引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

お祝いの花

遠方への進学や就職など、一人暮らしの引越しは多くの人にとって環境が大きく変化するタイミングです。相手に喜んでもらえるような引越し祝いを贈りたいと思っても、いざお祝いを選ぶとなるとどんなものを贈れば良いのかわからず悩んでしまうかもしれません。贈り物を選ぶ瞬間は楽しいひとときですが、相手に喜んでもらえたらもっと嬉しいですよね。そこで今回は、引越し祝いに適するもの・適さないものを紹介します。この記事をもとに、ぜひ贈る相手に喜ばれる引越し祝い品を選んでみてください。

引越し祝いとは

一口に引越し祝いといっても、引越し先や引っ越す理由などによってさまざまなパターンがあります。まずは引越し祝いとはなにか、という基本からおさらいしてみましょう。

引越し祝いの対象

引越し祝いには大まかに分類すると4つのパターンがあります。中古住宅を購入した際には「引越し祝い」、新築物件を購入した際には「新築祝い」、購入ではなく賃貸物件への引越しの際には「餞別」、栄転や転勤を含む場合は「栄転・昇進祝い」を贈ります。

引越し祝いの価格相場

引越し祝いを決めるのに重要なポイントはなんといっても金額です。相場を把握しておきさえすれば、選ぶ品物をある程度絞り込むことができます。

友人や同僚などに餞別として贈る引越し祝いの相場は、3,000円~10,000円程度が目安です。物件を購入した場合や新築祝いの場合や、特別お世話になった人に向けてはこの目安よりもう少し高い金額を設定するという場合もあるようです。

とはいえ、あまりにも相場とかけ離れた金額の品物を引越し祝いとしてしまうと、もらう相手としても気が引けてしまいます。あくまでも感謝の気持ちを込めて、という体で贈り物をすることを忘れないようにしましょう。

一般的な引越し祝いとの違い

引越し祝いでは、贈る相手の都合を考えて時期やプレゼントを選びます。一般的な引越し祝いの贈答品は家族世帯向けに作られたものが多いため、場合によっては一人暮らし世帯のお祝い品としては多すぎて余らせてしまう、ということもあるかもしれません。あくまでも「一人で暮らす人に向けて贈る」ということを念頭に置いて選ぶようにしましょう。

一人暮らしの引越し祝いに適するもの

家事をはじめ     とする家のことをすべて自分でこなさなければならない一人暮らしは、想像以上に大変なものです。そんな引越し相手への「はなむけ」として贈るのにふさわしいものを、以下ではカテゴリごとに分けて解説します。

相手を問わないもの

まずは性別や立場といったものに左右されない、万人受けする品物を紹介します。

食べやすい食品

食品のなかでも、賞味期限が長く日持ちする焼き菓子は多くの方に喜ばれるギフトです。一方で、生ものや賞味期限が早く傷みやすいものは避けたほうが無難でしょう。その他には、普段お金をかけることが少ない調味料のセットや、お酒の好きな人には飲み比べができるギフトセットといった選択肢もあります。

実用的な消耗品

食品にも共通するメリットですが、使えばなくなってしまういわゆる「消え物」を渡すというのもおすすめです。消耗品は基本的に毎日使うものなので、引越し直後のバタバタした時期でもすぐに使う機会が訪れるので喜ばれるでしょう。
洗剤や柔軟剤、入浴剤といった詰め合わせギフトは種類も多く、最近はオーガニック由来のものなど原料にこだわったギフト向けの商品も多くあります。おしゃれなデザインのパッケージを選べば、センスの良いインテリアとして外に出しておくこともできて喜ばれるかもしれません。

重複しても問題ないもの

食品や消耗品といった「消え物」ではなく形に残るものを贈り物とするなら、他の人と重複しても困らないものを選びましょう。例えば家電製品などは同じ種類の製品がいくつもあっては場所をとってしまい、使い分けることもないので困ってしまいます。「一家に一台」というものを思い切ってプレゼントするなら、サプライズにはならなくても事前に贈る相手に聞いてみたほうがいいかもしれません。
タオルやマグカップ、食器などはギフトセットとしてもよく出回っているので選択肢も豊富で、一人暮らしの場合はあまり数を持っていないことが多いのでおすすめです。

使い道が多いもの

例えばカタログギフトであれば、候補のなかから相手が好きなものを選べるため、「相手の好みがよくわからない」という場合に安心でしょう。商品券やギフトカードなども、使える範囲が多いQUOカードやスーパー・デパートの商品券などを贈るとより選択肢が広くなりおすすめです。「贈る相手のことを思って品物を選ぶことが大切」という意見もあるとは思いますが、贈った相手が好きなものを自由に購入できるカタログギフトやギフトカードは便利な選択肢であることに違いありません。

男性向きのもの

次に男女別のおすすめ商品を見ていきましょう。まず男性について考えてみると、一人暮らしを始めてうまく家事と生活が両立できないという人が多いかもしれません。そんな相手には、電気ケトルやハンディークリーナーなどのあまり大きすぎない家電製品がおすすめです。料理や掃除などを億劫に感じてしまいがちな人にとって、家事の手助けをしてくれるアイテムは喜ばれる確率が高いといえます。

また、洗剤やホームケアグッズなどは特にこだわりがなく適当に近所で購入しているという男性は多いかもしれません。そんな相手に向けて、目を引くおしゃれなボトルデザインやちょっと高級志向のブランドものを贈ればセンスの良さを喜んでもらえるかもしれません。

女性向きのもの

次は女性に向けたおすすめ商品です。インテリアにこだわっているおしゃれな相手におすすめしたいのは、手軽に楽しめるグリーンのアイテムやインテリア雑貨などです。ただ飾るだけでお部屋を華やかにしてくれるアイテムは、引越し直後で殺風景になってしまっている場合にぴったりな贈り物です。キッチン用品や食器といったアイテムも、引越しを機に自炊を頑張るモチベーションに繋がるかもしれません。

ゆったりとした時間を楽しんでもらうために、ディフューザーやルームミストなどの香りものを贈るのもおすすめです。仲の良い友人へ贈るなら、お気に入りのブランドのヘアケア・ボディケアのセットなども喜ばれるでしょう。

引越し祝いに適さないもの

ここまではおすすめの引越し祝いの品物を提案しましたが、引越し祝いに適さないものもあります。うっかり選んで相手を困らせてしまったなどということがないように、事前にしっかりと把握しておきましょう。

大きなもの

新たな環境で頑張る人のために「思い切ってこれを贈ろう!」と選んでしまいがちなのが大きな家電やインテリアグッズなどです。自分の荷物の整理もままならないうちに贈られた大きなアイテムは、場合によってはダンボールに入れられたままになりかねません。あまりにもかさばるのは、引越し直後の場合だと迷惑になってしまうこともあるので、贈り物として検討する場合は事前に確認をとるべきでしょう。

手間がかかるもの

引越し直後は、時間に追われてやりたいこともできない状況が続いていることでしょう。そんなときに、世話の難しい花の鉢植えや大きな観葉植物などの長期間世話をしなければならないもの、手間がかかるものは敬遠されてしまうかもしれません。最近ではフェイクプラントやプリザーブドフラワーなど、手間のかからない加工されたインテリア性のあるグッズも多くあります。手軽に飾ったり使ったりしてもらえる贈り物を選んであげたほうが親切です。

マナーに反するもの

上記の2つは「もらったら困ってしまうもの」ですが、そもそも引越し祝いとしてマナー違反のものも存在します。知らずに贈り物に選んでしまい相手に嫌な思いをさせないように、以下のリストをしっかりと頭に入れておきましょう。

火器類・赤いもの

かわいいキャンドルやホットプレート、もしくは冬に引越しをする相手に小さめのヒーターなどを贈ろうかと考える方もいるかもしれません。これらに加え、例えばライターやお香などは「火」を連想させてしまい、引越し祝いとしてふさわしくないとされています。また、「色が赤いもの」も火や火事を彷彿とさせ縁起がよくないので避けなければなりません。プレゼント自体だけでなく、ラッピングペーパーや包装紙なども赤を避けたほうが無難でしょう。

壁に穴をあけるもの

一人暮らしをする多くの場合賃貸物件に入居します。そのため、壁に穴を開けなければならない壁掛けの時計や絵、ウォールラックなどは避けましょう。賃貸物件は、ほとんどの場合壁に穴を開けることはタブーとされています。また持ち家の場合であっても、特に新築の場合はすぐに壁に傷をつけたくないという思いもあるかもしれませんので、どちらにせよ引越し祝いとしてはふさわしく     ないといえます。

履きもの

靴や靴下、スリッパなどは「踏みつけるもの」、「相手を踏み台にする」などという意味合いがあり、特に上司などの目上の人への贈り物としては不適切です。ラグやマットなどの敷物も同様に足で踏んで使うことになるので避けましょう。

目上の人に対しての金品

特に目上の人に対しては、現金や金券などの直接金額がわかってしまうものは「お金に困っている人に対してほどこしを与える」といったような、少し高圧的な意味を含んでしまうため失礼にあたると考えられます。金券やギフトカードなどは、贈る相手の好みがわからない場合などに選択肢として考えがちですが、職場関係などでの贈り物は相手によって注意が必要です。

まとめ

新たな環境で一歩を踏み出す人のために何を贈ろうかなと考える時間は、選ぶ楽しさがありつつも悩むことのほうが多いかもしれません。引越し祝いはこれまでの感謝の気持ちと、新天地に居を構えたお祝いの心を形にしたものです。この記事を参考にして、相手に本当に喜んでもらえる引越し祝いのプレゼントをぜひ考えてみてくださいね。