引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

使用済のダンボール

引越し後に余った大量のダンボールは、置き場所に困るだけでなく部屋を散らかす要因になります。早くなんとかしたくても、どう処分して良いかわからず持て余している方は多いでしょう。実はダンボールは家具の下敷きになったりフリマアプリで出品した時の梱包資材になったりと、便利な活用方法がたくさんあります。そこでこの記事では、引越しで発生した大量のダンボールを処分する方法と、意外な活用術をご紹介します。

ダンボールの処分方法

引越し業者に引き取ってもらう

まずは、引越しの際に利用した引越し業者にダンボールを回収してもらう方法があります。回収は基本的に有料ですが、業者によっては無料で引き取ってくれたり引越しのパックに組み込まれていたりすることもあります。事前に連絡をして日にちを決めれば、業者が自宅まで引き取りに来てくれるので便利です。

ただし、無料の場合は引取り回数が1回までなど回数制限が設けられていることもあるため、ダンボールの量があまりにも多すぎて複数回に分けないと回収できない場合は、追加料金が発生する可能性があります。また、回収は引越し完了から1~3ヶ月以内など期限が決められていることもあるので注意しましょう。さらに、他社のダンボールや劣化が激しいダンボールは回収してくれない業者もいますので、事前にホームページなどで確認しておくと安心です。

その他の業者に引き取ってもらう

  • 古紙回収業者
    古紙回収業者とは、使わなくなったダンボールや雑誌、新聞紙などを回収してくれる業者です。玄関先まで引き取りに来てくれる業者が多く利便性が高い一方、料金は業者によって異なり、紙の量や持ち込みなどの条件によっても無料・有料・買い取りなど変動します。なお、回収された古紙はリサイクルされ新たな紙製品として再利用されます。
  • リサイクル業者
    引越し業者と同様に、事前に連絡してスケジュールを合わせ回収に来てもらいますが、即日対応してもらえることもあります。また、一度で引き取れる量に制限がある引越し業者と違って、大量のダンボールでも一度に回収してもらえるというのもメリットです。ただし、注意すべきなのが自治体の許可を得ず無断で業務を行っている違法業者の存在です。違法業者を利用したことで、最初に提示された額よりも高額な料金を請求されたり、回収品を不法投棄されたりといったトラブルに発展する可能性があります。ごみ処理事業を行うには、事業を安全に行うための知識及び技能を持っていることを市区町村が証明する「一般廃棄物収集運搬業」の許可が必要です。リサイクル業者を利用する場合は、その業者がきちんと許可を得ているか確認しましょう。
  • 不用品回収業者
    不用品回収業者に依頼してダンボールを引き取ってもらう方法もあります。自宅まで回収に来てくれる業者もあるので便利です。また、リサイクル業者と同様に、工場などで出る大量のダンボールも対象にしているため、一度に回収できる量が多いというメリットがあります。ただし、こちらもリサイクル業者と同じように違法な業者が一部存在するため、利用前に「一般廃棄物収集運搬業の許可証」を持っているか確認しましょう。

資源ごみの日に出す

業者に依頼せず無料で手軽に処分できるのが、自治体の資源ごみの日に出す方法です。業者に連絡を入れてスケジュールを合わせる必要がないので手間が省けます。しかし、各自治体の「資源ごみの日」以外には出せないため、自分の都合に合わせて出せない点はデメリットでしょう。資源ごみの回収タイミングによっては、長期間自宅に置いておかなければならないこともあります。また、地域によってはごみ出しの時間やごみを紐で縛るなどのルールが厳密に決められていたり、あまりにもダンボールが大量すぎると回収されなかったりするため注意が必要です。

「エコボックス」に入れる

資源ごみと同様に、無料でダンボールを出せるのが「エコボックス」です。ショッピングモールやスーパーなどに設置されている場合が多く、ほとんどが年中無休でいつでも利用できます。無料でいつでも自由に使えるのがエコボックスの魅力ですが、設置場所まで自分でダンボールを持っていかないといけないのは難点といえます。また、ダンボールを紐でしばってまとめておく必要がある場合もあるため、事前に処分方法を確認しておきましょう。

ダンボールを捨てずに活用するアイディア

簡易ごみ箱

引越しのときは、荷解きでたくさんの細かいごみが出ます。ごみ袋に捨てるのも良いですが、ダンボールの方が自立するので小さなごみを入れやすく、汚れたらすぐに捨てられるので衛生的です。ごみの種類別にラベルを貼って分別したり、リメイクシートを貼っておしゃれにアレンジしてごみ箱として使い続けたりしても良いでしょう。また、ごみ箱以外にも衣類や雑貨、小物類の収納にも便利です。

簡易テーブル

荷解きが完了してテーブルが準備できるまでの対策として、ダンボールを簡易テーブルにする方法もあります。テーブルクロスのような大きめの布をかぶせれば一目見ただけではダンボールとはわかりませんし、衛生面もいくらか安心です。また、引越しの多い春の季節はお花見シーズンでもあります。簡易テーブルはお花見のときにも使えますし、解体して広げればレジャーシート代わりにもなるでしょう。

家具の下敷き

タンスや本棚、食器棚など重たい家具の下にダンボールを敷いて、床の傷を防ぐ使用方法もあります。特に賃貸物件の場合は、重たい家具を直接置いたことで床に傷をつけてしまうと退去時に修繕費用を請求される場合があります。持ち家であっても、せっかくの新居の床に傷をつけてしまったらショックでしょう。そういった事態に備えて家具と床の間にダンボールを挟ませておくことで、床に傷がつくリスクを避けることが可能です。ダンボールを小さく切って家具の四つ角に敷いたり、大きめの家具ならそのまま敷いたりしても良いでしょう。

簡易シューズボックス

簡易シューズボックスとして再利用するのもおすすめです。ダンボールを積み重ねるだけで簡単に作れますし、靴が増えたらさらに積み重ねて追加できます。玄関に靴が雑然と置かれたままでいるのは見ていて気持ちの良いものではないでしょうし、簡易的なものでもシューズボックスがあれば玄関がスッキリして家の出入りもしやすくなります。なお作る際は、大きなダンボールの中に靴が入る大きさのダンボールを入れることで強度を増すことが可能です。

簡易ベッド

引越し当日にベッドが用意できない場合もあるでしょう。そういった場合にダンボールは簡易ベッドとしても利用可能で、これは災害時の避難所でも活用されている方法です。床に直接寝るより体の冷えや痛みを抑えられるメリットがあります。

簡易ベッドは、ダンボールとテープとハサミがあれば簡単に作れます。ダンボールの対角線や十字に仕切りを入れれば、上からの圧に耐えられる強度を保てます。また、並べたダンボールの上にさらに余ったダンボールを敷けば、圧力もある程度分散できるでしょう。

子供用のおもちゃ

小さなお子さんのいるご家庭なら、ダンボールでおもちゃを作ってみてはいかがでしょうか。ダンボールを使った工作は、工夫次第で遊び方が無限に広がります。例えば、絵を描いてボードゲームにしてみたり、ドールハウスやワンちゃんのおうちを作ってみたり、子どもが入れるサイズの秘密基地を作ってみても楽しいかもしれません。また、いつかは処分するダンボールだからこそ子どもの発想力に任せて好きに遊ばせることができますし、引越し用の大きなダンボールなら日常の工作遊びとはひと味違うダイナミックな創作に挑戦することもできます。子どもと大人が一緒になって作れば、、家族の絆も深まることでしょう。

キャットタワー

猫を飼っているおうち限定の方法にはなりますが、ダンボールはキャットタワーにも変身します。ダンボールに猫が入れるほどの大きさの穴を空け、中にタオルなどを敷きつめれば簡単に作れます。もう少し本格的に作りたい方は、複数のダンボールを階段状に積み上げていき、数ヶ所に猫サイズの穴を開けていけば、猫も大満足のキャットタワーのできあがりです。

フリマアプリの梱包資材

フリマアプリやネットオークションを利用する方にとって、ダンボールは貴重な梱包資材になります。商品が売れて購入者へ発送する際、梱包資材がなければどこかから調達してくる必要があります。お金を出して購入することもできますが、できるだけ無駄な出費は抑えたいものですよね。ダンボールなら商品を発送する箱として使うことも、解体して緩衝材として使うこともできます。

災害時の備え

使い終わったダンボールは、災害時には便利グッズとして活用できます。地震・大雨・台風など、一時的に避難所で生活することになった場合に、簡易ベッドや着替えの際の目隠しとして活用できたり、椅子として活用することで避難所の床に直接座ることによる冷えや体への負担を軽減できたりします。

また、こうした緊急時に最も困るものがトイレだといわれていますが、ダンボールは簡易トイレを作る材料にもなります。さらに、豪雨や台風で浸水被害が出た際には、水を入れたごみ袋をダンボールに入れて、土のうと同じように使えます。ごみ袋との組み合わせは貯水タンクとしても活用可能です。このように、変形させやすくそれなりの強度があるダンボールは幅広い用途に活用できるので、災害時の備えとして備蓄しておくのもおすすめです。

まとめ

引越しで不要になったダンボールは、処分する以外にも実はさまざまな用途があります。特に引越しで使うダンボールは強度が優れているものも多く、一度引越しで使用しただけでは大きく劣化はしないでしょう。ここで紹介した以外にも、ご自身の工夫によってさまざまなものに役立てられるはずです。大量のダンボールを処分するのは、意外と労力のいる作業ですこの機会にダンボールの家庭での再利用方法を考え、楽しく便利に有効活用してみてはいかがでしょうか?