引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

仏滅
  • 引越しの場合、縁起よりも「引越しできる日」を選ぶことが優先されるので、仏滅に引っ越しても大丈夫です。
  • 新しいことを始める日としての意味を持つ仏滅に引越しを行っても問題ないという考えもあります。
  • 引越しが仏滅の日でも、引越し日より前の吉日に日用品を持ち込むことで、縁起の良い引越しができます。

引越しの日程を決める際、大安や仏滅などの六曜を気にする方も多いでしょう。一般的に仏滅は縁起が悪いとされていますが、引越しの場合も同じでしょうか。この記事では、引越しと六曜の相性や、仏滅に引っ越す場合にやっておくと良いことをご説明します。

六曜とは

六曜(ろくよう)と記載された綺麗な紙

中国から日本に伝わったと言われる、その日の吉凶を伝える「暦注」の一つです。六曜は鎌倉時代の頃に日本に伝わったとされています。江戸末期に庶民の暦に記載されるようになったものの、明治時代には迷信として暦注が禁止されました。しかし政府による統制がなくなった第二次世界大戦後に広く普及し、現代に至ります。

名称や順番は時代とともに変遷しており、現在の六曜が持つ意味は以下のとおりです。

先勝(せんしょう・せんかち・さきがち・さきかち)

「先んずれば勝ち」という意味で、万事に急ぐことが吉とされています。具体的には、「午前中は吉、午後2時から午後6時までが凶」です。

友引(ともびき)

もともとは、何事も勝負のつかない日で「共に引き分け」という意味がありました。「凶事に友を引く」という意味があり、現代では慶事を執り行うことは良いものの、葬儀などの弔事は避けるべき日とされています。この日に葬儀や法事などを行うと、冥土に友が引き寄せられるという迷信があるため、友引を休業とする火葬場や葬儀場もあります。具体的には、「朝晩は吉、昼(正午)は凶、夕は大吉」です。

先負(せんぶ・せんぷ・せんまけ・さきまけ)

「先んずれば負け」という意味があり、万事控えめに静かにしているのが吉で、勝負事や急用は避けた方が良い日です。具体的には、「午前中は凶、午後は吉」です。先勝と比べると、午後でもあまり大きな吉ではありません。

仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅する大凶日」という意味で、すべてが凶となります。何事も遠慮するのが無難で、特に慶事は避けるべきとされていますが、葬儀などの弔事は行っても良いとされています。

大安(たいあん・だいあん)

「大いに安し」という意味で、「大安吉日」という言葉どおり、すべてが吉という日です。成功しないことはない、特に婚礼を執り行うのに最適な日とされています。

赤口(しゃっこう・しゃっく・じゃっく・じゃっこう・せきぐち)

陰陽道の「赤舌日(しゃくぜつにち)」に由来していると言われ、「赤」という字が入っているため、火の元や血を連想する刃物の扱いに注意すべき日とされています。具体的には「正午のみ吉、ほかはすべて凶、祝い事は大凶」です。なお、正午は鬼が休みをとる時間帯とされ、説によっては仏滅より縁起の悪い日とされることもあります。

六曜と引越しの相性

考える女性

引越しに最適なのは大安

新生活のスタートである引越しを縁起の良い日に行いたい方も多いことでしょう。六曜のなかでも「万事において吉」という大安の日は、進学や就職、結婚、住宅購入などの新しい門出と絡んだ引越しには最適な日です。

実際に、大安の日は引越しの依頼が集中しやすく、特に土曜や日曜は予約が早く埋まってしまうことが多いようです。どうしても大安に引越しをしたいという場合は、早めに計画を立てて引越し業者に予約をするようにしましょう。

大安は無理だけれど縁起を大切にしたい場合

「引越しをする日を縁起の良い日にしたい」と思っても、引越し業者の予約がとれなかったりスケジュールが合わなかったりして、大安の日に引越しできないこともあるでしょう。そんな時は、六曜で示される吉凶の時間を上手に利用してほかの日に引っ越す方法があります。

大安以外の日に引越しをする場合、おすすめなのが友引か先勝です。友引は葬儀や法事を避けるべき縁起が悪い日と思われがちですが、「共に引き分け」というもともとの意味を考えれば「何事も平穏に収まる日」とも捉えられます。よって、友引は引越しを平穏無事に終えることのできる良い日とも言えるのです。友引の日は「朝晩は吉、昼(正午)は凶、夕は大吉」とされているため、午前中の早い時間から引越しを行い、作業が終わらない場合はお昼に休憩を取って午後から作業を再開すると良いでしょう。

先勝は、万時急ぐのが良いとして「午前中は吉、午後2時から午後6時までが凶」とされているため、引越しを午前中に終わらせれば問題ありません。ただし引越し業者への依頼は午前中に集中しやすいため、どうしても午前中の枠を確保したい場合は引越しが決まった段階で早めに依頼したほうが良いでしょう。

仏滅と引越し

カレンダー

冠婚葬祭では六曜を重視する風習が残っていますが、引越しに関してはそれほど重視されるわけではないようです。これは引越しが必要に迫られて行うケースが多く、縁起よりも「引越しできる日」を選ぶことが優先されるためと考えられます。

ただし、昨今の風潮であまり縁起を気にしない方が増えているものの、カレンダーで目にすることの多い六曜は未だに影響力が大きく、世代によっては気にされる方もいます。

特に仏滅は「すべてが凶」とされているため、選べるならば縁起の良い日を選んで新たな門出を迎えたいという方もいるでしょう。そこで、ここでは仏滅と引越しの関係について解説します。

実は引越しに向いている「仏滅」の考え方

仏滅は、鎌倉時代や室町時代には「空亡」と書かれていましたが、江戸時代後期には「虚亡」と書かれるようになります。この字面から「すべてが虚しい日」と解釈されるようになり、やがて「物滅」と呼ばれるようになりました。この物滅の「物」の字に近年になって「佛(仏)」の字があてられるようになったのです。

「物滅」と書かれていたころには、「すべてが虚しい日」とともに「古いものが一旦滅びて、新しく物ごとを始める」といった意味がありました。そのため、新しいことを始める日としての意味を持つ仏滅に引越しを行っても問題ないという考え方が現在でも成り立つのです。

 仏滅は引越し費用がお得?

大安は希望者が多いため引越し費用が高く、仏滅は避ける人が多いため引越し費用が安くなる、という話を聞いたことがある方もいるでしょう。しかし、仏滅だからといって引越し費用が安くなるということはほぼないと言われています。では、なぜこのような話が出てきたのでしょうか。それには、引越し費用の決まり方が関係しています。

通常、引越し費用は荷物の量や人件費によって決められますが、引越しの集中する時期はトラックの稼働率が上がることで予約がとりづらくなり、費用も高くなります。仏滅よりも大安の日を優先的に選ぶ方が多いことから、結果的に予約がとりづらく費用が高くなるのです。

ただし、近年では六曜の風習を気にしない方も増えていることから、大安と仏滅の価格差はほとんどなくなっていると言われています。

仏滅の引越しを「良い日」に変えるには

獅子舞とおしゃべり

縁起を担いで良い日に引越しをしたいけれど、どうしても都合がつかなかったり予約がとれなかったりする場合もあるでしょう。引越しが仏滅の日になってしまっても、縁起の良い引越しにすることは可能です。ここでは仏滅に縁起良く引越しする方法についてご紹介します。

前もって鉢植えの観葉植物(万年青など)を持ち込む

引越しの日が仏滅だったとしても、それより前に新居に入ることができるならば、吉日を選んで鉢植えの観葉植物を新居に持ちこむと良いでしょう。観葉植物を運びこんだ日に引越しをしたことになるため、仏滅が引越しの日に該当しなくなります。

なかでも「万年青(おもと)」は常緑樹の多年草で、一年中青々として丈夫であることと、「万年」というおめでたい文字が入ることから縁起が良い植物として扱われます。また、万年青をほかの荷物より先に運び込むことで運が開けるとも言われているのです。

この慣習は徳川家康が駿河から江戸へ移る際に行い、それにあやかろうとして始まったという説が有力です。

縁起の良い日に先に荷物を運びこむ

観葉植物に限らずとも、日常生活で使用する食器などの日用品を引越し当日より前の吉日に運びこんでおくと、その日が正式な引越しの日となります。

ほかにも、家の主が引越し前に新居で一晩過ごすなど、前もって新居に人や荷物が入ることで正式な引越しの日を縁起の悪い日からずらすというのも有効な手段です。

盛り塩をする

仏滅の引越し日以前に新居に荷物を運びこむのが難しい場合は、引っ越してから玄関などに盛り塩をして浄化するという方法があります。

盛り塩には、悪い気を取り払って良い気を流すという意味があり、昔から縁起担ぎやお清めのために行われてきました。三角形や円錐形に塩を盛り、あとは気になる場所に自由に置いて構いません。玄関に置くと家全体の気の流れが良くなると言われているため、玄関には必ず置くようにしましょう。

ほかには、水回りには悪い気が溜まりやすいとされているため、トイレや洗面所、流しなどの水回りに置くのもおすすめです。

神社へ参拝する

仏滅の引越しでどうしても縁起の悪さが気になってしまう場合は、新居の近くにある氏神神社に参拝しましょう。

氏神は、もともとは血縁である氏族の先祖を祀っていた神社ですが、時代を経て地域に深く根付いたことで地域を守る神様として性質を持つようになりました。なお、氏神の守る地域に住む者は氏子と言います。

氏子として氏神の元へ参拝し、健やかで幸せに暮らせるように祈願しておくと、仏滅の引越しでも安心して進められるでしょう。

まとめ

冠婚葬祭では特にこだわる方の多い六曜ですが、時間によって吉凶が異なることをご説明しました。引越し日の縁起にこだわる方も、作業の時間を工夫したり、事前に荷物を移動させたりすれば大安吉日ではなくても縁起の良い引越しできます。また、仏滅も昔は「古いものが一旦滅びて、新しく物ごとを始める」と捉えられていたため、引越しに適した日とする見方もあります。この記事を参考に、縁起の良い引越しで気持ちの良い新生活のスタートを切りましょう。