引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

引越しにかかる費用と現金
  • 引越しの価格が1年で最も高い月は3月のため、繁忙期の引越しは早めの行動が重要。
  • 引越しの費用は基本的に運賃・実費・付帯サービス料によって算出される。
  • 引越し契約後、多くの場合は引越し3日前までは無料でキャンセル可能。

引越しは、多くの人にとって頻繁に経験することのない一大イベントです。スムーズな引越しを実現するためには、きちんと計画を立て、特にお金の面で入念な準備をする必要があります。この記事では、引越しにかかる費用にはどのようなものがあるのかを解説したうえで、一人暮らしの場合、二人暮らしの場合、家族の場合に分けてそれぞれで必要となるお金の目安をご紹介します。最後に引越し費用を安く抑えるポイントもみていきましょう。

単身・二人暮らし・家族の引越し予算相場

単身者の引越しの予算相場

繁忙期に引っ越す場合、市町村内などの短距離移動であれば、荷物の量に応じて約35,000~50,000円が相場です。引っ越す距離が長くなるにつれて高くなり、500km以上移動する場合には約122,000円となります。通常期であれば、短距離の引越し代は約30,000~40,000円、長距離の引越し代は約101,000円です。

■引越し費用の予算相場

距離 通常期(5~2月) 繁忙期(3~4)
~15㎞未満
(市区町村内)
29,500円 35,400円
~50㎞未満
(都道府県内)
41,500円 49,800円
~200㎞未満
(同一地方内)
71,000円 85,200円
~500㎞未満
(近隣地方)
86,400円 103,700円
500㎞~
(長距離)
101,800円 122,200円

退去費用の予算

退去費用、すなわち原状回復費用は、敷金がいくら返還されたかで見積もることができます。

原状回復費用は部屋の使い方によって異なるため、敷金の返還は全額返還からまったく返還されないケースまでさまざまです。

政府の統計をみてみると、平均的には敷金の約4割が返還されています。

したがって、原状回復費用は敷金の6割程度であることが一般的なようです。

敷金を家賃の1ヶ月分程度とし、一人暮らしの家賃の全国平均を約50,000円とすると、その6割なので退去費用としては50,000×0.6=30,000円の費用がかかり、その分だけ敷金が返ってこなかったことになります。

■原状回復費の一例

家賃 原状回復費
50,000円 30,000円

物件の初期費用

物件の初期費用は、家賃から決まる予算と、仲介手数料や鍵の交換費用などの家賃から独立した費用とを合計することで求めることができます。一人暮らしの家賃の全国平均を約50,000円とすると、物件の初期費用は約220,000円となります。場所によって大きく変わりますが、東京のシミュレーションを行う場合、家賃72,000円とし、前家賃や管理費、敷金礼金と手数料を先述した相場の最安値で見積り、火災保険を5,000円、鍵交換費用を10,000円として足すと以下のような式になります。

7.2+7.2+7.2×0.05+7.2+7.2+7.2×0.5+0.5+1=約34.3万円

■引越しにかかる初期費用の相場

エリア 家賃 初期費用
全国平均 50,000円 220,000円
東京平均 72,000円 345,000円

※火災保険を5,000円、鍵交換費用を10,000円として初期費用に含めて算出しています。

二人暮らしの引越し予算相場

引越し代の予算

繁忙期に引っ越す場合、市町村内などの短距離移動の場合は約84,000円が相場です。引っ越す距離が長くなるにつれて高くなり、500km以上移動する場合に約200,000円となります。

通常期であれば、短距離の引越し代は約47,000円、長距離の引越し代は約112,000円です。二人暮らしの引越しでは荷物の量に大きなばらつきがあり、相場からずれることもあるため注意しましょう。また繁忙期と通常期で引越し代に大きな開きがあることも忘れてはなりません。

■引越し費用の予算相場

距離 通常期(5~2月) 繁忙期(3~4)
~15㎞未満
(市区町村内)
47,000円 84,600円
~50㎞未満
(都道府県内)
59,500円 107,100円
~200㎞未満
(同一地方内)
82,000円 147,700円
~500㎞未満
(近隣地方)
97,400円 175,400円
500㎞~
(長距離)
112,800円 203,100円

退去費用の予算

一人暮らしの場合と同じように計算すると、二人暮らしの家賃として全国平均の約56,000円を用いれば、その6割、56,000×0.6=約33,000円が必要だったことになります。

■原状回復費の一例

家賃 原状回復費
56,000円 33,000円

物件の初期費用

物件についても一人暮らしの場合と同じように計算すると、全国平均は約298,000円、東京都の場合は約432,000円となります。

家族の引越し予算相場

ここでは家族4人の引越しについて考えることにします。繁忙期に引っ越す場合、市町村内など短距離移動の場合は約122,000円が相場です。引っ越す距離が長くなるにつれて高くなり、500km以上移動する場合に約272,000円となります。

通常期であれば、短距離の引越し代は約68,000円、長距離の引越し代は約151,000円です。家族の引越しは荷物の量のばらつきがさらに大きくなるので、相場からのずれもより大きくなります。

■引越し費用の予算

3人家族 4人家族 5人家族
時期通常期
(5~2月)
繁忙期
(3~4月)
通常期
(5~2月)
繁忙期
(3~4月)
通常期
(5~2月)
繁忙期
(3~4月)
~15㎞未満
(市区町村内)
54,200円97,500円68,000円122,400円73,500円132,300円
~50㎞未満
(都道府県内)
67,500円121,600円82,700円148,900円88,200円158,800円
~200㎞未満
(同一地方内)
95,600円172,100円120,400円216,800円131,400円236,600円
~500㎞未満
(近隣地方)
111,000円199,800円135,800円244,500円146,800円264,300円
500㎞~
(長距離)
126,400円227,500円151,200円272,100円162,200円291,900円

退去費用の予算

家族の家賃として全国平均の約73,000円を用いると、その6割の約44,000円が必要だったことになります。

■原価回復費の一例

家賃 原状回復費
73,000円 44,000円

物件の初期費用

前家賃や管理費、敷金礼金と手数料を先述した相場の最安値で見積もると、全国平均は約346,000円、東京都の場合は約520,000円となります。

引越しの価格が1年で最も高い月は3月

単身者の引越しで最も料金が高くなるのは引越しの繁忙期である3月となり5.1万円台となります。この時期は年度の境目にあたり、卒業・入学・就職などで多くの人の生活環境が変わるため、多くのサービス業では繁忙期に料金が上がり予約もとりづらくなります。引越し業界も例外ではなく、普段と比べて料金が大幅に上がるうえに予約も非常に早く埋まってしまいます。国土交通省も混雑緩和のために引越し時期の前倒しを呼びかけています。可能な範囲で、少し早めに行動することをおすすめします。

■単身者の時期ごとの引越し費用相場

引越し時期引越しの距離
~15㎞未満
引越しの距離
~50㎞未満
3月51,900円71,900円
11月29,500円41,500円

家族の時期ごとの引越し費用相場

引越し時期2人家族3人家族4人家族
~15㎞
未満
~50㎞
未満
~15㎞
未満
~50㎞
未満
~15㎞
未満
~50㎞
未満
3月100,300円127,000円115,700円144,200円145,100円176,500円
11月47,000円59,500円54,200円67,600円68,000円82,700円

引越し予算の内訳

引越し作業にかかる費用

引越し業者に支払う費用は、トラックを借り切る場合と小口の荷物を宅配便のように他の荷物と詰め合わせて運ぶ場合とで異なります。

引越しの費用は、基本的に以下の計算式で算出されます。

引越し費用が決まる仕組み

■基準運賃

1t~2t車まで3t~4t車まで5t~6t車まで
作業時間上限下限上限下限上限下限
4時間制20,300円13,500円24,000円16,000円26,900円26,900円
8時間制33,900円22,600円40,000円26,900円26,900円26,900円
1時間増すごとに3,400円2,200円3,800円2,500円4,600円3,100円

※火災保険を5,000円、鍵交換費用を10,000円として初期費用に含めて算出しています。

出典:国土交通省近畿運輸局ホームページ

料金

休日、深夜・早朝の運送になると割増料金が加算されます。また、3月中旬~4月上旬までの繁忙期にも割増料金が設定されています。

実費

実費とは、作業員の人件費や有料道路の使用料などのことです。梱包資材も実費に含まれます。一般的に段ボールなどの梱包資材は一定量まで基本的料金に含まれていることが多いです。

附帯サービス

附帯サービスとはいわゆるオプションのことです。洗濯機の取付、エアコン、アンテナの取り付け・取り外し、ピアノを運ぶ場合、家具の防虫・消毒など、業者によりさまざまなオプションが設定されています。

不用品の処分

引越しするときにはたくさんの不用品が発生します。小さなものは通常のゴミとして処分できるのでお金はかかりません。家電や家具は自治体や不用品回収業者のサービスを使って処分します。エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機はリサイクル制度を使って処分します。不用品の処分の詳細については自治体のサイトを確認したり直接問い合わせたりしてみましょう。

いままでの物件から退去するための費用

退去するときには、物件の状態を元に戻す、すなわち「原状回復」を行う責任があります。

原状回復とは、引越し作業でついたキズ、適切に手入れしなかったことでついた破損、タバコヤニや臭い、ペットがつけたキズなど、通常の消耗や経年変化にあたる劣化「以外」の部分を回復させることです。修理が必要となった場合、敷金を超えていれば費用が発生し、敷金を超えなければ差額が返金されます。なお、解約までの家賃も必要となるため注意しましょう。

新しい物件の契約にかかる費用

新しい物件に入居するときには、家賃だけでなくさまざまな費用が必要になります。主な費用は以下のとおりです。

前家賃・管理費(共益費)

家賃は前払いが基本です。そのため、新しい物件を契約するときには先に家賃を支払うことになります。月の途中で入居するときには日割り計算します。家賃の支払いが前になるか後になるかの違いですが、一時的に費用が発生するので引越し予算に入れておく必要があります。


管理費(共益費)は物件の共有スペースのための費用です。毎月家賃とともに支払う必要がありますが、前家賃を支払うときにも一緒に支払います。相場ですが、前家賃は通常1~2ヶ月分、管理費は家賃の5~10%と言われることがありますが、実際は物件ごとに異なります。特に管理費はエレベーターなどの管理するべき設備が増えれば増えますし、同じマンションに入居していても面積が広ければ多く割り当てられます。

敷金・礼金

敷金は、部屋を退去するときの原状回復にかかる費用をあらかじめ支払っておく費用です。原状回復にあまり費用がかからなければ差額を返還され、逆に費用がかかれば追加して支払います。一方で、礼金は大家さんに対するお礼の意味で支払う費用なので返還されません。最近は「礼金なし」という物件が増えてきました。敷金・礼金ともに家賃の1~2ヶ月分が目安です。

仲介手数料

不動産会社に支払う手数料です。0.5~1ヶ月分の家賃が相場です。

火災保険料

火災保険への加入が義務付けられている物件も多くあります。2年分まとめて支払う場合の相場は10,000~30,000円です。

鍵の交換

トラブルを未然に防ぐために、多くの物件において借主が変わる度に鍵を交換します。10,000~20,000円が相場です。

家賃保証会社

物件を借りる際は、家賃の滞納に備えるために基本的に保証人が必要になります。保証人がいない場合は、保証会社を利用して物件を借りることができます。その際、保証会社に支払う費用相場は家賃の0.5~1ヶ月分です。

その他の費用

引越しにかかる主な費用として、上記の他にも近所に挨拶周りをする際の「手土産代」があります。集合住宅の場合は両隣と上下のお部屋の住人の方と管理人さん、一戸建てなら両隣と階上・階下の部屋に対して500~1,000円程度の土産を持っていきます。

失敗しない引越し業者の選び方

複数の引越し業者の見積りを取る

自分で作業する分を増やして必要な分だけ引越し業者のサービスを利用すれば、引越し費用を抑えられます。引越しの料金は引越し業者が提供するサービスによって異なるため、まずは複数の引越し業者の見積りを取り、自分にとって一番リーズナブルな引越し業者を選びましょう。

地域密着の中小業者も視野にいれよう

引越し業者には大手業者と地域密着の中小業者がありますが、近距離での引越しは中小業者の利用も検討しましょう。 多くの中小業者は一定の地域で地域密着型のサービスを展開しているため、地域内に土地勘があり柔軟な対応を期待できます。また、スタッフの人数が比較的少ない分チームワークが良く、同じスタッフに一貫して対応してもらえることが多いためコミュニケーションが円滑に進む可能性も高くなります。さらに料金も大手より安いことが多いため、引越し業者の充実したサービスを受けつつ安価に引っ越すことができるでしょう。

いつ引越し見積りを依頼するべき?

余裕をもった引越しを考えると、「引っ越しの1カ月前」 を目安に考えておくとよいでしょう。引越しの数日前でも見積りができる場合がありますが、住んでいるエリアの予約状況によっては予約できない場合がありますので早目に準備しましょう。

引越し費用を安くする方法8選

1.複数の不動産会社を比較する

一口に不動産会社といっても、スタッフの応対の仕方や取り扱い物件数、得意とするエリアなどそれぞれ特徴があります。複数の会社のサイトを比較したほうがいろいろな物件を探すことができるでしょう。

また手数料の設定も異なる ので、同じ物件でも費用が変わる場合があります。比較サイトを使うと簡単に多数の物件の情報を比較できるためぜひ活用しましょう。

2.土・日・祝日を避ける 

引越し代を安くするに、まず一つめとして曜日の調整も有効です。引越しは土日や前日である金曜日に需要が増して料金も上がり、平日の月~木曜日には土日よりも安く申し込めます。翌日が平日のため慌ただしくなる欠点はありますが、引越しになるべくお金をかけたくない場合にはぜひ選びたい選択肢です。引越し業者が空いているため予約をとりやすいメリットもあります。

3.礼金なしの物件を選ぶ

家賃が同じでも、敷金・礼金、仲介手数料、共益費などによって引越しにかかる費用が大きく変わります。最近は礼金や敷金、仲介手数料が無料になる物件も増えており、礼金なしの物件を選べば家賃1~2ヶ月分の費用を減らすことができます。ただし、礼金をなくした分だけ家賃を周囲の相場より高くする物件もあるので注意しましょう。

4.フリーレントを利用する

フリーレントとは入居してから一定期間家賃が無料になる物件 です。1~2ヶ月分の家賃が無料になれば当然引越し費用を安く抑えることができますが、フリーレントの物件を早く解約すると違約金やフリーレント分を請求される場合があります。また礼金なし物件と同じように、フリーレントでも家賃が相場より高く設定されていることもあるので注意が必要です。

5.荷造りや梱包を自分で行うプランを選択する

引越しのプランによっては業者が運搬だけでなく荷造りなども代行してくれるものがありますが、荷造り程度ならば自力でも十分可能です。少しでも安いプランにすることで出費を抑えられます。

荷造りを行うときには、なるべく玄関から遠い部屋 を優先します。玄関付近に梱包済みの箱が積まれていると邪魔になり、万が一災害が起きた場合に避難に支障が出る危険もあります。梱包の順序は、季節外れのものや思い出の品といった当面使わないもの を先に梱包しましょう。反対に、日用品など毎日のように使うもの は最後まで梱包してはいけません。段ボール箱に詰め込む量の目安として、一箱を一人で持てるくらいの重さに抑えるとちょうどよくなります。重いものは少数だけ入れて、軽いものは一箱に多数まとめてしまいます。荷物を詰めた箱には中身とキッチン、寝室、リビングなど新居での使用場所を書いておくと、搬入や荷解きの際に便利です

6.複数の引越し業者の見積りを取る

自分で作業する分を増やして必要な分だけ引越し業者のサービスを利用すれば、引越し費用を抑えられます。引越しの料金は引越し業者が提供するサービスによって異なるため、まずは複数の引越し業者の見積もりを取り、自分にとって一番リーズナブルな引越し業者を選びましょう。

7.単身パックを利用する

決まったサイズのコンテナボックスに荷物を積んで運ぶ、単身者向けのサービスです。業者によってサービスを提供している場合とない場合があるので、利用を検討する際は必ず事前に業者に問い合わせましょう。料金は、コンテナのサイズと引越し先までの距離によって変わります。料金相場は1ボックス当たりSサイズ(高さ約130~150cm前後)で、近距離の場合は約12,000円から、遠距離では約16,000円からとなっています。Lサイズ(高さ約150cm以上)は近距離で約15,000円から、遠距離で約18,000円以上です。また、夜間や日曜日・祝日に割増料金が発生する 場合もあります。

なお、単身パックを利用する際は荷物のサイズに注意が必要です。まず、タンスやベッドなどの大きな家具は運ぶことができません。また、冷蔵庫や洗濯機、TVなどの家電製品も、大きさによっては積みきれない場合があります。

8.不用品を処分する

引越しの荷物が少なければ作業員の人数もチャーターするトラックの台数も少なくなるため、引越しにかかる費用を抑えることができます。一人暮らしの場合はトラックをチャーターしない引越しプランを選べばさらに費用を抑えることができます。不用品をできるだけ処分して、引越し先に持っていく荷物を減らしましょう。

引越し見積りはキャンセルできる?契約後のキャンセルの場合は?

引越し見積りはあくまでも見積りであって、引越し業者と契約を交わすわけではないため、キャンセルをすることが可能です。見積りの段階ではキャンセル料金が発生することはありません。

契約後も引越し3日前までは無料でキャンセルできる

見積りの結果、依頼したい引越し業者がきまったら引越し業者と契約を交わすことになります。しかし、契約後にやむをえない理由でキャンセルをすることは可能なのでしょうか?

多くの引越し業者では、国土交通省の「標準引越運送約款」 に則ってサービス運営を行っています。この約款によると、キャンセル料金が発生するのは以下のとおりです。

キャンセル日キャンセル料
2日前見積運賃等の20%以内
前日見積運賃等の30%以内
当日見積運賃等の50%以内

なお、引越し業者のなかには独自の約款を採用している場合もあるため、提示された約款は必ず確認しておきましょう。引越し予定日に近づくほどキャンセル料や手数料が高くなってしまうので、しっかりとスケジュール管理をすることが重要です。やむを得ない事情で急遽キャンセルや延期をする場合は、引越し業者の都合を考慮して、キャンセルが確定次第早めに連絡するのがマナーです。

まとめ

引越しは多くの人にとって人生の一大イベントです。やるべきことがたくさんあるので、特に引越しに慣れていない人はいきなり引越しを実行に移そうとせず、しっかりと計画を立てるようにしましょう。計画を立てることで引越しに必要な費用や日数が見えてきます。引越しは一時的に多額の予算が必要なライフイベントなので、計画的に予算を立て、節約方法を駆使しながら「コスパの良い」 引越しを目指してください。