引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

台所に立つ女性とキッチン家電

引越しでは荷造りも大変ですが、新居で使う家電選びも悩ましいものです。失敗なく必要な家電をそろえて快適に新生活をスタートさせたいですよね。そこでこの記事では、引越し後に必要な家電リストをまとめました。利便性の高い家電もピックアップしたので、新しい生活を始める参考にしてください。

引越しで家電を買う前のポイント

新居で使う家電を買う前に、特に内見の時点で意識すべきポイントがあります。具体的には、家電設置用のスペースがある場所を確認すること、および各部屋の中で家電を置いた状態のイメージをしておくことです。また、実際に置けるか、置いたときに何らかの支障が出ないか確認するためのサイズ測定も欠かせません。せっかく新しい家電を買ったのに置くスペースがなかった、使いやすい場所に置けなかった、置いてみたら部屋に合わなかった、ということにならないよう、内見をするときから後々まで意識して考えましょう。

設置スペースがどこにあるか確認する

家電を買う前に、各家電を置くためのスペースがどこにあるかを確認しておきましょう。冷蔵庫や洗濯機など大型の家電は特に、専用の家電置き場が多くの物件に用意されています。冷蔵庫は台所脇、洗濯機は洗面所や玄関脇など、家電置き場がある場所はある程度決まっています。家電を置くためのスペースがあるか、自分にとって使いやすい場所かの確認を内見の時点で行うことは大切です。

家電を置くイメージをする

物件を内見する際には、部屋のどこに何を置くかイメージしながら見て回ると効果的です。家の中に置ける家電の数や大きさ、それぞれの配置などをある程度考えられるため、入居前の準備がしやすくなります。家具の配置とあわせて考えて、家電をうまく置ける場所や使いやすい場所、周りの雰囲気に合っている場所などを考慮しておきましょう。実際に置いてから決めるよりも、あらかじめ考える方が後々苦労しづらくなります。

設置場所のサイズを測る

家電配置のイメージをするときは、各家電を目当ての場所に設置できるか測っておく必要があります。詳細なサイズがわからないと、入居後にスペース不足で目当ての家電を置けなかったり、はみ出し過ぎて邪魔になったりする可能性があります。扉やクローゼットなどの開閉に支障が出ないか、大型家電は運搬時に扉や廊下などにぶつからないかなどの点も考慮しておきましょう。また、サイズを測るために、内見では巻き尺を持参すると便利です。

引越し後に最低限必要な家電リスト

引越しの際には出費が多く、家電をあれこれとそろえる余裕がない場合があります。基本的には少しずつほしい家電を買いそろえていくことになりますが、家電の種類によってはなるべく早く用意すべきものもあります。特に、日常生活に欠かせない冷蔵庫や洗濯機、引越し初日から必要になる照明器具、使えないと時期によっては命にもかかわるエアコンなどは、可能であれば引越しと同時に使えるようにするべきでしょう。

冷蔵庫

冷蔵庫は飲食物を保存するために欠かせない道具です。自宅で料理をする人にとってはもちろん、普段料理をしない人にとっても、飲み物や氷、食べ残した総菜などの保存のために冷蔵庫が必要です。特に夏場は食品が腐りやすいため、冷蔵庫がないと衛生面でも悪影響が出てくる可能性があるでしょう。頻繁に料理をする場合は、たくさんの食品を保存できる大きな冷蔵庫を用意することがおすすめです。一方で、料理のために食品をたくさん買い込む機会が少ない場合は、小さな冷蔵庫を用意しておくと良いでしょう。

洗濯機

日常生活で必ず発生する洗濯物を洗うために洗濯機も必要です。手洗いは手間と時間がかかりますし、コインランドリーが近くにあるとしても、使えば使うだけお金がかかります。

賃貸物件では洗濯機を置ける場所と大きさが決まっていることが多くあります。そのため、大型になりやすく蛇口の配置も特殊なことが多いドラム式よりも、一般的な縦型の洗濯機がおすすめです。

照明器具

重要ながら調達を忘れやすい道具として照明器具が挙げられます。トイレや浴室などにはあらかじめ設置されている一方で、リビングに備え付けられていないことがあるため、事前に必要かどうかを確認したうえで調達しましょう。机に置く卓上スタンドなども必要であれば用意します。

照明に取り付ける電球の種類は主に3種類あります。新しく用意する場合は、明るさと電気代の安さに優れているLED電球をおすすめします。

エアコン

夏や冬に気候が変わっても、エアコンがあれば快適に過ごせます。特に近年の夏は非常に厳しい暑さになることが多く、エアコンがないと家の中で熱中症になる恐れがあります。賃貸物件では最初から設置されている場合もありますが、設置されていなければなるべく早く用意すべきでしょう。エアコンは比較的長期間使用することが多いため、自分で設置する場合は電気代を節約できるモデルを選ぶとお得です。

引越し後にあると便利な家電リスト

世の中には非常に多くの家電があり、さまざまな形で生活の助けになります。あれもこれもと一度にそろえることはできなくとも、特に便利な家電を少しずつ買いそろえることは日常の楽しみにもなるでしょう。しかし、自分にとって不要なものを買ってしまうとお金や家のスペースを無駄にします。便利な家電にはどのようなものがあるか、自分に必要なものかを考えて購入しましょう。

掃除機

家の広さによっては掃除機があると便利です。一人暮らし用のあまり広くない家であればモップやホウキなどを使う方が手早く掃除できますが、部屋が複数ある家では掃除機の利点が大きくなります。掃除用具を選ぶ際には、床材の種類も踏まえて検討するのが良いでしょう。例えばカーペットを敷いている場合、手作業ではごみをとりづらいため、掃除機で手早くきれいにした方が快適です。

掃除機にはコードレス式やロボット式などさまざまなモデルがあります。吸引力や利便性など、自分が重視するものを考えて選びましょう。

電子レンジ

手軽に食品を温められる電子レンジも便利な道具です。料理する場合には食材の下ごしらえや冷凍保存していた残り物の温め直しに役立ち、料理しない場合でも総菜やレトルト食品などを温めるのに便利です。特に一人暮らし用の物件ではガスコンロの数が少ないことが多いため、複数の調理を並行して進めるのに電子レンジが活躍するでしょう。1台でトースターの機能も持っているオーブンレンジを選ぶとさらにお得です。

炊飯器

炊飯器があるとご飯を簡単に炊けます。また、近年ではご飯だけでなく、ピラフやスープなど、炊飯器でさまざまな料理を作る方法も編み出されており、自分で料理したい人や食費を節約したい人には欠かせないといえるでしょう。一方で炊飯器は、あまり料理せずご飯もパック入りのもので済ませる人にとっては不要な家電でもあります。購入後に使わず無駄にならないように、自分が炊飯器をどれくらい使うか考えておきましょう。

空気清浄機

空気清浄機は特に花粉症の人にとって重要度の高い家電です。家の中に花粉が舞っていると心身ともに休まらないため、花粉がない空気を作り出すことが大切になります。また、花粉だけでなくホコリや悪臭なども除去してくれるため健康を維持するために役立ちます。一方、空気清浄機は花粉症でない人にとっては必要性が低いため、引っ越してすぐの購入は控えて必要と感じたときに買うと良いでしょう。購入する際は家の広さに合わせてモデルを選ぶ必要があります。

パソコン

パソコンはブラウジングや書類作成などさまざまな用途がありますが、使用頻度が人によって大きく異なる道具でもあります。仕事でパソコンを使っている人や趣味に使用している人などには欠かせない道具であり、逆にパソコンの使用機会がない人にとっては買う意味がありません。パソコンは基本的に高価な家電のため、買う前には「本当に必要か」、「どのような用途で使うつもりか」などをよく考えましょう。

サーキュレーター

サーキュレーターとは、ファンで扇風機のように風を送って室内の空気を循環させる機械です。空気を循環させることでエアコンや空気清浄機などの効率を向上できます。多くのものが扇風機より小さいため邪魔になりづらく、暖房とも併用できるため一年中使えます。エアコンをより早く効かせたい場合や空気清浄機を使用する場合に効果的です。また、洗濯物の部屋干しの際には室内に風通しの良い場所を作ることができます。女性の一人暮らしなど、洗濯物を外に干したくない場合は購入を検討してみるのもよいかもしれません。反対に、洗濯物を外に干せる人や、部屋が狭く冷暖房の効きが良い場合などは購入の必要性は低いでしょう。

荷物の過少申告には気を付けよう

どこにどの家電を置くか決まったら、いざ引越しです。ここで、あらかじめ引越し業者に申告した荷物の量と実際に運搬する荷物の量で差がないように気を付けましょう。特に引越しをきっかけに新しい家電を買うときは要注意です。というのも、「買い替えのために古い家電を粗大ごみなどで処分しようとしていたものの、処分の申請が間に合わず引越し当日まで古い家電が残ってしまい、運搬しなければならなくなった」というケースは少なからず起こっているためです。申請していた荷物量よりも実際の量が多い場合、追加料金を支払わなければならないことや、荷物を運んでもらえないことがあるなど、トラブルに繋がる可能性があります。特にWebサイトや電話を利用して自分で荷物の量を申告する場合に起こりやすいため、荷物の数を複数回数える、古い家電を処分できる日や処分申請の方法を十分に確認するなどの対策を必ず行いましょう。また、もし荷物が増えてしまいそうなときはなるべく早く引越し業者に連絡する必要があります。

まとめ

今回の記事では、引越し後にほぼ必須、あるいは持っていると便利な家電、家電購入前に意識すべきポイント、そして家電を買い替える際の荷物量変化にともなう問題について解説してきました。照明器具や冷蔵庫、洗濯機などの必須の家電についてはどのサイズ・スペックのものを買うべきか、その他のあると便利な家電についてはどの家電が自分にとって必要か、自分の家や生活スタイル、体質などを考えて必要か否かを判断してから買うようにしましょう。また、家電を買う前に、内見の段階からどの家電をどこに置くか考えて寸法も測定しておくこと、引越しの際に古い家電の処分日や処分方法を十分に確認することも、家電の買い替えにあたって重要です。

引越しは生活環境が大きく変わる機会であり、家電も同様に生活の内容を変えてくれます。処分方法や設置場所などに気を付けつつ、新しい家と家電で豊かな新生活を迎えてはいかがでしょうか。