引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

引越し業者とダンボール

引越し業者に依頼する際は、まず引越し料金の見積もりを行います。最初から1社を選んで依頼するのではなく、インターネット上の一括見積もりサイトを利用して、荷物の量や家の場所などから引越し料金を算出して比較検討するのが一般的な方法です。この記事では引越し業者の選び方を紹介したうえで、注意点やお得に引っ越すポイントなどを解説します。

引越し業者を選ぶ方法

引越し業者に依頼する際は、最初に見積もりを依頼します。家の場所や構造、荷物の量などから引越し予算を推測する作業で、特定の業者に直接依頼したり一括見積サイトを利用したりします。それぞれの特徴を踏まえて自分に合った方法を選びましょう。

業者に直接連絡する

特定の引越し業者に直接電話やメールなどで連絡すると、大まかな荷物量に合わせて引越し費用を見積もってくれます。方法は電話や訪問など、業者によってさまざまです。

直接依頼したときのメリットとして、トラブルが起こりづらい点が挙げられます。見積もりや契約に合わせて必要な情報を確認し準備を進めてくれます。悪天候や渋滞などのトラブルが発生しても丁寧かつ柔軟に対応してくれるでしょう。

一括見積もりサイトを利用する

そのほかの一般的な方法として、インターネット上で利用できる引越しの一括見積もりサイトを利用できます。サイト内で大まかな情報を入力すると、サイトに登録している多数の引越し業者から各社ごとの見積もりが伝えられるサービスです。

見積もりサイトのメリットは時間をかけずに多くの見積もり結果が得られる点です。インターネット上だけで手続きを進められるため、手軽に多くの引越し業者から料金見積もりを入手して比較できます。連絡の早さや内容から業者の質を測ることもできるでしょう。

引越し業者を選ぶときの注意点

引越し業者を選ぶために見積もりを行いますが、見積もりにはいくつかのデメリットや注意点があります。まず、多くの引越し業者に連絡先や個人情報を公開するため、営業活動へ利用される恐れがあります。また、訪問見積もりのために業者が自宅に来ると、ある程度の時間をとられるうえに、そのまま即決を強く求められたり、後から多数のオプションを勧められ代金を吊り上げられたりする可能性もあります。

複数の業者から多数の連絡がくる

特に一括見積もりサイトを利用すると、多くの引越し業者から次々に見積もり結果の連絡が来るようになります。多数の連絡がひっきりなしに来るため、業者ごとの情報を整理できない可能性もあるでしょう。見積もりを正確に行うために訪問見積もりを提案されることも多くあり、複数業者の訪問日程調整に苦労するかもしれません。また、なかには「水やインターネット回線を販売する営業のメールが送られてきた」というケースもあるようです。なお電話番号登録が不要なサービスもありますが、その場合は電話の代わりにメールが多く届いて必要なメールを埋もれさせてしまう場合があります。

訪問見積もりが必要な場合もある

一括見積もりサイトはインターネット上で見積もってもらえるサービスですが、多くの場合、より正確な見積もりを行うために自宅への訪問見積もりを提案されます。訪問見積もりはある程度の時間が必要になり、また家にあるすべての荷物を確認されるためプライバシーの面で気になる方もいるでしょう。さらに、少数業者と上手く交渉するためには事前に代金の相場を調べておく必要もあります。

さらに、訪問見積もりでは見積もりが終わったその場で即決の契約を求められる場合もあります。即決を求めてくる際は、多くの場合「即決すると安くする」と伝えられるようです。しかし、安くなった代金が他社と比べてどれほど安いのかの比較まではできません。強気の押しに弱い人は、訪問見積もりを避けた方が無難でしょう。

オプションにより料金が変動しやすい

引越し代金を決める要素にはさまざまなオプションも含まれます。例えば「壊れやすいものや骨董品などの梱包」、「生き物の搬送」、「エアコン・通信機器などの付け外し」、「不用品の引き取り」などがあり便利ですが、あれこれとオプションを利用していくと代金が高額になってしまいます。引越し業者によっては基本の見積もり金額を安くして多数のオプションを付けさせることもあり、安いと思って契約したはずが結果的には多額の代金を支払わされてしまう恐れもあるようです。見積もりの時点で安いと感じても、後々大きく追加される可能性があることには注意が必要です。

よりお得な引越し業者を選ぶには?

引越し業者は多くの種類があり、選ぶ方法にもメリットとデメリットがあります。各業者を吟味して最適な業者を選ぶために、見積もり依頼に対する反応の早さ・丁寧さや営業担当者との心理的な相性など、さまざまな方面から業者の質や自分の引越しに対する適性を確かめましょう。

対応の早さと丁寧さをみる

引越し業者の質を確かめるためには、見積もり依頼に対する返事の早さと内容が要注目ポイントです。返事がメールの場合は宛先の名前に間違いがないか、質問に対して的確に回答されているかなども確かめましょう。電話で返事が来た場合は、時間帯が非常識でないか、おざなりな応対でないかなどの点で判断します。見積もり依頼に対して丁寧な対応ができる業者であれば、実際の引越し作業でも丁寧な作業が期待できるでしょう。

引越し先が遠距離か近距離かを考える

引越し業者には大手業者と中小業者がいますが、引越し先までの距離によってどちらを選ぶか考えてみましょう。地方を跨ぐ長距離の引越しでは、全国各地に拠点を持っている大手業者の方が安定した質の引越し作業を期待できます。一方、県内や隣県程度までの近距離では、地域に密着している中小業者の方が、融通が利き安価に引っ越せる可能性が高くなります。そのほかの特徴として、大手は企業の規模に応じてしっかりした保証を備えている、中小はスタッフが少ないことから同一スタッフが一貫して対応することが多いため利用者と業者の間でミスコミュニケーションが起こりづらい、といった特徴もあるようです。

営業担当と相性が良いか確かめる

引越し業者の営業担当者と気が合うかも業者選びの重要なポイントです。「マナーをきちんと守れているか」、「はっきりと丁寧な対応をしているか」などに加えて、「気が合うか」といったフィーリング面も重要です。営業担当者と引越し作業員は同じ会社の社員であり、両者の雰囲気は似ているケースが多くあります。営業担当者との会話の中で、もしはっきりした理由がなくとも「この人には任せたくない」と感じた場合は、ほかの業者を優先的に考えた方が後悔せずにすむかもしれません。

引越しの料金を安くするポイント

業者選びのほかにも、さまざまな方法で引越し代金を抑えることができます。例えば、引越し需要に応じて代金が高くなる繁忙期や午前中を避けて閑散期の午後を選ぶと効果的です。また、見積もり前に処分や売却などで荷物を減らしておくことでもお得な引越しを実現できます。多くの手段を利用して、よりコストパフォーマンスの高い引越しをしましょう。

繁忙期を避ける

引越し代金は常に同じ額ではなく、1年間で大きく変動します。引越し需要が増える繁忙期には代金も上がるため、安く引っ越したい場合は引越し需要が低い閑散期を狙いましょう。多くの業者では11~1月が閑散期です。この時期は秋に多く行われる人事異動と年度末前後の卒業や就職などの間にあたる時期であり、繁忙期に挟まれて引越し客が全国的に少なくなるタイミングです。閑散期は引越し費用が安くなるだけでなく、引越し客が少ないことから予約も取りやすく、物件を探す人も減るため敷金・礼金が安くなりやすいというメリットもあります。

午前中以外に引っ越す

引越しを行う時間帯も代金に影響します。基本的に引越し代金は午前中が高く、午後や指定しない場合には安くなります。午前中から引越し作業を行うと早いうちに片付けが終わるため、時間に余裕を持つために午前中の引越しを希望する人が多いのが理由です。

引越し代を安く抑えたい場合は、午後か「フリー便」を選びましょう。フリー便は、引越しの日だけをあらかじめ決めて、時間を指定しない引越しプランのことです。作業開始が遅くなったり具体的な開始時間帯がわからなかったりというデメリットはありますが、同じ日でも午前より大きく出費を抑えることができます。

荷物を減らす

見積もり実施の前に、あらかじめ荷物を整理して処分しておきましょう。引越し代金は荷物が増えるほど高くなるため、事前に不要なものを処分しておくことで荷物を減らし、引越し代金を安く抑えることができます。引越し完了後の荷解きにかかる手間も減らせるでしょう。

不用品を処分する際にはゴミとして捨てるだけでなく、各自治体のリサイクルセンターに持っていったりフリーマーケットなどで販売したりとさまざまな方法が考えられます。特に不用品を売却できればお金が得られてトータルで引越し代金を安くできるため、まだ使えそうなものはこの機会に積極的に売っていくことをおすすめします。

まとめ

この記事では、お得に引っ越すために知っておくべき業者の選び方や注意点などを紹介しました。引越し業者に依頼する際はまず見積もりを取る必要があり、見積もり依頼にはいくつかの方法があります。それぞれに特徴があるので、長所と短所を理解したうえで自分に合った方法を選びましょう。よりお得な引越しを実現するには、適切に業者を選んだうえで、繁忙期を避けたり荷物を減らしたりするのが有効です。引越しは多額のお金がかかる一大イベントです。少しでも負担を減らせるように、さまざまな工夫を怠らないようにしましょう。