引越し情報MEDIA

引越しについて情報を知りたい人のためのメディア

引越し準備を自分でする男性
  • 自分で引っ越せばスケジュールや費用面でメリットがあるが、運搬の手間や補償などの点が懸念。
  • 自力で引っ越す際は梱包や運搬などの事前準備が肝要。
  • 人数や荷物量に応じて荷物運搬用にレンタカーを借りる必要もある。

引越しの際は、多くの人が業者に一通りの作業をお任せしているかもしれません。しかし、場合によっては自分で行った方が引越し代を安く抑えてストレスなく引っ越すことができます。この記事では自分で引越しをするメリット、デメリットを紹介します。自分で引っ越す際に多くの場合必要となるレンタカーについても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

自分で引越しをするメリット

荷物を運ぶ引越し業者

プライバシーが保護でき心理的負担を減らせる

多くの引越し業者は、個人情報管理に関して「プライバシーマーク」を取得したり、情報セキュリティ管理の国際基準の「ISO 27001」を取得したりして徹底した管理を行っています。しかし、いくらプライバシー管理を徹底していても、現場の作業員がクライアントの自宅を特定することに対して不安を感じる方もいるでしょう。また、業者とはいえ他人が自宅に立ち入ることに抵抗を感じることも考えられます。こういった負担を軽減したい方は、自分で引越しをすることでプライバシーを保つことが可能です。

自分の都合に合わせたスケジュールで引越しができる

3月中旬~4月上旬は引越し需要が高まります。引越しのオフシーズンは11月~1月ですが、どうしても繁忙期に引越しを行うという場合は、希望日に引越しを行えない可能性が高くなります。また、希望日に引越しを行えたとしても、引越し業者の人手不足の影響で引越し先に荷物が届くのが遅れてしまうケースもあります。

しかし、自分で引越しをすれば、自分の都合に合わせたスケジュールで引越しが行えるうえに、引越し先への荷物の搬入もスケジュールどおりに行えます。特に、繁忙期に引越しする必要があり、引越し予定日まで時間がない場合は、自分で引越しを行った方が予定どおりに作業が行えるでしょう。

引越し代を安く抑えられる

自分で引越しをする最大のメリットは、引越し業者に依頼するより引越し代を安く抑えられる点です。

引越し業者は、価格設定を引越し先までの距離、荷物の量、スタッフの数などによって決定します。したがって、引越し先までの距離が長くなれば、ドライバーを交代するための費用が上乗せされるので料金は高くなるのです。また、同様に荷物が多くなれば、搬出・搬入に必要なスタッフの数も増えるため引越し費用は高額になります。

しかし、自分で引越しをする場合は、基本的にかかる費用はレンタカーを借りる費用のみです。引越しを手伝ってくれた人に対して謝礼金を渡したり別途食事会を開いたりするなどの形でお礼すべきではありますが、それを加味しても自分で引越しをすれば必要最低限の費用で引越しを行えます。

自分で引越しをするデメリット

レンタカーの運転を自分でしなくてはならない

引越しで使うレンタカーの運転は基本的に自分でしなくてはなりません。冷蔵庫やタンスなどの大型の家具・家電を積み込むには、通常よりも大型の車を借りる必要があり、日常的に車を運転している人でも取り回しに苦労する可能性があります。

また、荷物を積み込むことで車両の重量が重くなり運転感覚が変わります。特に、ペーパードライバーや初心者は運転中に思わぬ事故を引き起こす恐れもあるため、運転には細心の注意を払うようにしましょう。 さらに、土地勘のない道路の運転は一般の乗用車でも難しいものですが、大型の車となればさらに難易度は上がります。そのため、あらかじめ走行ルートを調べておき、道路が混みあう時間帯や狭い道は避けることをおすすめします。

荷物を運ぶのが大変

自分で引越しをする場合は、荷物の運搬と設置まで自力で完結させる必要があります。引越しの荷物が多い場合は一度にすべての荷物をレンタカーへ積み込むことができず、旧居と新居の間を往復しなければならないこともあるでしょう。また、2階以上の物件で荷物を搬出・搬入する際は、重い荷物を持って体を痛めたり怪我をしたりすることも考えられますので、引越し作業中の安全確保には十分注意しましょう。

部屋や荷物などを傷つけた時に補償されない

引越し業者は引越しのスペシャリストです。そのため、部屋を傷つけないための養生をしっかりと行ったうえで作業し、荷物を傷つけないための運搬方法も心得ています。また、万が一部屋や荷物を引越し作業中に破損してしまっても、引越し業者に責任がある破損であれば補償してもらえます。

一方、自分で引越しを行う場合は荷物や部屋の破損に補償がありません。また、レンタカーへ搬入する際に傷をつけてしまった場合は修理費を請求される恐れもあり、引越し費用を安く済ませるつもりが、かえって出費が増えてしまうケースもあります。

自分で引越しをするときに準備すべきもの

引越し業者に依頼せず自分で引っ越す場合は、レンタカー以外にも用意しておくべきものがあります。スムーズに引越し作業を進めるために早めに用意しましょう。ここではレンタカー以外に引越し作業で必要となるものをご紹介します。

必要な数のダンボール

まず、荷物を詰める梱包資材を用意しましょう。自分で引っ越す場合は引越し業者から資材をもらえないため、ダンボールはもちろんのこと、ガムテープや緩衝材なども自分で必要量調達しなければなりません。ダンボールはホームセンターやECサイトで購入するか、スーパーマーケットなどで提供されているものをもらいます。なるべく頑丈できれいなものを選びましょう。

工具

カッターナイフやレンチなどの工具も用意しましょう。これらは、ダンボールの開梱や家具の解体など、引越しの過程で使用します。工具の使用時や荷物の運搬時などに怪我をしないよう、頑丈な手袋も必要です。ダンボールの中身を切る心配がない開梱用カッターや、結束バンドやひもを簡単に切れるハサミなど、引越しに便利な工具は多く販売されているので調べてみましょう。

運搬車両

自分で引っ越す場合は運搬車両も確保しなければなりません。大きな家具や家電を運ぶなら、自家用車で完結させることは難しいため、レンタカーを手配する必要があります。おすすめの車種については後述します。

運搬を手伝ってくれる人手

引越し作業を手伝ってもらう人手も必要です。多くの荷物を運ぶ引越し作業は、基本的に一人だけでは行えません。引越し業者に依頼しない場合は、家族や友人などの協力を仰ぎましょう。引越し完了後は、お礼として食事会を開いたり謝礼金を渡したりするのが一般的です。

自分で荷造りする際のコツ

家財の荷造りを引越し業者に頼らずに進めるためには、いくつかのコツがあります。荷造りの順番や梱包場所など、無計画に行わず段取りよく進めていきましょう。ここでは自分で荷造りするために知っておくべきコツを詳しく解説します。

普段使わないものから梱包する

膨大な荷物の荷造り順に悩むときは、普段使わない荷物から優先的に梱包しましょう。 具体的には、物置の奥にしまい込まれているものやオフシーズンの衣類、アルバムのような思い出の品などをはじめに詰めます。使用していないものから詰めていけば不用品を処分する判断もしやすくなるでしょう。

箱の中身や運ぶ先を明記する

梱包後のダンボールには、中身や運ぶ部屋などを書いておくと新居への搬入時に役立ちます。引越し作業では自分や家族、引越し業者など複数人が荷物を触るため、誰が荷物を運んでいても搬入すべき場所がすぐわかるようにしましょう。その際、ダンボールの蓋だけでなく側面にも書いておくと、トラック内で積まれていても把握しやすくなります。

部屋ごとに分けて梱包する

荷物の梱包は部屋ごと、もしくは引き出しごとに分けて行いましょう。同じ場所に置いてあった荷物を同じダンボールに詰めれば、梱包後必要になったときに探しやすくなります。また、玄関より遠くにある部屋から荷造りを進めていくと、引越しまでの生活で邪魔になる心配もありません。

荷物の過少申告に気を付ける

引越し業者に見積りを依頼する際は、荷物の量を正確に申告しましょう。特にインターネット上で見積りをとるサービスを利用する場合は、引越し業者が直接荷物を確認できないため注意が必要です。荷物量を過少に申告すると、荷物を積みきれなくなったり費用が変わったりと、トラブルの原因になります。意図していなくとも過少申告が起こる可能性もあるため、申告する前には入念な確認が必要です。

自分で引越しをする際の注意点

積み込みと固定

積み込みには家具や家電などを摩擦から守るために、不要な布団や毛布などのあて物を用意しましょう。あて物は傷つきやすい家具や家電を覆ったり、間に挟んだりして使います。

積み込みに必要なものを用意したら、積み込む順番を検討しましょう。まず、重いダンボールの荷物を下の方に、軽いダンボールの荷物や重ねにくい荷物を上の方に積みます。その次に、ダンボールなどが崩れないように押さえつけることができる本棚や食器棚を積み込みます。そして、洗濯機や冷蔵庫などで食器棚が倒れないように抑えていき、前の方から段々と高さを低くして最後に布団などを上の方に乗せます。最終的には高さが水平になるのが理想です。

このように、積み込む際は可能な限り隙間を作らないように意識し、隙間ができたら座布団や毛布で埋めます。左右の隙間は多少であれば許容されますが、車は前後の重心移動が大きく、前後の小さな隙間が荷物の転倒に繋がる恐れがあるため、前後の隙間はしっかり埋めるようにしましょう。

駐車許可証の用意

荷物の搬出および搬入時は、物件の敷地内に駐車スペースがあるかどうか確認しましょう。駐車スペースがない場合は、近くの道路へ車を駐車する必要がありますが、道路に駐車する際には駐車違反に注意しなくてはなりません。手伝ってくれる人が多めにいる場合は、駐車中に運転席に待機する人員を作っておけば何かあってもすぐに対応できます。

手伝ってくれる人が少なく運転席に待機する人手を割けない場合は、事前に警察署に駐車許可証を発行してもらいましょう。多くの場合、交付には1週間ほど要するため、駐車予定の最寄りの警察署にいつから申請可能か問い合わせてできるだけ早く申請しましょう。なお、道路の込み合う時間や駐車する場所によっては申請しても駐車許可証が発行されない場合があるため注意が必要です。

搬出入時の養生

荷物を搬出入する際は旧居と新居の部屋の中だけでなく、賃貸物件の通路やエレベーター、レンタカーの車内を傷つけないようにする必要があります。引越し業者は傷が付く恐れのある通路や部屋の壁をブラスチック製パネルで保護したり、フロアシートやキルティングマットを床に敷いたりしていますが、個人でそれらを用意するのは難しいため、ダンボールをカッターでシート状に展開して使用します。狭い通路など家具や家電などの荷物をぶつけそうな危険な場所では2枚重ねて利用すると良いでしょう。また、ダンボールのシートの固定には養生テープという剥がした後に跡が残らないテープを使用します。

シート状にしたダンボールはフロアシートの代用として使えますが、ダンボールのシートを引きずった時の摩擦で床が傷つくこともあるため、養生テープを使用してシートが動かないようにしっかりと固定する必要があります。

キルティングマットの代用には使い古した毛布が役に立ちます。毛布を処分する予定がある場合は引越し作業が終了するまで残しておきましょう。ただし、ダンボールシートや使い古した毛布だけでは引越し業者が行うような広い範囲まではカバーできないため、旧居と新居で保護の必要があるポイントをあらかじめ確認しておく必要があります。

また、レンタカーは擦って傷をつけただけでも事故扱いになりますので、傷をつけないようにレンタカーの荷台の床面および周囲をダンボールのシートで保護しておきましょう。

時間に余裕を持たせる

よほど引越しに慣れた人でないと、スピーディに作業は進められません。したがって、自分で引越しをするのにかかる時間は、引越し業者に頼む場合の数倍の時間を想定しておきましょう。

引越し作業は荷造りのほかに、「搬出前作業」、「搬入前作業」、「搬出」、「搬入」、「掃除」、「移動」、「片づけ」に分けられます。作業の流れを把握しやすくするために、各作業で大体の時間配分を算出しておきましょう。

「搬出前作業」と「搬入前作業」は、運搬時に傷がつきやすい通路などの部分をダンボールシートなどで保護する作業のことを指します。手伝ってくれる人が多い場合は旧居と新居の2班に分かれて作業を進めると、スムーズに引越しが行えます。

力を必要とする「搬出」と「搬入」を男性が行い、力を必要としない「掃除」と「片づけ」を女性に分担するとバランスの良い役割分担になります。なお、搬出後の「掃除」、新居への「移動」、新居での「搬入前作業」は同時に作業ができるため、各班の責任者を決めて連絡を適宜とりながら作業すると無駄な待ち時間が発生しません。

手伝ってくれる人がいない場合や少人数の場合は全員で同じ作業を行い、各工程の作業時間を短縮してトータルでかかる時間を抑えるようにしましょう。

大型家具・家電を運ぶ場合のコツ・注意点

大きく重量がある家具・家電を運ぶ際には、安全を保つためにより一層の注意が必要です。

組み立て家具を分解しまとめる

ベッドのような組み立て式の家具はなるべく分解してまとめましょう。運搬しやすくなるだけでなく、運送スペースを抑えられるため運搬回数の削減にもなります。引越し当日に慌てないよう、あらかじめ分解しておきましょう。

冷蔵庫と洗濯機は前日までに水抜きする

冷蔵庫と洗濯機は事前に水抜きが必要です。内部に水が残ったまま運搬すると、水が漏れてほかの荷物の汚れや破損に繋がります。また、運搬中に蓋が開かないようしっかりと留めておきましょう。

引越し業者に依頼すべき場合

白いソファ

引越し作業は自力でも可能ですが、場合によっては自力で引っ越さず引越し業者を利用すべきこともあります。無理に自力で引っ越そうとすると、怪我やトラブルが発生する恐れもあるため注意しましょう。ここでは引越し業者に依頼すべき主なパターンをご紹介します。

マンションの管理規約で禁止されている

自力での引越しは運搬時に建物に傷をつけてしまったり、運搬時に人を怪我させてしまったりするリスクが高まるため、マンションなどの物件によってはそもそも自力での引越しが禁止されている場合もあります。また、禁止されていなかったとしても、エレベーターなどの共用部分を使うことで他の住人に迷惑をかける可能性があるため、事前に申請する必要があるパターンも少なくないようです。

大きな家具・家電が多い

タンス・冷蔵庫・洗濯機など、大型の家具・家電が多い家庭では自力での引越しを避けるべきでしょう。大きな荷物は、旧居からの搬出にはじまり、車に積んでからの移動、新居への搬入など、どの工程をとっても難易度が高く、作業者に大きな負担がかかります。また、荷物総量が多くなることで、引越しの所要時間も長くなりがちです。さらに、運搬中に壁や床などにぶつけて家を傷つけたり荷物を壊したりする可能性もあり、トラブルを避けるためにもできるだけ専門業者に依頼すべきでしょう。

人手を確保できない

引越し作業を手伝ってくれる人員確保ができない場合にも、自力での引越しはおすすめしません。大小さまざまな荷物を運ぶ引越しは、少人数で行おうとすると予想以上に時間がかかります。一人あたりの運搬量が増えることで、作業が進むにつれ疲れがたまり、怪我やミスをする可能性も高まってしまうでしょう。また、そもそも大きな荷物は一人での運搬が困難なものもあります。そのため、引越し荷物に大型家具が含まれる場合は、たとえ荷物の量が少なくても、複数人での引越しを前提に予定を立てる必要があります。

養生ができない

引越し業者に依頼すれば当たり前のように実施してもらえる養生ですが、いざ素人が行うとなかなか難しいものです。しかし、実際の引越し作業ばかりを重視して養生を十分にしておかないと、せっかくの新居に初日から傷をつけてしまうことになりかねません。また、仮に傷をつけたのが自分以外の人だった場合、せっかく手伝ってくれた人との関係がこじれてしまう可能性があります。

自分で引越しをするなら!おすすめのレンタカー車種

荷物が少なめの単身者向け

荷物の少ない単身者は、レンタカーのなかでも安く借りることができる軽トラックのレンタルがおすすめです。ただし、積載重量は350kgまでと重くて大きな家具の運搬には適していません。そのため、引越し先で家具を購入するなどの工夫が必要です。

また、幌のないタイプは悪天候だと荷物が雨に濡れるうえに、ロープなどを使って安全に荷物を固定するのは慣れていないと難しく、想定よりも積み込める荷物は少なくってしまうことがほとんどです。このため、幌付きの軽トラックを手配するのがおすすめです。

荷物がそこそこ多めの二人暮らし向け

2人住まいの場合は、軽トラックより荷物が積めるバンタイプがおすすめです。背が高い家具や家電は運べないという欠点がありますが、荷物が雨に濡れない、荷物の出し入れが比較的楽にできるというメリットがあります。

また、バンタイプは小回りが利くため運転がしやすく、何回か往復して輸送する場合でも負担感なく引越し先まで荷物を運搬できます。

荷物が多めの家族向け

単身や二人暮らしでも1DKなど2部屋以上の間取りの物件に住んでいて荷物が多い、子どもがいる家族は2tトラックがおすすめです。積載容量が大きいので、大型の家具・家電も安心して積み込めます。ただし、2017年3月12日以前に免許を取得している人は普通運転免許で運転できますが、2017年3月12日以降に免許を取得した人は、改正道路交通法の施行により2tトラックの運転はできないため注意が必要です。

まとめ

この記事では自分で引越しをする場合のメリット、デメリット、注意点を解説しました。自分で引越しをする場合は、プライバシーが守られて自分の都合に合わせたスケジュールで引っ越せ、費用も安く抑えられます。しかし、その分注意が必要なこともあります。この記事を参考にメリット、デメリットを考慮して、引越しを自分でスムーズに行いましょう。