引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

断捨離

引越しは断捨離を行うチャンスです。ものでいっぱいの旧居の生活を、そのまま新居に持ち込むのはスマートではありません。本当に必要なものを見極めて、家のスペースも心もゆとりをもって生活してみませんか。この記事では、引越しで断捨離を成功させるための手順とポイントをお伝えします。

断捨離とは

言葉の由来

「片付け」や「ものを減らすこと」の代名詞としてすっかり定着した「断捨離」ですが、本来、この言葉はただいらないものを捨てるという意味を持つものではありません。もともとはヨガの行法である「断行」、「捨行」、「離行」に由来しており、特に「断」と「捨」は仏教でも古くから重要な思想・修行として伝わりました。「断」とは新しく入ってくるいらないものを断つ、「捨」とは今ある不要なものを捨てる、「離」とはものへの執着から離れる、という意味があります。

断捨離のタイミング

断捨離を行う方法には、まずすべてのものを出してきて、それを「いるもの」と「いらないもの」、そして「保留」に分けていく方法が知られています。しかし、日常生活の中でこの分類をするのにはかなりの時間と精神力が必要になるでしょう。ものが多ければ多いほど、どこから手を付けたら良いかわからず挫折することにもなりかねません。

その点、引越しでは自分のすべての持ちものを把握して梱包する必要があるため、荷造りの作業自体が新居に持っていくものやいらないものなどを見極める良い機会になります。そのうえ、引越しには厳密な期限があるため、断捨離の時に大切な判断を一気に進めることの後押しにもなるでしょう。また、いらないものを見えなくするだけの収納ボックスや家具などの大きなものも、引越しの際ならば思い切って処分しやすいかもしれません。

引越しで断捨離するメリット

本当に必要なものがはっきりする

断捨離の「捨てる」判断について、例えば洋服ならば以下のような基準が考えられます。

  • 似たようなものが複数あったら使用頻度が低いもの
  • いつか着るかもと保管しておいたもの
  • 新品でもしばらく着ていないもの
  • 傷みや汚れがあるもの

言い換えれば、自分が今よく着ているものだけを残すのです。洋服以外のアイテムでも、今自分がよく使用しているものだけを残すようにしましょう。これを実践していくと、本当に必要なものだけが身の回りに残ることになり、部屋も心も整理されます。

引越し費用を削減できる

引越しの際に何もかも新居に持っていこうとすると、大量の荷造りが必要です。運搬するダンボールの数も多くなるでしょう。しかし、引越し前に断捨離を行っておけば荷物が少なくなり、荷造りに必要なダンボールも少なくて済みます。また、家具や収納ケースなどの大きなものも減らせる可能性が高くなるのです。

引越し業者の料金は、荷物の量や作業時間、作業人数が大きく関係しています。トラックへの積載量が減れば引越し業者の作業量も減り、費用も削減できるでしょう。

新居のスペースが増える

引越しで新居に移る前に断捨離をして荷物を減らしておけば、新居ではこれまでよりも広いスペースを使えます。スペースに余裕が出ると心にも余裕ができ、部屋で快適な時間を過ごせるでしょう。

収納スペースにも余裕ができることで、ものを出したりしまったりが簡単にでき、片付けが習慣化するというメリットもあります。また、床にものがなく家具が減った室内は、掃除機をかけるのも拭き掃除も簡単です。そのため、掃除の頻度も増えて部屋をきれいに保てるでしょう。

晴れやかな気分になる

引越しをする前に断捨離を済ませておけば、本当に必要なものだけを新居に持っていくことになります。また、断捨離の「断」にあたる「不要なものが入ってくることを断つ」ことができれば、ものが増えすぎて収納に困ることもありません。ものに囲まれて常に片付けを気にして生活するストレスから解放され、部屋がスッキリしていることで気持ちもスッキリし、晴れやかな気持ちで新しい生活を始められるでしょう。

引越しで断捨離する手順

ものを取り出す

断捨離を実行するには、まずしまい込んであるものをすべて出すところから始めましょう。これは、何をどのくらい持っているのかを把握するための作業です。すべてといっても闇雲に出すのではなく、洋服や書籍など、処分するかどうかを判断しやすい身の回りのものから始めると良いでしょう。

例えばクローゼットや衣装ケースなどを空にして、中身を床に並べていきます。場所やものの種類ごとに、出し忘れのないように一気に作業するのがポイントです。

ものをグループに分ける

これまでごちゃごちゃに収納されていたものをとり出したら、洋服や書籍、書類、文房具、小物などのカテゴリ別に分類していきます。グループ分けすることで、似たようなものを複数持っていたり、まったく使っていないもの・持っていることすら忘れていたものが出てきたりするでしょう。ものの役割ごとに分類してみて初めて、自分の持ちものを把握できていなかったことに気付くのです。

必要・不要・保留に分類する

さて、もののグループ分けが済んだら、いよいよ断捨離のクライマックスです。グループごとに、すべてのものについて「必要」、「不要」、「保留」に分けていきます。まず現在よく使用しているものやこれから使用することがわかっているものは「必要」に、期間を決めてその期間以上使用していないものやこれからも使用しそうにないもの、壊れて使用できないもの、持っていること自体を忘れていたものなどは「不要」に分けていきましょう。

洋服を例にすると、「不要」にするものは似たようなものが複数あるうちの使用頻度の低いもの、今サイズが合わないもの(「痩せたら着られる」はNGです)、色やデザインが好みでないもの、流行遅れでもう着ないもの、毛玉や傷み、汚れがあるものなどです。ただ、思い出深いものや記念品など、どうしても迷ってしまって決められないものもあるでしょう。そういうものはとりあえず「保留」にします。

コツは、身の回りのものから整理していくことです。例えば洋服や小物雑貨などは使用頻度がわかりやすく判断しやすいため、作業がはかどります。分類作業のコツがつかめてきたら、判断が難しい書類や趣味のグッズなどに手を付けます。こうして一つひとつ作業していけば、分類はそれほど難しいことではありません。なお、処分するまでに時間があると迷いが出てしまうため、「不要」に分類したものは早めに処分しましょう。

保留にしたものの廃棄を検討する

「保留」にしたものはしばらくダンボールなどに入れて保管し、なくても大丈夫、と思えたら思い切って処分します。もし心が決まらなかったら、引越し先に持って行っても構いません。ただし、新居でも奥にしまい込まず、もう一度検討して廃棄できるものは廃棄しましょう。

失敗しない断捨離のポイント

ものに「心がときめくか」考える

使うものか使わないものかを迷って決められず、「保留」ばかりが増えてしまう場合があります。使用頻度は低いけれどとっておきたいものもあるでしょう。そんな時は、そのものを手にとってみて、心がときめくかどうか考えてみてください。「そのもののことが好きか」、「今後もずっととっておきたいか」という観点で考えてみるのです。

断捨離で「ものを減らす」といっても、ストイックにものを捨てることにこだわる必要はありません。必要なものだけに囲まれた暮らしで心を豊かにすることが最終目的ですので、自分にとって心ときめくものは残しておくことも大切です。

デジタル化を検討する

捨てることが一番難しいのは、子どもの描いた絵や賞状、写真、手紙などの思い出の品ではないでしょうか。たまにしか見返さないものではありますが、なくなるのは寂しいものですね。

物理的に収納場所をとってしまうこれらのものは、デジタル化してデータで保管するという方法があります。収納場所の節約にもなり、いつでも色褪せないデータを見られるため、断捨離におすすめの保管方法です。また、何度も読む書籍や雑誌、新聞の切り抜きなども、手間はかかりますがスキャンしてデータ化する方法があります。

残すものの量を先に決める

捨てるか残すかを判断するときに、基準がないと迷ってしまいなかなか決まりません。分類をする前に、あらかじめ残すものの量を決めておくと判断しやすくなります。

例えば洋服ならば、パジャマは2着ほどあれば良いでしょうし、仕事着や外出着は洗濯のサイクルに合わせて数を決めると良いでしょう。ハンカチならば冠婚葬祭などに使えるものが1枚と実用的なハンカチが数枚あれば足ります。また、ここまで極端にはせず、クローゼットなどそれぞれのものの収納スペースに収まる量を基準にしても構いません。不要なものを絞り込むのが苦手な方は、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、断捨離の手順や失敗しない方法について解説しました。断捨離とはただものを減らすという行為ではなく、お気に入りのものだけに囲まれて心豊かに暮らすための方法だということにお気付きいただけたかと思います。引越しは、荷造りの際にしまい込んでいたものをチェックして本当に必要かどうかを見極める良い機会です。引越しにはさまざまな理由があるでしょうが、新しい生活を始めることに変わりはありません。新しい生活をストレスの少ない心豊かな生活にするために、断捨離に取り組んでみることをおすすめします。