引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

荷物を梱包する男性

引越し準備で多くの時間を要する工程が荷造りでしょう。多くの荷物を少しでも効率良く詰めていくには、さまざまな準備や工夫が必要です。適切な詰め方をしないと引越しの能率が落ちるだけでなく荷物が破損する恐れもあるため、荷物の量と種類を考えて最適な詰め方を考えましょう。この記事では、引越しにおけるダンボールへの荷物の詰め方について解説します。

ダンボールへの詰め方の基本

引越しで荷物をダンボールに詰める際は、ポイントを押さえて実行に移しましょう。例えば、事前に必要な道具をそろえたり同じ箱に詰めるものをある程度統一したりすると、スムーズな引越し作業が実現できます。箱や荷物などの破損を防ぐには、箱をしっかりと補強してそれぞれが同じくらいの重量になるように隙間なく詰めましょう。

必要な道具をそろえる

荷造りを始める前に、必要な道具はあらかじめ手元にそろえておきましょう。

  • 梱包資材
    ダンボールだけでなくクラフトテープやカッターナイフ、緩衝材なども使用します。細いものをまとめるために紐もあると便利です。また、ビニール袋も欠かせません。洗剤や調味料など液体入りのものを安全に梱包したり、荷造りで出る多くのごみをまとめて処分したりするために利用できます。
  • 梱包資材以外
    ドライバーやレンチなどの工具や、部屋・家具などをきれいにできる掃除用具、それらと一緒に使用する軍手やゴム手袋などが主な道具です。また、ダンボールに中身を記入するためのペンも用意しておきます。

箱ごとの重量をそろえる

ダンボール箱には大小さまざまなサイズがありますが、どの箱も同じくらいの重さになるように詰めましょう。大きな箱だからとあれこれ詰めてしまうと重くなりすぎて持ち運びづらくなります。また、箱自体が重量に耐えきれず破れたり底が抜けたりする危険もあります。

具体的には、大きな箱には軽いものをまとめて、逆に重いものは小さな箱に少しずつ詰めましょう。どの箱も一人で持ち運べる程度の重さに抑えるのがポイントです。重いものを入れた箱にスペースが余っていたら、服などの軽く柔らかいものを緩衝材代わりに使用できます。

部屋ごと・ジャンルごとでまとめる

ダンボールに詰めるものは場所や種類ごとでまとめましょう。部屋や引き出し、ジャンルなどをそろえて同じ箱に詰めれば、あまり動き回らずに梱包を進められます。新居に移動してからも、箱の中身と収納場所を判断しやすいためスムーズな搬入が可能です。旧居で梱包後にそのまま部屋に置いておけば、急に中のものが必要になってもすぐ取り出せるというメリットもあります。

詰め終わった箱には中身と一緒に収納場所も書いておくと、作業がよりスムーズに進められます。

詰めすぎ・空けすぎに注意する

各ダンボールには、ちょうど隙間がなくなる程度にものを詰めましょう。詰め込みすぎると箱が変形して運搬やトラックへの積載がしづらくなり、途中で中身が飛び出す可能性もあります。逆に中身に余裕がありすぎると、箱の強度や中身の安全性が低下します。何かにぶつけたり積み重ねたりしたときに箱が変形しやすくなり、また中身が動き回って破損する危険も出てきます。一つの箱に多く詰めすぎないよう留意しつつ、隙間が空いたら緩衝材で埋めるようにしましょう。

テープで箱を補強する

ダンボールを組み立てるときには、底蓋にテープを貼って補強すると安心して梱包・運搬できます。軽いものを入れる箱ならば中央に1本貼るだけで十分ですが、重いものを入れる箱には中央の1本と垂直にもう1本貼って十字型にしましょう。さらに高い強度が必要な場合は、垂直の1本を少し横にずらしてさらにもう1本貼り「キ」の字型にするとより頑丈になります。ダンボール箱を持ち上げたときに最も強い力がかかるのは底面中央のため、この部分をなるべくしっかりと守れるような補強をすると効果的です。

詰め方に特に注意が必要なもの

引越しの荷造りではさまざまなものを梱包します。なかには詰め方に注意が必要なものもあり、誤った詰め方をすると汚れや破損、ケガなどに繋がりかねません。大切な家財道具をきれいに保つために、また安全のために各道具に適した形で詰めましょう。以下では特に詰め方に気を付けるべき道具4つと、それぞれに合った詰め方を紹介します。

割れ物

食器やビンなどの割れ物は一つひとつ割れないように包んで梱包しましょう。


  • 1枚ずつ緩衝材や新聞紙などで包み、新聞紙やタオルなどを敷いた箱に立てて詰めます。重い皿が下に入るようにして、隙間を緩衝材で埋めましょう。コップは外側を紙で包んでから内側に折り込み、箱の中に伏せて詰めます。
  • ビン
    蓋をしっかりと閉めるかラップ・ビニールで口をふさぎ輪ゴムで留めます。ビンの横と下を紙で保護してから箱に詰めましょう。1本ずつビニール袋で包めばより安全です。ビンを入れている箱は中身がわかりやすいように蓋を開けたまま運びましょう。

衣類

衣類は普段から衣装ケースやタンスなどに収納されていることが多いため、基本的にはあまり梱包作業を行わずに収納ごと運搬できます。収納ごと運搬する場合は、運搬中に引き出しが開かないようにテープで留めておき、キャスター付きのものはキャスターを外すか固定しましょう。タンスが重い場合は引き出しごとに分けて運ぶため、汚れなどの防止用に緩衝材で上から覆います。

クローゼットにかけてある衣類は、しわにならないよう気を付けてたたみダンボールに詰めます。服は重量が軽いうえにかさばるため、大きな箱にまとめましょう。引越し業者によってはハンガーボックスを借りられるため、確認して積極的に活用すると便利です。

靴は泥などの汚れが付いていることがあるため、あらかじめ汚れを落としてから乾かしておきます。梱包の際には靴の中に紙を詰めて型崩れを防ぎ、なるべく靴箱に入れてからダンボールに詰めましょう。靴箱がない場合は店で購入するか、つま先とかかとを合わせて一足ずつ新聞紙でくるみダンボールに入れるという方法もあります。

ダンボールには無理に詰め込み過ぎず、隙間を紙やタオルなどで埋めながら余裕をもって梱包しましょう。縦向きに詰めていくと無駄な空間が減り、収納数を増やしつつ緩衝材を節約できます。

書籍類

書籍は数が増えると非常に重くなるため、底面を補強した小さめのダンボールに詰めます。箱の底に大きな本から平置きしていき、箱の中で本が動いて傷つかないように隙間を緩衝材やタオルなどで埋めましょう。引越し当日に雨が降ったときのために、箱の中の上下にビニール袋を敷いておくと防水もできます。

文庫本や漫画の単行本など同じ大きさの本を多数持っている場合、ホームセンターや通販などで手に入るファスナー付きの収納ケースを使用できます。ダンボールを使わないため防水性が高く、ファスナーで容易に閉じられるので便利です。

ダンボール詰めを効率化するための工夫

多くの工程を踏まなければならない引越しでは、それぞれを効率良く進めて所要時間や手間をできるだけ少なくすることが重要です。荷造り工程では作業の多くがダンボールへの梱包のため、さまざまな工夫で梱包を効率化させられれば迅速な荷造りが可能となります。作業を始める前に、梱包する順番や梱包後の一工夫を頭に入れておきましょう。

中身を記入する

ダンボールへの梱包が一箱終わったら、都度箱の外側に中身の荷物と収納されていた場所を記入しておきましょう。そうしておくと、新居に搬入する際に各箱を置く部屋がわかりやすくなります。箱の上面と側面の2ヵ所に記入すると、トラック内に積まれた状態でも容易に探せて便利です。壊れやすいものや傾けられないものが入っている箱は、それらの注意事項も一緒に書いておきましょう。その他、引越し後すぐに使うものが入っている場合もメモしておくとより便利です。各注意事項は赤字で書いたりテープの色を分けたりすると目立ちやすくなります。

使わないものから梱包する

引越しの荷造りにおいては、直近で使わないものから優先的に梱包していきます。例えば、季節外れのものや普段取り出さない思い出の品物、来客用の食器などを最初に箱詰めしましょう。使わないものであれば早くから梱包しても生活に支障がないだけでなく、荷物の残量を減らすことで以降の段取りを組みやすくなります。逆に日用品のようなすぐに使うものは、早くから梱包すると引越しまでの生活に不便が生じてしまいます。すぐに梱包できるものと後回しにすべきものを最初に分別しておくと準備を能率的に進められるでしょう。

家の奥から梱包していく

荷造りの大まかな流れとして、家の奥にあるものから順に梱包を進めるようにします。玄関付近のものを先に梱包すると、家を出入りする際に荷物が邪魔になるためです。また、万が一災害などが起きた際に家から逃げられなくなる危険もあるため、玄関付近はなるべくふさがないようにしましょう。逆に家の奥であれば通る機会が少ないため、早くから荷物を多数置いていてもさほど生活の邪魔になりません。奥にある部屋から順に荷物を梱包して、順次部屋の端にまとめていきましょう。

まとめ

この記事では、引越しの荷造りにおけるダンボールへの詰め方の基本や注意すべきこと、効率良く作業を進めるための工夫を紹介しました。ダンボールへの梱包を効率的に進められれば、空き時間にほかの手続きなどを進める余裕が生まれるでしょう。また、荷物の場所が把握しやすくなるため引越し当日も荷物運搬がスムーズに進み、結果として引越し作業全体のスピードアップに繋がります。さらに、大事な持ち物を傷つけず新居に運べれば、新居で気持ちよく新生活を始められるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、旧居の締めくくりと新居のスタートでつまずくことのないように準備を進めてみてください。