に停止している可能性があるため事前に確認しましょう。
  • 平日の午後を狙う
    引っ越す日時を選ぶことも引越し費用の節約に効果的です。引越しの需要は土日・祝日や午前中に集中する傾向にあるため、こういった混雑するタイミングから外れている平日午後を狙えば費用が下がることがあります。また、時間帯をこちらから指定せず業者の都合に合わせる「フリー便」であれば、さらに安く引っ越せます。
    日時を工夫する場合は、引越し作業の開始・終了時間帯が定まらないという点に留意しましょう。引越し作業は荷物運搬の遅れや道路の渋滞などで所要時間が大きく伸びることも珍しくないため、自分の前の依頼によっては遅い時間帯から引越しが始まる可能性があります。
  • 荷物を減らす
    引越し業者への見積もり依頼前に、あらかじめ荷物を整理して減らしておくと費用を安く抑えられます。前述のとおり引越し業者は荷物の量に応じて使用するトラックの大きさや参加する作業員の人数を決めており、荷物が少ないと小さなトラックや少数の作業員で引っ越せると判断します。結果としてガソリン代や人件費などが抑えられて費用も安く済むのです。また、荷物が整理され少なくなっていれば、新居での荷ほどきが楽になるというメリットもあります。引越しはいわゆる「断捨離」の絶好の機会なので、コストを抑えるためにも不要なものを捨てる、売る、譲るなどして身辺をすっきりさせてから引越しに臨みましょう。なお、荷物を減らすときは残すものの総量を決めておくと実行に移しやすくなります。
  • 自分で荷造りする
    多くの場合、荷造りのサービスはオプションに含まれています。しかし、当然ですがオプションを利用すれば引越し費用は高くなります。コストを削減したいと思うのならば、引越し業者に頼まず自分で荷造りを行うことを検討しましょう。自分で荷造りをすれば梱包後のダンボールごとの中身がわかりやすく、新居での生活をスムーズに始められるという利点もあります。
    荷造りの際には、箱の中身や「割れもの」、「すぐ使うもの」などの注意事項を箱の側面や上面に書いておきましょう。なるべく同じ部屋の荷物をまとめて梱包し、玄関より遠くの部屋から作業を進めていくと、荷物の場所がわかりやすく箱も邪魔になりません。
  • 距離により業者を選ぶ
    引っ越す距離によって引越し業者の規模を選ぶと、場合によっては費用を抑えることが可能です。引越し業者は全国展開している大手業者と特定地域に密着している中小業者に分かれており、同一地方内など比較的近距離の引越しであれば中小業者の方が安く引っ越せる場合があります。
    一方、長距離引越しでは大手業者が優勢です。大手の引越し業者は全国各地に拠点を設けており、どこであっても配送ネットワークが確立されています。また、大手の多くは定期便として常に長距離の荷物を扱っているため、長距離便が値上がりしづらいといった特長があります。引っ越す距離に応じて、柔軟に業者の選択肢を広げてみましょう。