引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

荷造りをする女性と引越し業者
  • ひと工夫するだけで荷造りを進めていく工程や引越し当日の動きがとてもスムーズになります。
  • すぐに使わないものから梱包を始めることがポイント
  • 重さによっては衣装ケースやタンスに衣服が入ったまま運搬できる場合もあります。

引越しの際には荷造りをしなければなりません。多くの荷物を運びやすい形でまとめるために、ダンボールや緩衝材などの必要な道具や、衣服や危険物などのアイテムごとに最適な荷造り方法について事前にしっかりと把握しておきましょう。この記事では、荷造りの際に必要な道具やアイテムごとに適した荷造り方法、さらに効率良く荷造りするために覚えておくべきポイントを紹介します。

荷造りの際に必要な道具

梱包に必要な道具類

ダンボール

ダンボールは、多くの場合引越し業者から無料でもらえます。自分で用意する場合は、みかん箱程度のサイズかもう一回り大きめのサイズを選びましょう。引越し業者から提供されるダンボールも、大小2種類であることが大半です。

基本的には、小さいサイズには重いもの、大きいサイズには軽くてかさばるものを入れましょう。また、運搬の際に破れたり底が抜けたりといったトラブルがないように、しっかりと強度のあるダンボールか確認しておくと安心です。

テープ類

ダンボールを梱包する場合は、クラフトテープやガムテープを使用します。ただし、クラフトテープの場合は真っ直ぐに切れなかったり、はがした際に跡がついたりしてしまうことがあります。布製のガムテープであれば手でちぎることができるので、刃物を使う手間が省けておすすめです。また、養生テープがあれば衣装ケースや引き出しなどに仮止めをしたり、冷蔵庫の扉を固定したり、ホースやコード類をまとめたりといった用途でも使えます。

刃物

緩衝材を適切なサイズに切ったりダンボールに切り込みを入れたりと、カッター・ハサミなどの刃物類はなにかと重宝します。ただ、特にお子さんのいる家庭は紛失してしまうと危険なので、あらかじめ置いておく定位置を決めてから作業に入りましょう。

緩衝材

簡単に手に入るものとしては、新聞紙が挙げられます。食器類やCDなどの割れ物を包んで梱包したり、くしゃくしゃに丸めれば立派な緩衝材に早変わりしたりします。ただし、インクが写ってしまう可能性があるので、革製品のバッグや靴などを包む際は注意しましょう。

より繊細な割れ物・機械などを梱包したい場合は、エアキャップやエアクッションを使ってみましょう。最近では100円ショップなどで気軽に購入できるようになりました。突起部分の大きさも用途によって選べますので、最適な大きさのものを選びましょう。

雑誌などの書籍類をまとめたり、物干し竿や傘、解体した家具類などのダンボールに入りきらないものをまとめたりするために使います。紐はビニール製のものが一般的です。また、電化製品のケーブルを束ねる場合は結束バンドを使っても良いでしょう。

筆記具

ダンボールに何が入っているか記載するときに記入しますので、こすれなどへの耐性に強い油性ペンなどを用意しましょう。ダンボールにどの部屋に持っていくのかを一緒に記載しておくと運搬のときにスムーズです。また「割れ物注意」など、目立たせたい場合は黒だけでなく赤い油性ペンを用意しましょう。

ゴミ袋

使用途中で荷造りしなければならない調味類・シャンプー類、また混ざってしまうと危険な洗剤類はゴミ袋に入れて箱に詰めましょう。やわらかい容器など液漏れが心配な場合は、容器の口をラップなどで塞ぎ、ビニールなどに包んで輪ゴムで留めておくと液漏れを最小限に防ぐことができます。念のため、ダンボールには「液体製品あり」、「水漏れ注意」などと記載しておくと安心です。

また、荷物をまとめている時に不用品が出てしまった場合も、ゴミ袋があればすぐに捨てられます。想定外のゴミが出てしまったということもありますので、多めに用意しておくと良いでしょう。

アイテム別の荷造り方法

次は、荷物の種類ごとに梱包する方法をご紹介します。ひと工夫するだけで荷造りを進めていく工程や引越し当日の動きがとてもスムーズになりますので、ここでおさらいをして当日うまく引越しができるようにしましょう。

衣服

衣服は軽くてかさばりやすいので、大きめのダンボールにしまいましょう。夏用、冬用でそれぞれまとめて収納すると新居に到着したときも仕分けが楽に行えます。シワや畳み跡が気になるデリケートな衣服の場合は、衣服をハンガーにかけたまま梱包ができるハンガーボックスがレンタルできることもあるので、各引越し業者に問い合わせてみましょう。また、重さによっては衣装ケースやタンスに衣服が入ったまま運搬できる場合もあります。

書籍

書籍や雑誌はまとめると非常に重くなりますので、梱包する際は小さなダンボールに入れましょう。書籍のサイズをまとめる、緩衝材をはさむといった工夫をすることで、梱包時や運搬時の折れ・傷などのダメージから書籍を守ることができます。

一箱が重くならないように詰め込みすぎず、空間ができてしまった部分には緩衝材を使ってダンボールを積み重ねた時の潰れを防ぎましょう。

布団

「布団袋」という布団を入れる専用の袋を無料で引越し業者が配布してくれる場合が多いので、布団袋にしまうようにしましょう。たたんだ布団を袋に入れたら縦紐、横紐それぞれ向かい合わせになっている部分を結んで完成です。

このとき、布団がクッションになるからと布団の間に割れ物やガラス製品などをはさむのは絶対にやめましょう。運搬時や荷解き時に怪我に繋がる恐れがあります。

割れ物

お皿は一枚ずつ、コップは一つずつ紙で包み込み、四隅から順に内側に折り込んで入れましょう。ビン類も一本ずつ包み、縦に梱包します。隙間には必ずたっぷりと緩衝材を入れて、運搬時に動かないようにしましょう。

蓋付きの土鍋などは、まず蓋を包んでから本体を包み、蓋と本体をまとめてさらに上から包むと蓋と本体が離れることなく、強度も増すので安心です。

危険物

刃物類は厚紙やダンボールを切り取って二つ折りにし、刃の部分がすっぽりと収まるようにテープで留めましょう。本数が多い場合は互い違いに収納するとかさばらず、隙間も減らせます。

石油ストーブなど燃料を使用する暖房器具は必ず石油を抜いて空焚きをし、点火用の電源を抜いてビニール袋などにまとめて入れましょうなお、石油や燃料など火災の原因となるものは引越し業者から運搬を断られる場合が多いので、その場で処分するか、引越し先まで運びたいという場合は自身で運搬することになります。

パソコン

パソコンは運搬時の衝撃などにより起こるかもしれないデータ消失などのリスクを考えて、引越し前に必ずバックアップをとってデータの安全を確保します。もしもパソコン購入時の箱がそのまま残っている場合は、極力そのまま入れるようにしましょう。付属製品などもまとめてしまえますし、外からも何が入っているかひと目で理解できるのでトラブルが起こりにくいというメリットもあります。ダンボールに入れる場合は、パソコンや精密機器であることをしっかりと書き記して、緩衝材や毛布などで厳重に保護しておきましょう。

効率良く荷造りするために

梱包をしている人

すぐに使わないものから梱包する

引越しの作業のなかでも、荷造りはもっとも時間と手間がかかります。そのなかで、効率よく荷造りをするにはどういったポイントを重視すれば良いのでしょうか。梱包のやり方や手順を少し工夫するだけで驚くほど時短に繋がるので、ぜひ参考にしてみてください。

荷造りをしている最中に、必要なものなのに先に梱包をしてしまって後からダンボールから取り出さなければならず、二度手間になってしまったという経験はありませんか。効率よく荷造りを始めるには、まずはすぐに使わないものから梱包を始めることがポイントです。シーズンオフの衣服や季節家電製品など、新居で使いはするけれども今は手元になくても大丈夫というものから順番に梱包をすれば早く片付きますし、梱包の順序がより明確になります。

玄関付近の荷物は後回しにする

梱包を行う部屋の順番も重要になります。荷造りを始める段階になったとしても、しばらくはそのまま生活を続けていくはずです。玄関回りがダンボールや荷物で埋まってしまうと、お出かけや通勤・通学などの日々の行動に支障が出てしまいますし、有事の際の避難経路を塞いでしまうことにも繋がります。ダンボールに詰めた荷物はかなりのスペースをとりますので、詰める部屋やダンボール箱を置いておくスペースはなるべく日々の生活に支障をきたさない奥の部屋から始めるのがポイントです。

それぞれの部屋の中で先に荷造りを始める場所は、押入れやクローゼットの中身から着手すると良いでしょう。前述したとおり、これらの場所には日常生活ですぐに使わないものが入っている場合が多く、また梱包したダンボールを押入れやクローゼットの空いたスペースに収納できるので別途置き場所を考える必要もなくなります。

箱ごとの重さを近づける

前述のとおり、軽くてかさばるものは大きいサイズのダンボールに、重いものは小さなダンボールに梱包するというのが一般的な方法です。一人で持ち上げられる程度を目安として、箱ごとの重量を考えて梱包すると良いでしょう。一つの箱にたくさん詰め込みすぎて重くなりすぎると、ガムテープなどでしっかり補強したつもりでも底が抜けて思わぬトラブルに繋がる恐れもあります。重さを調整して隙間ができてしまったという場合は、緩衝材を詰めて箱が型崩れしないようにしましょう。

まとめ

荷造りは引越しの作業のなかでも特に手間がかかるものです。何から詰めたら良いのか、どうやって梱包したら良いのかと悩んでしまいなかなか先に進まないという経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。計画的に手早く進められるように、今回の記事では荷造りに必須なアイテムと効率よく荷造りが行えるポイントについて解説しました。気持ち良く新居に引越しができるように、ちょっとしたコツを覚えて荷造りを進めていきましょう。