引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

お風呂掃除
  • 退去時に部屋の掃除をしてきれいにする「原状回復」をすることが一般的。
  • 原状回復をすることで、敷金の返還額が変わることも。
  • 新居の掃除も、埃を取り除いたり家の状態をチェックしたりするために必要。

引越しの際には現在住んでいる家だけでなく、新居も掃除しましょう。

基本的には業者が掃除をしてくれますが、その前段階として、またその後の作業として自分で直接掃除をするのがおすすめです。

この記事では、引越し時に掃除が必要な理由や引越し前の掃除箇所、入居前の掃除ポイントについて解説します。

心を込めて掃除をして、気持ちの良い引越しをしましょう。

引越し時に掃除が必要な理由

引越し時にはマナーとして現在住んでいる家の最低限の掃除を行いましょう。

また、マナーだからという理由だけでなく、借りた側には退去時に原状回復義務があり、また一定以上のクリーニング代を敷金から引かれないためにも掃除は必要です。

一方、新居の掃除は、空室期間に溜まった埃を綺麗に取り除いたり家の状態をチェックしたりするのを目的として行います。

引越し前

引越し前に現在住んでいる家の掃除が必要なのは、借りた人に「原状回復義務」があるからです。

原状回復義務とは、借りた人が常識を超えた範囲で物件を傷めてしまった、あるいは汚してしまった場合に修繕費用を負担する という国土交通省のガイドラインに基づく義務です。

経年劣化や普通の暮らしを送るうえで汚れてくる部分は費用負担の対象ではありません。同様に、畳の日焼けや家電の設置による黒ずみも対象外とみなされます。

原状回復は物件を住む前の完璧な状態に戻すことを意味するものではありませんが、できる範囲の掃除をする必要があります。

具体的には、ガスコンロ周辺の油汚れや浴室の水垢・カビなどは掃除しましょう。

また、日常的に手入れが不足しているとクリーニング費用が多く発生してしまう可能性があります。

クリーニング費用は入居時に支払った敷金から支払われるため、敷金を返金してもらうためにも、掃除できる部分や汚れが目立つ部分はできるだけ綺麗にしておきましょう。

入居前

新居がクリーニング済みの場合、掃除する必要はないと感じるかもしれません。

しかし、入居する直前まで毎日クリーニングされているわけではないため、意外と埃が溜まっていることがあります。

家具や家電を置いたら結構汚れていた、ということを避けるために、綺麗に見えたとしても事前にできるだけ掃除しましょう。

引越し先の掃除は家を綺麗にすることはもちろん、キズやトラブルの把握、カーテンのサイズや照明器具の状態を確認するのも目的 です。

入居前にキズやトラブルを発見したら、大家さんや管理会社にあらかじめ報告することで、次に引越しをする際に敷金から一定以上のクリーニング代を引かれたり、原状回復を命じられたりするといったリスクを避けられます。

また、引越し当日にカーテンや電気が使えないと生活に支障をきたすため、カーテンは旧居のものを再利用できるサイズか、電気がつくか、なども必ず確認しておきましょう。

引越し前の新居の掃除に必要な道具

掃除をするためには沢山の道具が必要になります。購入できる場所もそれぞれですので事前に道具をそろえておきましょう。

項目詳細
全般・ぞうきん
・バケツ
・ほうき・ちりとり
・掃除機
・はたき
・室内用洗剤
・フローリング用ウェットシート
・乾拭き用ウェットシート
害虫対策グッズ
・マスク
・軍手
キッチン・タワシ
・油汚れ用洗剤
浴室・浴室清掃用スポンジ
・排水溝用洗剤
・カビ取り洗剤
・浴室用洗剤
トイレ・トイレ掃除用ウェットシート
・トイレ用洗剤

引越し前の新居の掃除のコツ

広いお部屋をどこから掃除するか悩まれる方もいると思います。効率的に掃除をするために、以下では掃除のコツを説明していきます。

まずは、引越しの大まかな順書から紹介していきます。

掃除の大まかな順序

  1. 換気をする
  2. 天井・壁を拭く
  3. 窓を拭く
  4. 照明器具等のホコリを落とす
  5. 床を掃除する
  6. 害虫対策をする

1.換気をする

天候の良い日を選んで長時間かけてしっかり換気をしましょう。

また、今後家具や家電を置くことを考慮して、カビを防ぐためにも湿気はできるだけ少なくしておくのがポイントです。

2.天井・壁を拭く

家庭用お掃除ワイパーやフローリングモップを使用すると簡単に綺麗にできます。

特に、喫煙している方は、壁紙が黄ばんでいる可能性があるためできる限り綺麗にしましょう。目立つ汚れがない、あるいはあまり余裕がない場合は、ハンディモップで軽く埃を落とすだけでも壁紙が明るくなり清潔な印象を与えられます。

また、カーテンレールも忘れずに掃除しましょう。

3.窓を拭く

窓は水で濡らした新聞紙で拭くと手垢やタバコのヤニを落とせます。

時間に余裕があれば水拭き用と乾拭き用の雑巾を用意し、窓用の洗剤をスプレーして軽く水拭きした後に乾拭きをしましょう。

結露によるサッシのカビは塩素系の漂白剤を使います。

漂白剤をスプレーしてラップで薬剤を浸透させ、最後はいらない布で水拭きします。水拭きする際に隙間に入り込んだ埃も取り除くのがポイントです。

漂白剤は匂いがきついので窓を開けて十分に換気しましょう。

4.照明器具等のホコリを落とす

照明器具やエアコンの上にはホコリが溜まっています。

はたきやモップを使用すること簡単にホコリを落とすことができます。

5.床を掃除する

床は目立つ汚れがなければ掃除機をかけるだけで問題ありません。時間に余裕があれば水拭きや乾拭きをすると良いでしょう。家庭用のお掃除ワイパーを活用するのもおすすめです。

家具や家電が置いてあったところは特に埃が溜まっている可能性が高く、また床に汚れがついている場合もあるため念入りに掃除します。

引越し後に大家さんや清掃業者の方が物件を見に来ることも考慮して、掃除が終わったあとも髪の毛や埃が落ちていたり、汚れが残っていたりしないかもう一度確認しましょう。

少なくとも他の人が見て不快に感じない程度に綺麗にするのがマナーです。

6.害虫対策をする

煙を使う市販の害虫剤で害虫対策をしておくことをおすすめします。

物が少ないうちに済ませておけば、家具や家電が汚れる心配をせずに害虫を駆除できるからです。換気をしながら実施しましょう。

場所別の掃除のコツ

水まわり

清潔な空間で気持ち良く生活を始めるためにも、キッチンやトイレ、浴室などの水回りを掃除しておきます。トイレはウェットシートで埃を拭き取り、排水溝から匂いがする場合は排水溝用の洗剤を使用します。

浴室にカビが生えている場合は、市販のカビ用洗剤で対処しましょう。キッチンは固く絞った雑巾でコンロを、メラミンスポンジで流し台を掃除します。

洗面所の鏡はマイクロファイバーで、手を洗う場所は流し台と同様にメラミンスポンジで掃除するのがおすすめです。

水回りは掃除と並行して、水が出るか、水漏れはないか、きちんと流れるかを確認しましょう。浴室は浴槽や床にヒビがないかも確認する必要があります。

キッチン

ガスコンロや換気扇、レンジフード、流し台などを掃除します。頑固な油汚れは重曹を使うのがおすすめです。重曹を水に溶かしたものをキッチンペーパーに含ませ、汚れた部分に貼って10分程度放置しましょう。

重曹は100円ショップやドラッグストア、スーパーなどで購入できます。

液体クレンザーをかけてブラシでこする、油汚れ用の洗剤を使って拭き取る、などの方法も効果的です。

換気扇はファンやフィルターを取り外し、油汚れ用の洗剤を混ぜたお湯につけて汚れを浮かせた後に洗い流し、細かい汚れは不要になった歯ブラシで掃除します。

レンジフードの内部の汚れは、油汚れ用の洗剤を染み込ませたキッチンペーパーを貼り付けしばらく放置し、油が浮いたらキッチンペーパーで拭き取りましょう。

流し台はステンレス用クレンザーや市販の洗剤、重曹を水で溶いたものを使います。塩素系の漂白剤は変色の原因になり、目の粗い粉のクレンザーや研磨剤入りスポンジは流し台に傷がつくので避けましょう。

トイレ

便器の中の黒ずみがひどい場合は、黒ずみの上にトイレットペーパーを敷き詰め、トイレ用の酸性洗剤やクレンザーを振りかけてしばらく放置しましょう。

流した際に詰まらないように、トイレットペーパーの量は適宜調整してください。トイレットペーパーを流してブラシでこすると汚れが落ちやすくなります。

また、 酸性洗剤やクレンザーの代わりに重曹を水で溶かしたものを使用するのも効果的です。

壁や床も尿飛びや埃で汚れているため、ウェットシートで丁寧に拭きましょう。

浴室

浴室の壁や床の石けんカスや水垢は市販の洗剤で落とすことができます。ただし、浴槽は材質によって使用できる洗剤が異なることに加え、洗剤のなかには混ぜると危険なものもあるため説明書をよく読んでから使用しましょう。

浴室に鏡がある場合は、 水垢や「うろこ」を落とすために酢を利用するのがおすすめです。

頑固な汚れは酢を染み込ませたガーゼの上にラップを貼って少し置くと汚れが落ちやすくなります。酢の代わりにクエン酸も使用できます。

天井や壁、床のカビを取る際は、カビや洗剤が目や口に入らないようにゴーグルやマスクをしてカビ用洗剤を使用しましょう。排水溝の髪の毛も忘れずに取り除きます。

和室

畳を掃除する際は、傷がつかないようにゆっくりと力を入れずに掃除機をかけます。

より丁寧に掃除したい場合は、お茶の葉をかたくしぼったものを畳の上に撒いてほうきで履いた後に乾拭きすると良いでしょう。

掃除機や雑巾を使う際は畳の目に沿って掃除すること がポイントです。

日焼けした畳はまず掃除機をかけ、バケツに酢を薄めたお湯を使用しましょう。かたく絞った雑巾で拭いてから、最後に乾拭きもします。

エアコンや扇風機を使用して乾かしながら行うのがおすすめです。

畳にカビが生えている場合は中性洗剤を薄めて固く絞った雑巾で拭き取り、消毒用アルコールを布に染み込ませて軽く拭きます。乾かした後には掃除機をかけましょう。

畳の上に家具の跡がついてしまった場合は熱めのお湯で絞った布をあて、その上からアイロンをかけます。

最後にドライヤーで乾かすと回復する場合があるので試してみてください。焦げ跡がある場合は、ティッシュペーパーにオキシドールを含ませて軽く叩くと漂白できます。

引越しの際の掃除についてよくある質問

新居の家でも掃除は必要?

新居が空室期間の長い物件ですと、ホコリがたまっていることもありますし、換気をしていない場合は建材などから出る臭いが室内に充満している可能性がありますので掃除はした方が良いといえます。 

退去時の掃除は必要?

賃貸契約をしている方は、引越し前に現在住んでいる家の掃除が必要です。

借りた人への「原状回復義務」があるため、できる範囲の掃除をする必要があります。なお、退去時に汚れなどが目立つ場合には、とクリーニング費用が多く発生してしまう可能性があります。

クリーニング費用は入居時に支払った敷金から支払われるため、敷金を返金してもらうためにも、掃除できる部分や汚れが目立つ部分はできるだけ綺麗にしておきましょう。

まとめ

今回は引越し前と入居前の掃除のポイントについて解説しました。

旧居・新居ともに床や壁、窓、水回りなどを重点的に、それぞれの場所に適した方法 で掃除するのがポイントです。

市販の便利なお掃除グッズや身近な物を活用して効率的に掃除しましょう。