引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

粗大ゴミ

引越しの際にどうしても出てきてしまうのが、ゴミの処分をどうするかという問題です。小物や雑貨類など細かな不用品であれば簡単に処分できますが、大型の家具や家電などは処分するにあたって決まった手続きを踏む必要があります。荷造りなどと並行して行わなければならないため、効率よく処分する方法を心得ておきましょう。この記事では、引越し時に出てしまうゴミの処理方法から注意点、当日出てしまった場合の回収方法までご紹介します。

引越しの際に出るゴミの種類

引越しの荷造りをするにあたって、ゴミが出てしまうのは避けられないでしょう。そこでまずは、引越しの際にどのようなゴミが出てくるのかご紹介します。ただし以下はあくまでも一例であり、集積物の内容や分別方法・集積時間やルールなどはお住まいの自治体によって異なります。詳しくは自治体のWebサイトにアクセスするか、直接問い合わせて確認しておきましょう。

可燃ゴミ

可燃ゴミには主に以下のものが該当します。

  • 生ゴミ
  • 木製製品
  • 発泡スチロール
  • 革製品
  • 衣類
  • 靴類
  • 木の枝・葉
  • プラスチック類(容器包装プラスチックを除く)
  • 汚れた紙くず類

紙ゴミに関しては、汚れがなければ資源ゴミとして出すことができる場合があります。また、自治体によって異なりますが、上記に該当するものであっても規定以上のサイズになると粗大ゴミとして別途回収してもらう必要があるため注意しましょう。

不燃ゴミ

不燃ゴミには主に以下のものが該当します。

  • ガラス製品
  • せともの
  • アルミホイル
  • 金物類(フライパン、やかんなど)
  • 小型の家電製品・金属類
  • 照明器具

可燃ゴミと同じく、特に家電製品・金属類はサイズをオーバーすると粗大ゴミとして収集される場合がありますので、お住まいの自治体のサイズ規定を確認しておきましょう。

資源ゴミ

資源ゴミには主に以下のものが該当します。

  • ペットボトル
  • びん
  • ダンボール
  • 書籍・雑誌
  • 新聞・チラシ

多くの自治体においてペットボトル・缶・びんはラベルやキャップを外して出す必要があるため、適切な分別を行ってから捨てるようにしましょう。

粗大ゴミ

粗大ゴミには主に以下のものが該当します。

  • タンス
  • テーブル
  • イス
  • ふとん
  • 自転車
  • カーペット

サイズが大きく回収が難しいため、最も処分に困るのが上記のような粗大ゴミです。自治体や業者へ依頼する場合はお金がかかる場合もあるので、後述する回収方法を参考に処分を行いましょう。

ゴミの回収方法

引越し準備の際に出るゴミは総量が多くなりやすく、家具や家電など普段どおりのゴミ出しでは対応できない品目も出てきます。ゴミの回収方法にはさまざまな方法がありますので、自分のニーズに合った方法を検討してみましょう。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼するメリットとしては、引越し当日まで時間がない場合や回収してもらいたい総数が多い場合に対応してもらえる点が挙げられます。料金プランによっては部屋単位やトラックの台数単位での見積もりが可能な場合もあり、「とにかく量が多くて大変!」という方におすすめです。また、見積もりの依頼は電話やWebサイトから行える場合が多く、気軽に依頼できるというメリットもあります。さらに、集積場所まで持っていく必要がないため、持ち出しに困るゴミを処分する際に活用しやすい方法です。

自治体のゴミ回収を利用

多くの自治体が粗大ゴミの回収を行っています。自治体を通した不用品回収のメリットは、回収料金の一部を税金でまかなっていることから、回収業者に依頼するよりも安く済むという点です。

ただし多くの場合、料金は1品目ずつ固定で何を回収してもらいたいのか事前に申請しなければならないため、ゴミの量が多いと手間がかかります。したがって、ゴミの総量が少なく、かつ安く済ませたいという場合に自治体の回収サービスを利用すると良いでしょう。

なお、粗大ゴミのサイズ規定は自治体によって条件が異なります。例えば東京都大田区では一辺の長さが30cm以上のものとしていますが、神奈川県鎌倉市ではおおむね50cm以上のものを対象としています。

リサイクルショップを利用

ゴミというとどうしても処分するという選択肢だけが浮かんでしまいますが、ブランド品のアクセサリーやバッグ、衣類などを回収してもらいたいという場合は、リサイクルショップで買い取りをしてもらうというのも一つの方法です。

メリットはなんといっても買取金を受け取れるということです。状態によっては買取不可になってしまうこともありますが、最近は店舗に直接持ち込まなくてもWebサイトで行う宅配買取のサービスも増えています。仮に買取不可という結果になってしまっても無料で処分するサービスを行っているショップもありますので、自身に合った買取形態を選択しましょう。

譲渡・寄付を検討

ゴミとして処分したりリサイクルショップへ売却したりする以外の選択肢として、不用品となってしまった家具や家電の寄付を募集している団体へ寄付を行う方法もあります。寄付を受け付けている品目は、各団体のWebサイトに記載されているものを確認するか直接問い合わせてみましょう。

また、親戚や友人・近所の人など身の回りで欲しいと名乗り出てくれた人に譲渡するという方法もあります。業者などを通す必要がなく、条件が合えば気軽に受け渡しができるというのもメリットです。

ゴミを処分する際の注意点

回収日のスケジュール

行政の粗大ゴミ回収を利用する場合、基本的には回収日の日時希望を受けてもらえないという点に注意しましょう。行政サービスなので土日祝日は対応していないケースが多く、平日の朝に指定されるという場合がほとんどです。

また、申込みをしたら即回収してもらえるということはあまりなく、回収までにはある程度時間を要します。1日でも早く処分してしまいたい、と考えている場合は早めに申し込みを済ませた方が良いでしょう。

ゴミを処分する順番

少しでも効率的に作業を進めるには、ゴミを処分する際に優先順位を付けておくことが重要です。順番としては、まずは大型のものから処分を始めるのがおすすめです。サイズが大きいほど業者に申請するなどの工程を踏まなければならないことが多く、時間がかかってしまいます。引越し直前になってからの処分は、日程調整ができる業者を探さなければならないなど条件が厳しくなるため、大きな家具類の処分は早めに取り掛かった方が良いでしょう。また、大型のものを先に処分することで部屋のスペースが広くなり、作業がしやすくなるというメリットもあります。

家電リサイクル法の製品

家電製品のなかには、「家電リサイクル法」に準拠して正しく処分しなければならないものがあります。「家電リサイクル法」とは、特定の家庭用機器廃棄物から有用な部品や材料をリサイクルし、資源の有効活用を推進するために制定された法律です。以下のような製品が対象となります。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

こういった製品は、自治体による不用品回収を利用できません。家電製品の購入場所がわかっている場合や買い替えの場合は、購入店舗に連絡をして引き取ってもらえます。店舗の把握が難しい場合は、自治体に連絡をとり別途引き取りの相談を行いましょう。

また、不用品回収業者に依頼をすれば他のゴミと一緒に回収してもらうこともできますが、その際は収集・廃棄の許可を得ている業者に必ず依頼するようにしましょう。

無許可の不用品回収業者

不用品回収業を営むためには、「古物営業法」や「廃棄物処理法」、「特定商取引法」などの許認可が必要です。しかし、不用品回収業者のなかには無許可で営業を行っている悪徳な業者も存在します。違法な業者は、法外な金額を請求したり不法投棄を行ったり、またゴミの不適切な管理による火災の原因を作ったりとトラブルを引き起こすリスクがあります。回収業者へ依頼する場合は、無許可の営業をしている団体でないかどうかよく吟味しましょう。

悪徳業者の見極め方としては、無料を謳い文句にしている場合や、事業者名などの情報を公にしていない、見積もりの際に詳しい金額設定を表示しない、書面で見積もり・領収書などの書類を発行しないなどの特徴があります。

引越し当日にゴミが出てしまった場合

何ヶ月も前から計画的に引越しの荷造りの段取りを進めていても、なかなか思うように進まなかったり、直前になってゴミとして処理したいものが出てきたりとイレギュラーな出来事も起こり得ます。ここでは、そのようなときの対処法をご紹介します。

新居に持っていく

1番簡単な方法はそのまま新居まで持っていくという方法です。荷物として引越し業者にお願いするのも良いですし、自家用車で移動できるようなら車に乗せて運ぶのも一つの手です。

新居のスペースを占拠しない大きさのゴミであれば新居到着後にすぐ処分したり売却したりできますが、粗大ゴミに該当する場合は、自治体の規則に従って破棄、または回収業者を利用するなどして回収してもらいましょう。

処理センターへ直接持ち込む

自治体が運営している廃棄物の処理センターまで直接ゴミを持ち込む方法もあります。その自治体に住んでいる人であれば誰でも利用ができますが、持ち込む前に一度連絡した方がスムーズに引き取ってもらえるでしょう。処理をお願いする際にかかる手数料は、各自治体のWebサイトを参照してください。

引越し業者に回収してもらう

引越し業者のなかには、引越し作業日に不用品を回収してくれるサービスを行っている場合があります。引越しと同時に回収も行ってくれるため、改めて回収業者を呼んだり、自主的に処分をしたりという手間が省けます。ただし事前申請が必要な場合も多く、当日急にお願いしても受け付けてもらえないというケースも出てくるでしょう。その際は先ほどご紹介したように荷物として新居まで持っていくなど別途対応が必要です。

まとめ

この記事では引越し時に発生するゴミの回収方法や注意すべきポイントを紹介しました。引越し前の作業は、日々の暮らしに加えて、荷造りや各種行政の手続き、ゴミや不用品の処理などさまざまな工程を並行して行わなければなりません。引越し当日が近づいて慌ててしまうことのないように、計画的に動けるようにスケジュールを組んでおきましょう。