引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

挨拶する女性

引越しの挨拶をご近所さんにしたほうがいいのか、それともしなくても良いのか悩んだことはないでしょうか。今回は、引越し先がアパートだった場合を想定し、挨拶のマナーや注意点を解説します。

アパートへ引っ越した際の挨拶はすべき?

大前提として、挨拶をすべきかどうかが気になりますよね。答えとしては、「絶対にこうしたほうがいい」ということはありません。挨拶をした場合のメリット・デメリット、しなかった場合のメリット・デメリットを踏まえ、自分のライフスタイルに合った選択をしてみてください。

挨拶を行った場合のメリット・デメリット

まずは挨拶を行った場合のメリットです。

周りに住んでいる住人を把握できる

直接的な関係はないにしろ、出かけるときなどにご近所さんと顔を合わせる機会は訪れるでしょう。引越し時にあらかじめ挨拶をしていれば打ち解けるのも早くなりますし、良好な関係を築きやすくなります。

挨拶された側に自分の存在を知らせることが出来る

どのような人が引っ越してきたのかを知ってもらうことは防犯上安心です。万が一の災害や事故のときなどもお互いに助け合おうという気持ちになりやすいでしょう。

情報共有を受けられる

それぞれのアパート内には独自のルールが存在しているかもしれません。そのような情報を共有してもらえれば、トラブルを減らすことができます。

デメリットは以下の通りです。

一人暮らしである場合、防犯上の危険が伴う

特に女性はストーカーや嫌がらせなどのトラブルに見舞われてしまうことも考えられ、防犯上のリスクを考えると男女ともに「単身者が引っ越してきました」という情報を周囲に伝えるのは好ましくないという場合もあります。ワンルームの間取りのアパートなど、単身者が多く暮らしているような住戸では無理に挨拶を行わなくてもいいでしょう。

挨拶を行わなかったときのメリット・デメリット

次に挨拶を行わなかったときのメリットです。

余計なトラブルを避けられる

仮に男性が一人暮らしの女性の住居に挨拶をしてしまった場合、警戒されてしまうことがあるかも知れません。そのため、一人暮らしの世帯が多いようなアパートの場合は、無理に挨拶を行わないほうが余計なトラブルを回避できる可能性があります。どうしても挨拶をしておきたいという場合は、管理人や大家さんを通してもらうか、簡単な挨拶の手紙などで対応すると良いでしょう。

デメリットは次の通りです。

悪い第一印象を与えてしまう

ご近所さんがそもそも「挨拶はすべき」という考え方を持っていた場合、第一印象を悪くする恐れがあります。この考え方は年配の人ほど強く抱いている場合が多いので、年配者が多い物件などあらかじめわかっている場合は挨拶をしたほうが無難でしょう。

トラブル時の印象が悪い

ファミリー世帯に多い騒音問題などで近隣トラブルに発展した際、良い印象を持ってもらえないという点も挙げられます。挨拶をしたからといっても必ずしも広い心を持って接してくれるというわけではありませんが、全く知らない住人がトラブルを起こすのと、見知った住人がトラブルを起こすのとでは対応が変わってくる可能性があります。ファミリー世帯が多いアパートでは、保育園や幼稚園などアパート以外の場所でもお付き合いが発生する場合も出てくるため、挨拶を行ったほうがスムーズに周囲と溶け込めるかもしれません。

挨拶の方法

上述のメリット・デメリットを確認し、いざ実際に挨拶をしようと思ったとき、何と挨拶すればいいのかとっさには思い浮かばないかもしれません。とはいえ、ご近所さんへの第一印象を良くするためにも、挨拶の方法はしっかりと押さえておきましょう。

直接挨拶をする場合

直接ご近所さんへ伺う場合は、挨拶だけで済ませるのではなく手土産を一緒に持っていくようにしましょう。より第一印象を良くすることができます。

また挨拶に伺うときは、まずは単刀直入に要件を切り出しましょう。初めの一言が「今お時間よろしいでしょうか?」や「お忙しいところ失礼します」など相手を気遣う気持ちから出た言葉だったとしても、いきなり見知らぬ他人が訪ねてきた場合は警戒心を持たれてしまうかもしれません。まずは自分の名前と「引越しの挨拶に伺いました」と切り出すようにしてから、要件を伝えましょう。そうすれば相手も安心して会話することができます。

手紙で挨拶をする場合

直接挨拶をするのは少し抵抗があるけれど、「よろしくお願いします」という思いは伝えたいという場合は手紙で挨拶をするという手もあります。

手紙はレターセットやメッセージカードを利用しましょう。顔が見えない状況で挨拶をするのですから、紙の切れ端やルーズリーフなど適当なものを利用するのは失礼にあたります。良い印象を持ってもらうためにも、最低限の配慮をしましょう。手紙の文中には、「何号室に引っ越してきたのか」、「名前」、さらに「不在であったために手紙での挨拶に代えさせていただきます」などの一文を加えると、意図が伝わりやすくなります。また単身世帯の場合、名前の記載は苗字のみにしておくと性別が判断しづらいため安心です。

アパートでの引越し挨拶の基本マナー

引越し先が集合住宅だった場合、戸数が少なければ全戸に挨拶するということも可能ですが、そうでない場合はどの範囲まで挨拶すれば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。また、どのくらいの時間に挨拶に伺えば迷惑ではないのか悩むこともあるかと思います。ここからはそんな「集合住宅ならでは」の基本マナーを紹介します。

挨拶をする範囲

アパートの場合、外出する際などに顔を合わせやすい両隣の住戸と、真上と真下には挨拶をしておきましょう。引越し作業時だけでなく、上下左右の住戸は暮らし始めてからの生活音などが響きやすく、トラブルに繋がることを避けるためです。

また、管理人が常駐している集合住宅の場合は管理人にも挨拶をしておくと良いでしょう。顔を合わせることで親近感が生まれますし、アパート内のルールや規則などを親切に教えてくれる可能性があります。大家さんが近所に住んでいるという場合も同様に挨拶をしておくと、トラブルが起こった時に手を貸してくれるかもしれません。

挨拶をする時間帯

挨拶をする時間帯は、一般的に起きて活動を始めている午前10時頃から夕食前となる午後5時頃までがおすすめです。あまりにも朝早く訪ねると、日々の家事や身支度でどこのお家もバタバタしているものです。挨拶に伺うときは、相手が忙しくない時間帯を狙っていくようにしましょう。

一方で、日が出ているうちに挨拶をしようと思って伺っても不在で挨拶ができない、という場合は夜の7~8時頃、夜が更けきる前に挨拶に伺うのも良いでしょう。ただあまりにも遅い時間帯に挨拶をするのはもちろん迷惑になってしまいますので、気をつけましょう。

実際に挨拶をする場合の注意点

さて、実際に新居の挨拶回りをしようという段階まできましたが、ここでは改めて挨拶をするときには何を注意したらいいか、という部分をおさらいしていきます。気をつけるべきポイントを押さえておくだけでご近所さんの第一印象が大きく変わってくるかもしれないので、しっかり確認しておきましょう。

挨拶の内容

引越し挨拶で伝えることは、「これからよろしくお願いします、お世話になります」という気持ちです。もしもペットや小さな子どもと同居している場合、騒音などで迷惑をかけてしまう可能性があるので挨拶と一緒に伝えておくと安心です。アポイントもなく突然訪れてしまうことになるわけですから、基本的には内容は手短にまとめましょう。何号室に引っ越して来た誰なのかを伝え、「今後ともよろしくお願いします」と締めるようにしましょう。手土産を持ってきた場合は、「心ばかりの品ではございますが、よろしければお受け取りください」と一言添えて一緒に渡しましょう。

挨拶の期間

挨拶のタイミングは、引越し前に行うことができたらベストです。引越し当日になればアパート前の道路や廊下など共用部分を使い、引越しスタッフやトラックの往来が激しくなります。また、搬入の際にはどうしても騒音が発生してしまいます。引越し挨拶の中で事前に引越しをする日にちを伝えておくことで、ご近所からの理解も得られるようになります。この場合、引越し一週間前から前日までが挨拶の期間としては最適ですが、事前の挨拶をする時間がとれないという場合は引越し当日~2、3日の間で、なるべく早い時期に挨拶に伺うようにしましょう。

不在だった場合の対応

挨拶をしようと思って訪ねたときに、相手が不在だったというケースも出てくるかもしれません。不在だった場合は曜日や時間帯を変えて再度訪れてみましょう。前述したとおり早朝や夕食どきなどの忙しくなってしまうタイミングは避けて、日中や夜間の比較的早い時間帯を選びます。何度か出向いても不在が続くといった場合は、生活の時間帯が異なりなかなか会うことが難しいということもあり得ます。このような場合は手紙で挨拶をするというのも一つの方法です。

直接挨拶をするのと同様に、手紙の挨拶も伝える内容は簡潔にしましょう。手土産を同封する場合、ポストに投函できるサイズならばポストに入れましょう。ドアノブにかけておくという方法もありますが、雨風にさらされてしまう環境の場合は濡れてしまう危険性がありますし、食べ物の手土産の場合は抵抗があるという方もいます。置く場所がない、という場合は手紙のみを渡して改めて、という形でもいいでしょう。

まとめ

「現代社会はご近所付き合いが希薄になっている」とよく言われますが、挨拶をしたほうが良いパターンとしないほうが良いパターンなど、どのような世帯が引越しをするかでその最適解はさまざまです。今回は挨拶をする場合には何に気をつけたら良いのか、というポイントに絞って解説しました。挨拶をするにあたって最も重要な第一印象を大事にして、ご近所さんと良い関係を築いていけるといいですね。