引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

荷造りをする引越し業者と女性

引越しには荷造りが欠かせませんが、いつ頃から始めれば良いのかイメージしづらい方も多いでしょう。やみくもに作業を始めてしまうと、まだ必要なものを早々に梱包してしまい取り出せずに困ってしまうこともあります。荷造りは計画性を持って正しい手順で進めることが重要です。この記事では、引越しの荷造りを開始する時期や効率的に行う手順・ポイントなどをご紹介します。

※詳細は自治体によって異なるため、必要に応じて事前に各自治体にお問い合わせください。

引越しをスムーズに行うための荷造りの手順

何かと慌ただしい引越し作業をスムーズに行うポイントは、荷造りにかかっているといっても過言ではありません。理想的な荷造り開始時期は人数や荷物の量によっても異なりますが、一般的に引越し当日の2週間ほど前からとされています。引越しでは荷造りのほかにも、役所での手続きや挨拶回りなどさまざまなタスクが発生するので、それらを踏まえた総合的なスケジュールと手順を確認しておきましょう。ここでは、引越しをスムーズに行うために荷造り前に準備するものや不用品の処分方法を解説します。

ダンボール・梱包資材を準備する

荷造りに取り掛かる前に、まずは梱包作業に必要なものを準備します。荷造りで特に重要なのはダンボールです。ダンボールはスーパーなどから無料で手に入れることもできますが、引越しには大量のダンボールが必要になるため、自分で取りに行くのは面倒かもしれません。そこでおすすめなのが、引越し業者に依頼して届けてもらう方法です。ダンボール以外にも、ガムテープや緩衝材なども事前にお願いすれば届けてくれる業者もあります。ただしあまり早めに届くと置き場所に困ることもあるので、作業する当日の朝に到着するように、事前に依頼しておくと良いでしょう。

そのほか、ダンボールや緩衝材以外にも以下のようなアイテムがあると便利です。

  • 家具を解体するための工具類
  • 軍手
  • 養生テープ
  • ハサミ
  • 油性ペン
  • ビニール紐
  • 新聞紙
  • ワレモノ注意のシール
  • 掃除用具

不用品を処分する

不用なものは引越しを機に思い切って処分しましょう。荷物の量が多ければ多いほど引越し費用は高くつきます。使わないものをわざわざ梱包して運送するのは、手間がかかるうえにお金も無駄になり損です。

特に、冷蔵庫などの大型家電やベッドなどの大型家具は、新居に運んだものの所定のスペースに入らなかった、というケースが発生しがちです。もしも買い替えどきなら思い切って処分し、まだ使う場合には新居に収まるか寸法を確認しておくと良いでしょう。

家電や家具以外にも、本や衣類、雑貨など家にあるものを選別し、不用なものは下記の方法で処分しましょう。

  • フリマアプリで売る

不用品を処分する際に、まず一番に考えたいのはフリマアプリに出品してお金に替えることかもしれません。フリマアプリでは、意外なものが高く売れたり、出品後すぐに売れたりといったことが度々起こります。不用品を減らして引越し費用が安くなるだけでなく、売上金を引越し費用の足しにできれば嬉しいですね。売れるまでに時間がかかる場合もあるため、引越し当日まで時間的に余裕があるか事前に確認が必要です。

  • 家族や友人などに譲る

不用品をフリマアプリで売る以外にも、家族や友人などに使ってもらうのも一つの方法です。フリマアプリに出品するにはそれなりの手間がかかります。商品が売れた後の梱包や発送、購入希望者とのメッセージのやりとりなどが面倒という方も多いでしょう。一方、知人に譲る場合は、お金にはなりませんが余計な手間がかからずに不用品を処分できます。なにより、自分が使わなかったものを喜んで使ってもらえると、それだけで満足感を得られるでしょう。

  • 行政や回収業者に依頼して処分する

フリマアプリに出品したり知人に譲ったりするのが面倒だという方や、人に譲れず処分せざるを得ないものは、通常どおりごみとして捨てるか、回収業者に依頼して処分する方法があります。

通常のごみとして捨てる場合、費用はかかりませんが、自治体の指示どおりに分別し、収集日を守って計画的に捨てる必要があります。回収業者に依頼する場合は費用が発生しますが、自宅まで引き取りに来て一度に大量のごみを処分できるので、手間がかかりません。

なお、粗大ごみを行政の指示どおりに捨てる場合は有料になります。あらかじめ回収を依頼する必要があり、自治体や時期よっては依頼から回収まで1週間以上かかるケースもあるので余裕をもって段取りを組みましょう。

  • 実家やトランクルームに預ける

「普段は必要ないけれどときどき使う」、「全く使わないけれどどうしても捨てる決心がつかない」といったものがあれば、実家に預かってもらったりトランクルームに預けたりする手もあります。最近ではダンボール一箱分から荷物を預けられるなど気軽に利用できるトランクルームもあるので、こうしたサービスを活用すると便利です。

  • タオルや布類は梱包の際の緩衝材に活用できる

荷造りの際、ダンボールと同じくらい欠かせないものが緩衝材です。緩衝材には、家電や食器などダンボールにそのまま入れただけでは壊れてしまうものを包んで守る役割があります。たとえば、ネット通販で買い物した際に同梱されているエアークッションや、丸めた新聞紙などが緩衝材として役に立ちます。ほかにも古くなったタオルや衣類、リネン類も活用できるでしょう。また、古い布類であれば、捨てる前に緩衝材として再利用し、使い終わったら水で濡らして雑巾代わりにもできます。一方、布団は乱雑に扱われやすく緩衝材には不向きのため注意が必要です。

効率的な荷造りのコツ

不用なものを処分して新居へ持っていくものを選別したら、いよいよ荷造りの開始です。引越しの荷造りは日常生活と並行して進めていかなくてはならないので、人によっては難しく感じるかもしれません。しかし、コツさえ掴んでおけば、普段の生活に支障をきたすことなくスムーズに荷造りを進められます。ここでは効率的な荷造りの順序や荷物の詰め方などを解説します。

部屋別に梱包する

寝室に置きたいものは寝室用のダンボールに、キッチンに置くものはキッチン用のダンボールに入れる、といった具合に部屋ごとに分けて梱包すると、必要なときに必要なものを見つけやすくなります。新居への搬入時にも、ダンボールを運ぶ場所に悩まずスムーズに作業を進められます。

玄関から遠い部屋から始める

荷造りの基本は、玄関に一番遠い部屋から順番に進めていくことです。玄関に近い部屋から荷物を詰めてしまうと、ダンボールが玄関付近に溢れて、普段の出入りや引越し当日の搬出の邪魔になります。万一の災害時に避難できなくなる危険も考えられます。荷造り用のダンボールを置く部屋をあらかじめ決めておくと、作業もしやすく普段の生活にも支障がでないでしょう。

普段使わないものから詰める

スキーウェアやシーズンオフの服、アルバムや思い出の品、置物など普段の生活で必須ではないものから優先して梱包していきましょう。荷物の頭数を減らすことでほかの荷物を整理しやすくなる利点もあります。

重いものは小さなダンボールに詰める

荷造りの重要なポイントの一つが、ものの重さに合わせてダンボールの大きさを変えることです。洋服やクッションなど軽いものを詰める時は大きめのダンボールに、食器や本など重いものは小さめのダンボールに詰めましょう。大きいダンボールに重いものをたくさん入れると、重過ぎて運べなくなります。できればダンボール1個に対して大人一人で持てる程度の重さにしましょう。複数人で運ばなければならないダンボールをつくってしまうと、作業の効率が落ちる原因になります。

箱の上と側面にメモをする

ダンボールの見えるところに中身の内容と運ぶ部屋、注意事項(ワレモノ注意など)をメモしてわかるようにしておくことも大切です。ダンボールの側面と上部の二ヶ所にメモをすると、より作業がスムーズになります。

梱包しなくて良いもの

大きな家具や家電

冷蔵庫をはじめとする大型家電やベッドといった大型家具など、ダンボールに入らない大きさのものは、引越し業者が専用資材を用いて当日に梱包してくれます。素人が無理に梱包しようとすると転倒やけがの危険性があるので、プロに任せるのが安心です。なお、冷蔵庫などの大型家電は、当日までにどんな準備をしておくべきか、あらかじめ業者に確認しておきしましょう。当日までに水抜きしておく、本体を養生しておくなど業者によって事前準備が必要な場合があります。また、冷蔵庫の中は当日までに空っぽになるよう、計画的に食材を使い切りましょう。

洋服

衣装ケースに入った洋服は、ケースから出して梱包し直さなくてもケースごと運んでもらえる場合が大半です。その際は、衣装ケースの蓋が開かないように養生テープを貼っておくか、合成繊維のロープで縛っておきましょう。衣装ケースにガムテープを貼ってしまうと、剥がしたときに粘着部分が残りやすくなります。

また、スーツやドレスなどのフォーマルな衣類はハンガーに吊るしたまま運ぶのがおすすめです。業者によってはハンガーボックスを用意しているところもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

布団

布団は引越し前日まで使いますが、布団も大型家具と同様に、引越し業者が梱包してくれる場合が一般的です。ただし、自分が使った布団を他人に梱包してもらうのは気まずい、と思う方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、100円ショップなどで売っている布団圧縮袋などを使えば自分でも梱包できます。

まとめ

引越しの荷造りは、想像以上に時間がかかる大変な作業です。そのため、直前になって慌てないよう、少しずつ計画的に行っていくことが重要です。荷造りを効率的に行うポイントを押さえて、スムーズに荷造りを進めてください。