引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

ダンボールとガムテープ

引越しの際にはたくさんのダンボールが必要になります。多くの荷物をまとめるために欠かせないものですが、普段から数を持っている人は少なく、多くの場合引越しに合わせて手に入れる必要があります。また、ダンボールを使った梱包方法にも工夫が必要です。良く考えて詰めていけば箱の使用量を減らすことができます。この記事では、引越しに使うダンボールの入手方法や効率の良い梱包方法などを解説します。

ダンボールを入手する方法

引越しの際にはダンボールが多数必要になるものです。ダンボールの入手方法は無料・有料のいずれの場合も複数あり、基本的に引越し業者を利用するなら業者からの無料提供、利用しないなら通販での購入という手段が一般的です。少量だけ確保したい場合は、スーパーマーケットからもらったりホームセンターで買ったりすることもできます。

無料でダンボールを入手する

引越しの際には多数のダンボールが必要になりますが、大半は無料で手に入れることができます。まず、多くの引越し業者が依頼時にダンボールを無料で提供してくれます。引越し業者や契約するプランによってもらえる枚数には差がありますが、基本的に、ある程度までの荷物量であればすべて梱包可能な枚数を確保できます。

引越し業者からもらえる分で足りない場合は、スーパーマーケットやドラッグストアなどが無料で配っているダンボールを利用するとコストがかかりません。この場合は、多くの荷物を梱包することを考えて強度や大きさの確認を入念に行う必要があります。

有料でダンボールを入手する

引越しを業者に依頼せず自力で引っ越す場合、多数のダンボールを自前で用意する必要があります。強度が高い新品のダンボールを大量に確保するためには購入するのが確実です。

一度に多数購入する場合は通販の利用がおすすめです。一般的に枚数が多いほど一枚あたりを安く購入でき、購入後のダンボールを持ち帰ってくる手間がかからないという利点もあります。一方、荷造り中にあと少し足りないなどの理由で少数枚購入したい場合はホームセンターがおすすめです。通販に比べて若干割高になりますが、サイズを自分で見極めてすぐ手に入れることができます。

ダンボールを使った梱包のコツ

引越しの準備では多くの荷物をダンボールに梱包します。何も考えずに梱包すると、無駄が多くなるだけでなく荷物が破損する確率も上がってしまいます。梱包する際には、事前に不用品を処分したり同じ種類の荷物を一つにまとめたりとさまざまな工夫をすると効率的な荷造りや引越しができます。少しでも手間を減らして苦労の少ない引越しを目指しましょう。

不要なものは処分しておく

荷物の梱包を始める前に、すべての荷物を整理して不用品を処分します。荷物を減らすと引越し費用を安く抑えることができ、まだ使えるものを売却すれば逆にお金を増やすこともできます。所有物が減ることで、気分もすっきりするでしょう。

不用品を売却するときにはオークションやフリマアプリがおすすめです。利用する際は、購入者に荷物を送るまで少し時間がかかることがある点には注意しましょう。また、ほかにもリサイクルショップに引き取ってもらう方法もあります。

大きなダンボールに重いものを詰めすぎない

荷物をダンボールの中に詰める際は、一つの箱にあまり多く詰めないことが重要です。中身が重くなりすぎると箱を動かしづらくなり、都度複数人で運ぶことになって効率が落ちる恐れがあります。また、箱の底が重みに耐えられず抜けてしまったり、蓋が盛り上がって上に別のものを載せづらくなったりするリスクもあります。梱包の際には、各ダンボールの重さをすべて1人で運べる程度にそろえるよう意識しましょう。小さなダンボールに重いものを、大きなダンボールに軽いものを優先的に詰めると効率的です。

同じ種類のものはなるべく一緒にする

効率良く梱包するために、なるべく同じ種類、同じ部屋のものを同じ箱に集めるようにしましょう。箱の容量に余裕があるからとあれもこれも詰め込んでしまうと、新居への搬入や搬入後の荷解きの際にどれが、どこにあった、誰のものかわからなくなってしまいます。「この箱はこの部屋の服だけ」、「この箱はこの部屋のおもちゃだけ」などとまとめておけば、引越しの最後に悩まずに済むでしょう。すべて詰めても箱の中に隙間が空く場合は、少し小さな箱に詰め替えるか新聞紙や緩衝材などで隙間を埋めるのがおすすめです。

ダンボールに内容物を明記する

ダンボールの中が埋まったら、すべての箱に中身がわかるメモを書いておきます。新居で多数の箱を搬入するときに、どの箱に何が入っているかわかれば持っていく部屋をすぐに判断でき、荷解きの効率も上がるでしょう。また、特に割れものや壊れやすいものはその旨書いておかないと、運搬時に破損する危険性が高まります。引越し業者から提供されるダンボールには内容物を書く欄が付いていることもあるため、上手く活用すると良いでしょう。メモだけでなくテープの色も変えるとさらにわかりやすくなります。

アイテム別の梱包ポイント

引越しの際に運ぶ荷物は種類によって梱包時に特に注意すべきものがあり、気をつけないと荷物の汚れや破損などに繋がります。大事な荷物を新居まで無事に運ぶために、アイテムごとに梱包のポイントを確認しておきましょう。

食器

食器は比較的重いため、箱が重くなりすぎないよう小さめの箱を選びます。衝撃で割れないようにタオルや一度くしゃくしゃに丸めた新聞紙などで一つずつ包み、箱の底にも緩衝材を敷いてから詰めていきましょう。

皿は原則として立てて並べます。コップやグラスは細い持ち手や足を包んでから全体を包み、口を上にして並べましょう。鍋やヤカンなど蓋つきのものは、蓋と本体を別個に包んでから蓋を逆さまに本体と重ねてもう一度包みます。

詰める際は、食器同士が直接触れないように注意しつつ隙間なく詰めましょう。微妙な隙間には緩衝材を詰め、最後に一番上にも緩衝材を重ねたら梱包完了です。

本・CD・DVD

書籍類は梱包すると非常に重くなるので、無理なく運べるよう小さなダンボールに詰めましょう。背表紙を上に向けて詰めると本が傷んでしまうため、横向きに敷き詰めるように梱包します。箱の上部に隙間があると積み重ねたときに潰れる危険があるため、一番上まで隙間なく重ねるのがポイントです。

CDやDVDなどは縦向きに小さめのダンボールに詰めて、衝撃を防ぐため緩衝材で隙間を埋めましょう。書籍もCD・DVDも箱の底に強い圧力がかかるため、箱の底を補強しておくと安心です。

衣類

衣類はあまり重くならないため、ある程度大きめのダンボールを使用します。箱が小さすぎるとしわがつく可能性もあります。梱包する際は時期外れのものから梱包していきましょう。

大手の引越し業者では、多くの場合「ハンガーボックス」という衣服をハンガーにかけたまま梱包できる箱を貸してくれます。市販もされているため自分で準備することも可能です。ハンガーボックスを使わない場合、あるいはハンガーボックスを借りられない業者の場合は、しわがつかないよう丁寧にたたんで詰めましょう。引越し業者によってはタンスに入った衣類をそのまま運ぶことができるため、依頼時に確認しておくことをおすすめします。

衣装ケースに入っている衣類の場合、中身が衣類のみであればそのまま運搬可能です。液体やプラスチック製品、割れ物などは入れられません。衣装ケースを運ぶ際には、輸送中に蓋が開かないように、かつ搬入後に開けやすいように蓋を養生テープで留めておきます。

靴の梱包は依頼する引越し業者やプランにより方法が変わります。大手の業者では靴の梱包用にシューズケースを用意しており簡単に梱包できますが、オプションとして追加料金がかかる場合もあります。

シューズケースを利用しない、あるいは利用できない業者やプランの場合は自分で梱包する必要があります。靴の購入時に使用した箱が残っていればそのまま利用できますが、すべての靴を靴箱に入れようとすると荷物が増えてしまうため、できるだけダンボールにまとめて梱包しましょう。梱包の際は、つま先とかかとを合わせて交互に重ねていきます。一足ずつ紙などで包むと傷や汚れを防げるでしょう。

植木鉢

植木鉢に植えられた植物は、一般的な観葉植物なら多くの引越し業者で運搬可能です。梱包する際には水や土がこぼれないように、引越し数日前から水やりの量を減らし、運搬時には鉢の部分をビニール袋で覆います。植物が呼吸できるよう、ビニール袋にはところどころに穴を開けておくのが重要です。鉢が割れやすい素材の場合は、新聞紙や緩衝材などで包みましょう。さらに、箱の蓋を開けておくと中身がわかりやすくなり運搬時に上手く対応できます。なお、トラックで運べない大きさのものやしおれやすい種類のものは、引越し業者ではなく造園業者に依頼する必要があります。

引越し後に不要になったダンボールの処分方法

新居で荷解きや各種手続きが済んで落ち着いたら、梱包に使用した大量のダンボールを処分する方法を考えなくてはなりません。ゴミとして出したり引越し業者に引き取ってもらったりといくつか方法があり、それぞれに利点と注意点があります。方法によっては引越し前の見積もり段階から考えておくとお得なものもあるため、なるべく新居を契約したタイミングからダンボールの処分方法についても考えましょう。

ゴミ出しする

最も基本的な不用品の処分方法はゴミとして出すことです。全国の多くの自治体ではダンボールを資源ごみに指定しているため、新居がある市区町村におけるダンボールの扱いや資源ごみの回収日時を確認しましょう。同時に「たたんでひもで縛る」、「雨の日は出さない」などのルールも確認し守る必要があります。

引越し時に出るダンボールは非常に多く、一度に全部のダンボールを資源ごみとして出してもゴミ収集業者が回収しきれない可能性があります。事前に自治体や業者に連絡したり、何回かに分けて少しずつ捨てたりするなどの対策が必要です。

引越し業者に引き取ってもらう

依頼した引越し業者にダンボールを引き取ってもらうこともできます。これは多くの引越し業者が行っているサービスで、荷解き終了後に業者に連絡すると引き取りに来てくれます。業者によっては無料で受け付けてくれますが、自社のダンボール以外は回収しない場合もあります。また、引越しの繁忙期には引き取りまで時間がかかったり引き取りサービスを受けていなかったりすることもあるようです。業者ごとの具体的なサービス内容と条件を見積もり段階で調べておきましょう。

古紙回収業者に依頼する

最も早く処分できる方法は古紙回収業者に依頼することです。リサイクルセンターに持っていったり民間の回収業者に依頼したりする方法がありますが、多くの場合はいずれも処分にお金がかかります。業者によっては逆に買い取ってもらえる場合もあるようです。

古紙回収業者の注意点として、業者ごとの質に大きな差がある点が挙げられます。丁寧な対応で信頼できる業者がいる一方で、自治体の許可を取らずに営業する違法業者も見受けられます。引越し早々にトラブルに巻き込まれないよう、古紙回収業者を利用するときは情報収集を怠らずに優良な業者を選びましょう。

まとめ

引越しの際に必要なダンボールの入手方法と処分方法、そして梱包時のコツやアイテムごとのポイントを紹介しました。引越しに欠かせないダンボールの扱い方を理解していれば、引越しの能率もぐんと上がるでしょう。どこでどのようなダンボールをどう使うか、引越し準備中にもある程度考えておきましょう。